誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    彼岸と此岸の交錯

彼岸と此岸の交錯

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 彼岸と此岸の交錯
テーマ「彼岸と此岸の交錯」のブログを一覧表示!「彼岸と此岸の交錯」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
本書『魔偶の如き齎すもの』(まぐうのごときもたらすもの)は、三津田信三さんの〈刀城言耶『◎◎の如き●●もの』シリーズ〉の中短編集。長編じゃないせいか、ちょっといつもの〈土着民俗系ホラーミステリー〉の中.. » more

いやぁ、〈ザ・土着民俗学系ホラー〉だわ~。ていうか、民俗学を超えて、古代神話学も含んでてて、なかなかに壮大でしたね。坂東眞砂子さん、『死国』を読んでその土着民俗学系ホラー(そしてあの作品もやはり古代神.. » more

売れない小説家である「私」が作家の集まりで知り合った青年・澤田瞬は、私が偏愛を注いでいた幻想小説家・沢渡晶であった。私と瞬の交流から始まるこの物語は、沢渡晶の暮らしていた古い洋館とその庭を、彼女が『名.. » more

岩井志麻子さんの『ぼっけえ、きょうてえ』を読んで、岡山弁が〈土着の恐怖〉トリガーになるというトラウマを私が負ったのは、このブログを始める前(10数年前)のことでした。本作『でえれえ、やっちもねえ』 も.. » more

恒川光太郎さんさんがデビュー以来、あちこちで発表してきた短編作品を1冊にまとめた本書、『白昼夢の森の少女』 。幻想的なもの、SF的なもの、ホラー・怪談物・・・、それぞれジャンルが違いながら、恒川さんら.. » more

かなり久し振りの三津田信三さんの〈土着民俗系ホラーミステリー〉、〈刀城言耶『◎◎の如き●●もの』シリーズ〉ですな・・・って、『幽女の如き怨むもの』を読んだの2012年?!ホントに?!9年を隔てても読み.. » more

図書館でこの『Another 2001』 を受け取った時、正直「ヤバい・・・」と思いました。まず、京極作品張りに分厚くて重い(笑)。そして、前作『Another』及び『Another エピソードS』で.. » more

『怪談』を読んだ時に「小池真理子さんならドロドロの恋愛ものの方が好きかも」とか言ってたにも関わらず、本作『異形のものたち』も、ホラー系です(^^;)。書評や帯の惹句に仄昏いものを感じると、ついつい〈読.. » more

山白朝子さんの作品というと、『エムブリヲ奇譚』などの〈エムブリヲ奇譚シリーズ〉の和風幻想譚のイメージが強いので、本作『私の頭が正常であったなら』は、ちょっと意外でした。「現実世界にちょっとだけ不思議な.. » more

いやもう何というか、坂東眞砂子さんだわ・・・。四国という隔絶した土地柄の、遍路とはまた別の土俗信仰を描いた、非常にゾワゾワする作品でした。だいたいね、『死国』ってタイトル、どうなの?!四国=死国、って.. » more

海外作品って、どうしてこんなに難しいんだろう…。私が無教養だから?それとも苦手意識から構えてしまってるのかしら・・・(^^;)。書評で興味を持ったはずのブライアン・エブソンさんの『ウインドアイ』、全然.. » more

久し振りに、恒川光太郎さんの作品。本作『無貌の神』は、恒川さんの真骨頂ではないでしょうか。美しく、悲しく、孤独で、それでいて温かい。そんな世界を堪能しました。 恒川作品を読むとき、〈見知らぬ世界なの.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る