誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    評伝

評伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「評伝」のブログを一覧表示!「評伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
荒木飛呂彦/鬼窪浩久「変人偏屈列伝」(集英社)を読みました。 何故か奇人変人は多くの人を魅了するところがあります。 窮屈な日常に縛られている現代人には、彼らの生き方に羨望や憧憬があるのかもしれ.. » more
テーマ 評伝

山田風太郎「人間臨終図鑑」
例えば永井荷風「摘録 断腸亭日乗」(岩波文庫)のような本は、一気に読むようなタイプの本ではないと思う。 小説家の日記ですから、寝る前に少しとか、車の中に入れておいて人を待つときに暇つぶしに少し、とい.. » more
テーマ 評伝

田澤拓也「虚人 寺山修司伝」(文春文庫)を読みました。 来年で数え年40歳を迎えるわたしぐらいの世代だと、23年前にこの世を去った寺山修司という人物に対する印象は、何をやっていたのかよくわからな.. » more
テーマ 評伝

フランシス・M・ネヴィンズ・Jr.「コーネル・ウールリッチの生涯 (上)(下)」(門野集訳/早川書房)を読みました。 二十世紀最高のサスペンス小説家と賞賛され、サスペンスの抒情詩人と謳われたアメ.. » more
テーマ 評伝

リチャード・スミッテン「世紀の相場師ジェシー・リバモア」(藤本直訳/角川書店)を読みました。 株式売買に関心のある人なら知らぬものはいない二十世紀初頭の『投機王』の評伝です。 1907年のNY.. » more
テーマ 評伝

石原慎太郎が書いた本を読もうとは思わないのだ。 不遜な言い方になるが、書かれていることは読まなくても分かっている、と。 佐野眞一に倣えば、石原慎太郎の場合、作品中のヒーローが創作者.. » more
テーマ 評伝

「山水の飄客 前田普羅」 正津勉著(アーツ・アンド・クラフツ 1,944円税込) 山水の飄客 前田普羅アーツアンドクラフツ 正津 勉 Amazonアソシエイト by .. » more
テーマ 評伝

「1998年の宇多田ヒカル」(新潮新書) 宇野維正著(新潮社 799円税込) 【内容情報】(出版社より) 彼女たちは何を願い、歌い続けてきたのかーー 。「史上最もCDが売れた年」に.. » more
テーマ 評伝

【書評】 1998年の宇多田ヒカル 宇野維正 著(新潮新書・799円) 東京新聞2016年2月28日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/.. » more
テーマ 評伝

「カレル・チャペック 小さな国の大きな作家」(平凡社新書) 飯島周著(平凡社 885円税込) 【内容情報】(出版社より) はじめに 第一章 世に出るまで 一 クラコノシュの庭─.. » more
テーマ 評伝

「朱の記憶 亀倉雄策伝」 馬場マコト著(日経BP社 1,944円税込) 昭和39年の東京オリンピックで使用された伝説のエンブレムを作った男、亀倉雄策。大阪万博や札幌オリンピックのポス.. » more
テーマ 評伝

『小倉昌男祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの 』森健著(小学館 1,728円税込) 小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの小学館 森 健 Am.. » more
テーマ 評伝

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る