誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ルソー

ルソー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「ルソー」のブログを一覧表示!「ルソー」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
「ルソーの哲学」を調べる機会がありました。 ルソーは「エミール」という本を残しています。 ルソーが、エミールという名前の「架空の子どもを育てる物語」を通じて、哲学者として考えた「子育てのあり方.. » more
テーマ ルソー

見わたせば   作詞 1.柴田清煕 2.稲垣千頴             作曲 J.J. ルソー 1. 見わたせば 青柳   花桜 こきまぜて   みやこには 道もせに    春の錦.. » more
テーマ ルソー

 人間は自由なものとして生まれた、しかもいたるところで鎖につながれている。  『社会契約論』のはじまりの言葉は印象的である。自由を鎖につながいだ政治体への怒りが凝縮した言葉だ。ルソーは続けて「人.. » more
テーマ ルソー

 人間の不平等はいつから始まったのか。いま、格差社会が社会問題になっているが、不平等の起源を問うことはこの格差を解消するために、重要な鍵となるかもしれない。  本書は、1753年のアカデミー懸賞.. » more
テーマ ルソー

 ルソーの『社会契約論』『人間不平等起源論』を読み解き、「現代の科学的社会主義の到達点にたって、ルソーを再評価してみようよう」とする試みの書。  ルソーの人間論、人民主権論の主張を現代の視点から解い.. » more
テーマ ルソー

なぜルソーが。
ずいぶん前から、自分の中にぼんやりととどまっている疑問がある。 なぜ、ルソーに惹かれるのか? これは、私自身がなぜルソーに惹かれるのかという意味ではない。哲学や文学、社会科学においても、数々の.. » more
テーマ ルソー

自身をあたえる
「いくら金庫をひらいてもむだだ。心をひらかなければ相手の心もいつまでも閉ざされている。 あなたがたの時間を、心づかいを、愛情を、あなたがた自身を、あたえなければならない。 どんなことをしたところで.. » more
テーマ ルソー

人間的であれ
「人間よ、人間的であれ。それがあなたがたの第一の義務だ。 あらゆる階級の人にたいして、あらゆる年齢の人にたいして、 人間に無縁でないすべてのものにたいして、人間的であれ。 人間愛のないところにあ.. » more
テーマ ルソー

一日に百回ころんでもいい
「一日に百回ころんでもいい。それはけっこうなことだ。 それだけはやく起きあがることを学ぶことになる。 快適な自由は多くの傷をつぐなうものとなる。 わたしの生徒はしょっちゅうけがをするだろう。それ.. » more
テーマ ルソー

導くこと
「この学問の先生は教師ではなく、むしろ師傅(しふ)と呼びたい。 教えることよりも導くことが問題だからだ。 かれは、教訓をあたえるべきでなく、それをみいださせるべきだ。」 ジャン=ジャック・ルソー.. » more
テーマ ルソー

もっとも長生きした人
「もっとも長生きした人とは、もっとも多くの歳月を生きた人ではなく、 もっともよく人生を体験した人だ。」 ジャン=ジャック・ルソー[1712-1778] (『エミール(上) ルソー著』今野一雄訳 .. » more
テーマ ルソー

生きること
「死をふせぐことよりも、生きさせることが必要なのだ。 生きること、それは呼吸することではない。活動することだ。」 ジャン=ジャック・ルソー[1712-1778] 1762年の作 この言葉の前に.. » more
テーマ ルソー

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る