誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    刀剣

刀剣

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「刀剣」のブログを一覧表示!「刀剣」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「刀剣」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「刀剣」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

尾張徳川家伝来の大名道具を保存しているのが徳川美術館である。ここの展示で良いのは展示室の一番目が大名の表道具の刀剣と甲冑を展示してある点である。大名の表道具は武器・武具なのだ。もっとも刀剣は甲冑に比べると、展示においては見栄えが悪い。加 ... » more
テーマ 庭園 刀剣 美術

現在、刀剣博物館と、大倉集古館で2つの団体の主催による新作刀の展覧会が開催されている。早く一本化すべきだと思う。2つの展覧会とも拝見。それぞれに出品している作家と、片方の団体だけに参加している刀匠など、各自の思惑もあるのだろう。新し ... » more
テーマ 刀剣 刀装具 美術  コメント(1)

山岡重厚とは『日本刀伝習録』を著した元陸軍中将である。土佐の出身で、刀は戦前の中央刀剣会で学ぶ。終戦後、遊就館の山田英氏と文通したものを、山田英氏のもとで筆写した人物から、編者の佐藤氏がコピーを許されたものを編集して発表されたものである。 ... » more
テーマ 刀剣 美術

太刀姿が実に見事。うぶの姿(若干、中心の先の方の反りを戻しているか?)で腰反り。刃は元の方がにぎやかで、物打ちから先にかけておとなしい調子である。帽子の焼きもあると思う。元の方の刃は小丁字で、中に逆がかる刃もある。一つずつ拝見していくと ... » more
テーマ 刀剣 美術

猿心ふれあい日記独り酒・深夜食
独り酒・深夜食 「何がなくとも江戸紫」いえ、何がなくとも慌ただしいのが師走と言うやつでございます。雑用と申しますか、4日(金)もチョロチョロしまして久しぶりに、風にひらめくパチ屋の旗につい誘われて・・・来なきゃあ良かったと、後悔しつつ¥ ... » more

こんなレター・オープナーはいかが? いよいよ霜月11月、あと二ヶ月で今年も大晦日を迎えるまでに暮れてきました。朝晩は結構寒くなってきており、日中の日差しよりも風の冷たさのほうが勝ってきた、美濃地方です。先週は10月末の週であり、かつ月に3回のお稽古も済んでいたため、館 ... » more

特別展「兼定と兼元 −戦国時代の美濃刀−」のご案内 徐々に晩秋の感が漂う美濃地方です。今週は十五夜も含まれていた故、日中の良く晴れた日の雲の少ない夜空には、満ちた月が綺麗に見える日が多くございました。明日、我息子が校外模試を受験するため、今週のお稽古はお休みさせていただきましたので、 ... » more
テーマ 刀剣 武道

第三回「お守り刀展覧会」に行ってきました 田んぼの稲穂が黄金色に染まり、収穫の時期を迎えている美濃地方です。先週は秋雨前線のため雨続きでしたが、今週はうって変わって、日中はまるで残暑のように28℃近くまで気温が上昇し、そうかと思えば夕方から夜にかけては20℃を下回り、朝方は ... » more
テーマ 刀剣  コメント(2)

「お守り刀展覧会」(岐阜県関市)開催のご案内 以下情報は、中日新聞に掲載の広告を元にご案内させていただきます。本日10月4日(土)から19日(日)までの間、第三回「お守り刀展覧会」が岐阜県関市の「関鍛冶伝承館」で開催されます。また10月11日(土)、12日(日)には、関 ... » more
テーマ 刀剣 武道

名古屋の徳川美術館で現在「備前刀の華 一文字」という特別展が開催されております。(関市在住の日本刀研師「楽屋さん」こと平井さまからいただいた情報です。)会期平成20年5月24日(土)〜7月6日(日) 開館時間午前10時〜 ... » more
テーマ 刀剣  コメント(2)

●●●●●★●問題:日本の名刀とそれを作った職人のお話です。正宗(まさむね)という刀鍛冶がいます。刀工ですね。名人と言われた人です。日本酒にも名前を残しています。近頃甘口の酒が多いと嘆く貴兄への格別な贈り物です。嘘です。●正宗の弟 ... » more
テーマ 刀剣 歴史 逸話  トラックバック(2)

学習研究社(学研)から出版されている「図説日本刀大全」、「図説日本刀大全2」を3月と4月にそれぞれ購入したばかりなのに、性懲りも無く、「図解日本刀辞典」まで買ってしまいました。出版時期としては今回購入した「図解・・・」が最も古いのですが ... » more
テーマ 刀剣 武道

以前、当ブログでもご紹介しました学習研究社(学研)の「図説・日本刀大全」の第2弾が発売されました。書籍名は、「図説・日本刀大全2名刀・拵・刀装具総覧」です。4月に第2弾を出版することは、以前から知っておりましたので、amazonに予約してお ... » more
テーマ 刀剣 居合

古美術の研究備中青江の研究 6
備中青江の研究 6 大すり上げ無銘姿形雄大。小杢目肌良く摘み澄み肌点在するもさまで目立たず。麗質感を感じさせる強靭な鍛錬。刃に添うて直状の映り段上に現れる。直刃に小足入り、匂い深く小沸つく。堂々たる体配、地鉄の鍛 ... » more
テーマ 刀剣 備中青江の研究

古美術の研究美濃物の研究 5
美濃物の研究 5 兼明細鏨小銘、高天神とは別人。小板目肌微塵に良く詰み、地映り立つ。腰刃を焼き、直刃小足入る。古き美濃物は、地刃共に麗質感を伴い、奥深く冴えたる良刀あり。 ... » more
テーマ 美濃物の研究 刀剣

古美術の研究備中青江の研究 5
備中青江の研究 5 薙刀<折り返し銘>○中○住人○○細鏨小銘にて定かには判読できず小杢目肌良く摘み青黒く冴える。澄み肌目立たず均質な鍛錬。麗質感を伴い、淡く乱れ映り立つ。のたれに互の目逆足入り、匂い深々とよく沸える。焼き ... » more
テーマ 刀剣 備中青江の研究

古美術の研究備中青江の研究 4
備中青江の研究 4 古青江次忠小板目肌微塵によく詰み明るく冴える。小型の墨肌入るもさほど目立たず。細直刃、所々大胆に焼き高く丁子刃交じり、匂い深々と小沸つき、金筋絡む。地刃ともに明るく深く冴え、一種独特の静寂感をともなう。 ... » more
テーマ 刀剣 備中青江の研究

古美術の研究下原照重
下原照重 武州住照重杢目肌肌立つもよく練れる。直刃に小足入り、匂い口締り心に小沸付く。稀に、地刃冴えた良刀あり。 ... » more
テーマ 刀剣

古美術の研究美濃物の研究 4
美濃物の研究 4 兼元<大薙刀>板目肌柾に流れ心、乱れ映り立ち、刃淵にかけて紫黒色に澄み地膚が交じり深く冴える。互の目に箱刃、尖り刃交え匂いに小沸付く。造り込みに緊張感あり。 ... » more
テーマ 美濃物の研究 刀剣

古美術の研究B級古美術品礼讃 1
B級古美術品礼讃 1 ○元板目肌やや肌立ち心に柾にながれ、鎬寄りから映り立つ。小互の目、片落、尖り刃交じり小沸付く。銘字磨られた状態にて不鮮明、僅かに元の字判読できるもその上は不明。作風、その他にて、美濃の文明ころ、いわゆる初代兼元の公算が高 ... » more
テーマ 刀剣 B級古美術品礼讃

古美術の研究備中青江の研究 3
備中青江の研究 3 <額銘>備中住真次杢目肌良く摘み、所々指頭大の澄み肌、明瞭に現れる。映り立ち、刃に添うて段映り状を呈し、地斑状の変化を伴う。直ぐに小互の目、丁子混じり、匂い口締り心にやや小沸つき、逆足、葉、しきりに入る。 ... » more
テーマ 刀剣 備中青江の研究

古美術の研究備州長船忠光
備州長船忠光 備州長船忠光光就と切り付けあり文明年紀板目肌よく練れ地映り立つ。のたれに互の目足入り、匂い口締まり心に小沸付く。忠光は、末備前中、地味な作が多いが、地刃明るく冴えるものがある。 ... » more
テーマ 刀剣

今週も道場にて先生にお稽古をつけていただきました。左手の鞘の扱いが、まだまだ足りないとのご指導をいただきました。そして仮想の敵に対する目付け、諸動作の自然な流れなど、まだまだ刀の抜きつけにおける、刀の抜き、鞘の引き、体を起こすタイミング ... » more
テーマ 刀剣 居合 武道

古美術の研究冬広
冬広 冬広作小杢目肌よく詰み、淡く映り心あり。直刃、僅かに鼠足入り、匂い口締りて冴える。同銘各地にありて、その区別は困難。古き冬広は、品位上ル。 ... » more
テーマ 刀剣

古美術の研究宇多国宗
宇多国宗 地鉄板目肌柾に流れる鍛錬、映り立つ。刃は互の目に片落ち、尖り刃まじり、沸づき僅かに砂流し、金線入る。古き宇多物には、地刃冴えて品格上がるものもある。 ... » more
テーマ 刀剣

古美術の研究肥後大掾貞国
肥後大掾貞国 板目肌立ち心に良く練れ、映り心あり。直刃に僅かに小互の目、小足交じり匂い口沈み心に小沸つく。刃中略前面に薄い刷毛目の如き砂流し掛かる。康継銘は、徳川家康公により下坂鍛冶集団から選ばれた何某が授銘したと云う。 ... » more
テーマ 刀剣

古美術の研究平安城長吉
平安城長吉 板目肌、肌立ちごころの強い鍛え、地映り立つ。のたれに足入り、谷は刃先に迫る。一見村正とも見える作風。すすどしさはなくも、古京物の風情残存す。<仮題>刀剣の美術性とその経済的価値昔、片田舎のある ... » more
テーマ 刀剣

古美術の研究備州長船家助
備州長船家助 板目肌よく練れ肌目明瞭に現れ、映り立つ。刃は、互の目、肩落ち風になり、匂いに小沸つく。腰の開いた処がなければ、ひと時代上がって見える作風。康光等にも、匂い口の締まった直刃に逆足の入った作風等、古風に見えるものがあ ... » more
テーマ 刀剣

本日2週間ぶりに居合の稽古をつけていただき、まだまだ己の未熟さを反省するばかりです。先生のご指摘の一つ一つに道理があり、相手(敵)の動作に相対するための刀の扱い、緩急・強弱による気の表現など、ご指摘いただいた内容はどれも納得できることばかり ... » more
テーマ 刀剣 居合 武道

古美術の研究菊池鑓
菊池鑓 >大板目肌、柾に流れる鍛錬、地沸つく。のたれに互の目足入り、盛んに沸づき、砂流し金筋かかる。菊池鑓の多くは戦国時代の粗製乱造品なれど、中には稀に別種地刃の冴えたるものあり。但し、この形態は手矛が源流、南北朝 ... » more
テーマ 刀剣  コメント(7)

 

最終更新日: 2019/03/06 08:41

テーマのトップに戻る