誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    刀剣

刀剣

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 刀剣
テーマ「刀剣」のブログを一覧表示!「刀剣」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
ヱヴァンゲリヲン展
2019年8月31日、東京 新宿高島屋で開催されている、「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」と「EVANGELOIN ARTWORK SELECTION展」の二つのコラボレーション展に行ってきました。 .. » more
テーマ 刀剣

刀剣の畏友H氏のお誘いで表記展覧会に出向く。副題に「日中文化交流協定締結40周年記念」とある。今は博物館・美術館も人集めが大事なようで、この展覧会においても漫画の三国志の原画やNHKの人形劇で使った人.. » more
テーマ 刀剣

刀剣の畏友H氏と標記展覧会に出向く。ここは備前刀に良いものがある。それは明治の大鑑定家今村長賀をアドバイザーとして岩崎家が集めたからである。今村長賀は正宗抹殺論側に与した人物で、備前刀を最上位の刀剣と.. » more
テーマ 刀剣

小笠原信夫先生が東京国立博物館の「MUSEUM」(ミュージアム)や展示会カタログ、「東京国立博物館紀要」などに寄稿された論文をまとめたものである。 「江戸の新刀鍛冶」の章では小笠原先生のご指示で、私.. » more
テーマ 刀剣

「刀剣春秋」という新聞誌上に発表された「古書遍歴」を改めてまとめたものである。次のような南北朝~江戸時代の刀剣関係古書について、その内容、意義などを解題的にとりまとめている。今の時代にこれらの刀剣古書.. » more
テーマ 刀剣

知人から、こんな展覧会が開催されていると聞き、刀剣の畏友H氏をお誘いして出向く。展示は「1章.神・死者へ刀剣を捧げる」、「2章.神剣、あらわる」、「3章.中世東国武士の神社信仰と刀剣」、「4章.近世の.. » more
テーマ 刀剣

この本は副題に「帯刀は武士の特権か?」とあるように、帯刀ということに焦点を当てて、江戸時代から明治初年までのことを記している。 江戸時代の帯刀のことは拙著『江戸の日本刀』で記したが、私が当たれていな.. » more
テーマ 刀剣

刀剣の畏友H氏と標記の展覧会を観る。日中平和友好条約締結40周年記念の特別企画とのことである。水墨画であるが、少ないながら色を使った水墨画で、僅少な色遣いなのだが華やかな感じがする絵である。水墨画の墨.. » more
テーマ 刀剣

18 悪い事をしても、その業(カルマ)は、刀剣のように直ぐに斬ることは無い。しかし、来世におもむいてから、悪い行ないをした人々の行きつく先を知るのである。のちに、その報いを受ける時に、激しい苦しみが起.. » more
テーマ 刀剣

これまで訳されてきた本阿弥行状記は上巻だけだったようだ。それは中、下巻が付録だからということにあったと訳者の和田氏は推測している。訳者はそれではいけないとの使命感から現代語訳にいどまれた。 全380.. » more
テーマ 刀剣

いただいた本である。戦前に出版された「日本刀私談」(原田道寛著)を新仮名遣いに改めて復刊した本である。出版の時点では著作権所有者も不明だったようだ。こんな形の出版ができるのにまず驚いた。なお私は古書を.. » more
テーマ 刀剣

古書であるが、名著として今でも評価が高い。当然、古本の価格も高い。この本は”研究”とあるが、特に銘字の研究書である。水心子正秀と大慶直胤、源清麿の銘字を若年の頃から晩年まで年代別に鮮明な押形を掲げてい.. » more
テーマ 刀剣

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る