誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    農村

農村

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「農村」のブログを一覧表示!「農村」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「農村」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「農村」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

甘くて白いカカオの実〜村のごちそう☆ムベヤへ その4 ムベヤの町から幹線道路を南に走る。沿道にはずっと緑の畑が続き、途切れることがない。その畑も、バナナ、トウモロコシ、キャベツ、お茶など土地の高さによって作物が変わっていく。ニャキュウサの人々が住むここニャキュウサ・ランドは「標高が500から2 ... » more
テーマ 植物 農村 ムベヤ  コメント(6)

苦い葉っぱも大勢で食べれば…☆グビさんのシク・アロバイニ 今月15日にグビさんを知る方から「日本式なら四十九日かな。改めてご冥福をお祈り致します」というメッセージをいただいた。タンザニアでは四十日(シク・アロバイニ)に亡き人の法要をする。ムスリムも、クリスチャンも。4日から5日にかけて、グ ... » more

テマ村 最終回  未来につなげる アフリカの農村へ行くと、まず、チビどもの洗礼を受ける。どこからともなく子どもたちがわらわらと現れて、ものめずらしそうに見上げてくる。テマ村20年以上前の話になるけど、ケニアの農村にいたとき、長い髪だったわたしは幼児から小学校 ... » more

テマ村のおいしいごはん☆テマ村 その7 身と心にに染みるおいしいごはんをいただいて元気をだそう。Macharariとれたて野菜や果物や卵やミルクたっぷりのテマ村のムチャロさんちのごはん。ママが食事を盛りつけてくださるキリマンジャロといえば、バナナを ... » more

どじょうの詩名を知らぬ花
名を知らぬ花 誰かこの花の名を知っているだろうか。周りのカンボジアの知人たちに聞いてみたが、誰も知らない。私自身2004年から通算で20回ほどカンボジアを訪れているが、初めて見る花だ。魚を放流する村落共有池とそれにつながる周囲の田んぼとの間にある土手 ... » more

さようならは言いたくないのに グビさんのこと 8月26日の明け方にグビさんは逝ってしまった。その前日に危篤の連絡を受けて夫とともに病院に駆け付けた。なんだか小さくなってしまったグビさんが白いシーツにくるまって、懸命に息をつないでいた。意識はないようだといわれたけれど、返事がなくても呼び ... » more

ゼロ・グレージングの世界のエネルギー☆テマ村 その6 ムチャロさんの一日は朝まだ真っ暗な4時半ころに始まる。飼っている乳牛3頭の乳を自ら搾るのである。手絞りなので、暗闇の中からキュッキュッという音が聞こえてくる。わたしも3日目の朝には頑張って?早起きした。敬虔なクリスチャンのムチャロさんの ... » more

キリマンジャロの緑を増やすためのたくさんの活動@TEACA☆テマ村 その4 テマ村2日目の朝は、霧雨が降っていた。夜はムチャロ夫妻が用意してくれた毛布を被っていたので、寒さは感じなかった。昨夕には、バケツ一杯の熱いお湯をいただいて、体を洗った。空気はひんやりとしていたが、気持ちよくお湯浴びできた。霧雨の降る ... » more

ほんとうに森を守れるのは誰?☆テマ村 その3 キリマンジャロ山の雪と植林 ムチャロさん宅に到着した日の午後はTEACA(Tanzania Environmental Action Association)の活動のDVDを見た。(そのためにDVDの機械があるのね)2012年のモシの町で行われた環境デーの催しのために ... » more

キリマンジャロに緑を!☆テマ村 その2 静謐なムチャロさんの家 テマ村でお世話になるムチャロさんの家は山の一本道からは少しだけ奥まった場所にあった。今まで村に行くと必ずのように受けてきた子どもたちによる洗礼(=ともかくどこからともなくわらわらと村のチビどもが珍しいお客目当てに集まって来る)もなく、ちょっ ... » more

ルカニ村の絵本が日本からやってきた 日本から絵本が届いた。それもルカニ村が舞台の絵本! 児童向き月刊誌「たくさんのふしぎ」6月号 『コーヒーを飲んで学校を建てよう―キリマンジャロとルカニ村』 ふしはらのじこ文・絵辻村英之監修 物語は、日本 ... » more
テーマ 農村 子ども 日本とタンザニア  コメント(4)

タンザニア徒然草キャッサバのウガリ
キャッサバのウガリ 「晩御飯は何がいい?」とイテテ村でお世話になったママラブが言う。イテテ村に着いてすぐいただいた昼ごはんは、ママラブ作のピラウとカチュンバリという大ごちそうだった。とてもうれしくおいしかったんだけど、もっと村の普通ごはんが食べたか ... » more

タンザニア徒然草雨待ちのイネ
雨待ちのイネ イテテ村に元から住んでいたのは、ポゴロという民族で、前回登場のママラブやJさんもポゴロ人だという。加藤さんによると、1988年ころからタンザニア最大の民族、農牧民であるスクマ人たちが多くの牛を連れて移住してきたそうだ。両者はキロンベロ谷の土 ... » more

タンザニア徒然草イテテ村の愛
イテテ村の愛 イファカラでキロンベロ川をフェリーで渡ったあと、トウモロコシやまだ芽吹いたばかりの稲のみずみずしい緑色が両脇に広がる未舗装道路を車は走る。しばらく行くと、イギリス資本というチークの木のプランテーション地帯が長いこと続く。木材 ... » more
テーマ 農村 家族 旅行

タンザニア徒然草恵みのキロンベロ川
恵みのキロンベロ川 小雨季が過ぎた今でも、キロンベロ谷は緑が豊かだった。 在来稲作の調査研究をしている加藤太さんを迎えに行く車に便乗して、彼の調査地、モロゴロ州の南部キロンベロ谷のイテテ村へ行く旅の続き。雨季には谷の中心を流れるキロンベロ川があ ... » more
テーマ 農村 乗り物 旅行

日曜日の午後、キンゴルウィラ村、ダルエスサラーム 金曜日に出発して、お米の産地、モロゴロ州のキロンベロ米の産地のイテテ村にお邪魔してきた。そのおいしい話はまたのちほど。よいお天気の日曜日、わたしたちの車は朝の6時半にイテテ村を出発。途中のフェリーでたくさん待たされる ... » more
テーマ 農村 都市 旅行

タンザニア徒然草バオバブの恵み
バオバブの恵み 人にお願いしてドドマの町にある「地球緑化の会」の事務所からバオバブ石鹸を買ってきてもらった。武骨な外観だけど、クリーミーな泡立ちで、使用後、肌がしっとりする感じ。ひとつ1,000シリング。以前、事務所に立ち寄った時も、近所の人たちが買いに来 ... » more

タンザニア徒然草贅沢なコーヒー
贅沢なコーヒー ちょっと贅沢なお正月である。キリマンジャロのルカニ村産コーヒーの逆輸入。フェア・トレード・プロジェクトで日本に輸出され、焙煎されたコーヒー豆を日本からのお土産でいただいたのだ。豆を挽き、ゆっくりとコーヒーを淹れる。その濃い茶色の豆から生み出 ... » more
テーマ 農村 フェアトレード 日本とタンザニア  コメント(2)

ロリオンドの万能薬☆その後 このブログでも昨年取り上げた、lロリオンドの万能薬。ンゴロンゴロ県ロリオンド郡のサムンゲ村に住む神の啓示をうけた元牧師のバブー(お爺さん)の作った煎じ薬が、HIV/AIDS、癌、糖尿病、癲癇、喘息、高血圧など、ともかく万病を治すという評判が ... » more
テーマ 農村 治療

クメール通信タニシ
タニシ 今日は、プノンペンのお隣コンポンスプー県にタニシを取りに行きました。味はサザエに似た感じ、こちらではタニシは人気食材です。先週久しぶりにユーカリを栽培している土地を見に行ったところ近隣の田んぼや池にタニシがたくさんいることがわかったので ... » more
テーマ 農村

どじょうの詩国から国へ
今回カンボジアに居たのはわずか10日間、いつものパターンであれば帰国するのだが、今度ばかりは次の国での仕事がすぐなので、直接カンボジアからマダガスカルへ渡った。バンコク、ヨハネスブルグ経由で乗り継ぎ時間を含めると23時間かかった。バンコクと ... » more
テーマ 経済発展 村落振興 農村

ほっかほかのタンザニアを持ちかえる 今年のオルタナティブツアーの参加者の皆さんが昨日農村から元気にダルエスサラームに帰ってきた。本日の飛行機でタンザニアを発つので、昨晩はツアー参加者6名と弊社日本人スタッフ、日本の大学でスワヒリ語を学んでいるインターンの S青年、農村 ... » more
テーマ CHIBITE 農村 旅行  コメント(2)

クメール通信近郊農家見学
近郊農家見学 妻が良く買物にいく果物屋のおばちゃんが家に遊びに来きたらというので日曜日に家族で行ってきました。場所は一号線でバサック川を渡り川沿いの369号線を南下します。2,3キロ行くと道沿いにバナナやロンガンの小規模な果樹園が並んでいます。プノンペン ... » more
テーマ 農村

辛坊治郎の「ウェークアップ!ぷらす」で紹介…「ローマ法王に米を食べさせた男」高野誠鮮著(講談社) 過疎高齢化で疲弊した石川県羽咋市の神子原地区を、60万円の予算で立ち直らせた“スーパー公務員”高野誠鮮氏の30のアイディア集 「ローマ法王に米を食べさせた男過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」 高野誠鮮著(講談社1,470 ... » more

日本一 農村風景 景観 日本一という「一」と付くものには毎日見られるというものでははない。農村風景として、恵那市の”女城主”で有名な岩村町の富田という地が、日本で「一」という栄冠を公表した。岩村城田植えも終わったころと推測し、見学に ... » more

ネバネバトロ〜リのムレンダ ムレンダ(mlenda)と呼ばれるおかずがある。粘るムレンダ前の我が家のお手伝いさん、ダルエスサラーム近郊出身のT嬢は、よくこのおかずをお昼に作っていた。カボチャの葉を細かく刻んだものに、オクラを小さく輪切り ... » more

「サンダウェ社会」のはなし 八塚春名さんの『タンザニアのサンダウェ社会における環境利用と社会関係の変化』を読んだ。タンザニアでは珍しくクリック音を使うコイサン系の言語を持つサンダウェの人々は、ハッツアの人々とともに狩猟採集民族だと捉えられてきた。 ... » more
テーマ 農村 生活

クメール通信お墓まいり
お墓まいり カンボジアでは4月1日から4日が年に一度のお墓詣りシーズンです。中国歴の清明節にあたり日本のお盆と同じ。私も去年に続いて4月1日に知人のお墓詣りについて行ってきました。場所はプノンペンのお隣コンポンスプー州ですプノンペンから車で1時間半 ... » more
テーマ 農村

パレのごちそう料理 ☆ Bさんはキリマンジャロ地方出身のパレ人。今はダルエスサラームで夫と中学生の二人の子どもたちと暮らしている。パレ料理をいくつかごちそうになった。彼女のふるさとではバナナは重要な主食のひとつ。ムトリ(mtori)という料理用バナナをぐつ ... » more

キンゴルウィラ村の水を巡る物語 ぽっかり空いた村での時間。まだ行っていない川のほうに散歩に行こうかなと歩き始めたら、「一緒に行ったげる」と現れたのが近所の子どもアミナちゃんだった。8歳の小学2年生。ちょうど学校はお休みの期間なのだ。アミナちゃんアミナちゃん ... » more

 

最終更新日: 2019/05/15 22:46

「農村」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る