誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    イーストコースト

イーストコースト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: イーストコースト
テーマ「イーストコースト」のブログを一覧表示!「イーストコースト」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
 これはかなり以前から欲しかったブツ。ようやく手に入れられた。 4枚のCDは未発表音源でもちろん貴重なのだが、俺がこれを入手した決め手はなんといってもテリー・キャス、ダニエル・セラフィン、ピーター・.. » more

NAZZ Ⅲ
 続いてもナッズで3作目にして最終作。70年リリース。時代的な流れもあって、最早ビートグループだけに収まりきれないサウンドの萌芽が感じられる一作。  二曲目の『オンリー・ワン・ウィナー』なんかは、後.. » more

 トッド・ラングレンがソロになる以前に在籍していた四人組グループのセカンドアルバム。 そもそもナッズはトッドがビート・グループをやりたかったために結成されたバンドであり、後のソロ時代のような多様な音.. » more

 リック・デリンジャーが本人の名前をつけたバンドの2作目。 前作はポップではあったものの、若干ロック的なカタルシスは少なかったような・・・。  しかし、この2作目はそれを反省した上で、いずれもリフ.. » more

 ラスカルズのラストアルバム。この頃はエデイ・ブリガツティとジーン・コーニツシュはすでに脱退しててフェリックス・キャバリエとディノ・ダネリのオリジナル・メンバーに、バジー・フェイトン、ロバート・ポップ.. » more

72年リリース。バンド名と同一のセルフタイトル。いやぁ渋い!渋すぎる。 ジェフ・ガーチェン、エイモス・ギャレット、ベン・キース、ピーター・エクランド、N.Dスマート、ジム・コレグローヴ エイモ.. » more

 71年リリース。アル・クーパーの作品はスケール感の大きさに反して、なぜか聴いていて、心地よいまどろみに誘われるものが多い。 このアルバムのタイトル・ソング『ニューヨーク・シティ/ユー・アー・ア・ウ.. » more

 73年リリース。ザッパ自身の新しいレーベル、ディスクリートからの1作目。 ザッパというとどうしても難解な音楽性と諧謔味の強い歌詞でとっつきにくいイメージがあるが、本作はそれでもまだコンパクトでポッ.. » more

 79年リリース。相変わらず摩訶不思議なザッパワールドを展開・・・。歌詞のテーマはひねくれ、ブラックユーモアたっぷりだけど、音楽性はザッパの諸作の中ではそれほど難解ではなくて、ポップである。  メン.. » more

スラングたっぷりの英語がよく理解できないと、面白さは半減だろうが、何となくシアトリカルで相変わらずスキルの高い演奏であることは確か・・・。  今回の主役はフロー&エディー。そうTレックスの多くのヒ.. » more

 67年リリース。マザーズ・オブ・インヴェイションのセカンド・アルバム。相変わらず不雑怪奇な音楽性。政治や政府に対する辛辣な批判精神とユーモア。  『ルイ・ルイ』を換骨奪胎したようなサウンド~ミュー.. » more

 さて、今日の第1弾は68年リリースの作品。ザッパの作品としてはかなりわかりやすい部類に入るだろう。 なんたって50年代のロケンロールやドゥーワップの作風をかなりまともに取り入れて演奏。  それも.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る