誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人材育成

人材育成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人材育成」のブログを一覧表示!「人材育成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人材育成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人材育成」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

今回のシリーズでは、「忍耐」「寛容さ」の“自分自身への適用”についてスポットを当てています。なぜなら、「焦り」や「裁き心」等が起きている原因は自分自身にあり、他人を批判、非難している時というのは、実は、自分が自分自身 ... » more

■指導者こそ、「忍耐」「寛容さ」を自らに適用することが必要。「忍耐」「寛容」という言葉の、「自分自身への適用」について考えています。これは、特に指導者にとって大切です。前回申し上げたように、理想や目標が大きければ ... » more

忍耐と寛容という言葉は、通常、自分以外の他の人に対して適用されますが、今回は、自分自身への適用ということについて考えて見たいと思います。仕事においても、勉強においても、人を育てることにおいても、あらゆる物事を成し ... » more
テーマ 仕事 人材育成

SERENDIPITYISO9001
今日はISO9001条文解説の研修を上司指示で受講したので気になったことをつらつら書く。ISO9001は「企業が持つべき最低限の品質保証とCS確保のしくみ」の国際規格(グローバルスタンダード)。2000年に改チョウさ ... » more

前回、SAAにおけるシーズ、ニーズ・ウオンツの定義について触れました。簡単にまとめると次の通りです。・シーズ:「企業」や「個人」が社会に対し提供することができるような、「個性の核」の部分を作っていくこと。つまり、社会 ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

「個の理想」と「調和の理想」についてシリーズで考えています。前回は、「自動車のたとえ」を用いて「調和の理想」の大切さについて述べました。どんなに優秀なブレーキでも、「停止距離が短い」という個性だけを主張しても、自動車 ... » more
テーマ 調和からの発展 人材育成 商品・サービス

前回に引き続き、今回も「個の理想」と「調和の理想」について考えてます。まず、前回の内容についてご質問をいただきましたので、補足を兼ねてコメントしたいと思います。===========================[本文 ... » more
テーマ 付加価値主義経済 調和からの発展 人材育成

あなたにとっての「理想」とは何ですか?そして、「理想像」とは?小学校の頃「あなたは将来どんな人になりたいですか?」と先生から質問された方は多いと思います。そんな時、「総理大臣になりたい」「看護婦さんになりたい」・ ... » more
テーマ 調和からの発展 人材育成

自縄自縛という言葉があります。自縄自縛とは、「自分の心がけ・言葉・行為のために、自由な動きがとれず苦しい立場になること」【大辞泉】です。自分を縛っている縄は、他の人がつくったものではなく、他ならぬ、自分で ... » more
テーマ 仕事 人材育成

『仕事の悟り』として「不完全さを認める」があります。人は、知らず知らずに完璧を求め、完璧であることを求めるがあまり、不完全であることに苛立ちを覚えたり、自他を責める思いがつのったりしがちです。しかし、世の ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は「心は何を吸収しているのか」という内容をお伝えしました。一見、外部の環境や、他人の考えなど他から来るものを全て心が吸収しているような「錯覚」に陥ります。しかし、実際に心に吸収しているのは、外部から来たも ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

「無言安定」は、変化の激しい状況において成功しつづけるための秘訣です。「心が静か」だからこそ、「変化を正確に」捉えることができ、変化を正確に把握するからこそ、「正しく反応」し「バランスがとれる」のです。 ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、多様な価値観を認める過程で、心が乱れることがあるという内容について触れました。多様な価値観を受け入れるということは、過去の自分が正しいとしてきた価値を否定せざるを得なくなり、自己内部の葛藤を引き起こすことがあ ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、多様な価値観を認めることの大切さとして「感謝からの理解・共感」が自己拡大につながるという内容でした。要約すると、今までの自分では、超えられなかった認識の壁、自由に移動できなかったしがらみというものを、感謝によ ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、「なぜ、努力をして感謝をし、関心を持つべきであるか」という理由の一つ目として、全体的な流れから説明しました。要約すると、これからは「人間力」自体が商品コンセプトとなり、そして、人間力を示す“架け橋”となるのが ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

≪80≫号では、「共感のプロになろう」というテーマの導入部分についてふれました。共感の土台となるのが「相手への感謝」です。「相手への感謝」というのは、「相手」と「自分」の心を引き寄せる磁石です。相手に感謝 ... » more
テーマ 調和からの発展 人材育成

今後、人事・採用コンサルティングに従事していくにあたり、企業人事に最高のパフォーマンスで応えるコンサルタントとは、一体どんな姿なのかを考えています。現在、人事制度・人事評価改革は企業経営においての大きなテーマとなって ... » more
テーマ 人事 人材育成 人材採用

本日(平成2007年3月18日)は、大前研一さんが学長をされているBBT大学院大学の第一期生の卒業式でした。今は天国に生活する主人ですが、大前学長及び教授会の皆様の温かいご配慮により、名誉学位を授与させていただき ... » more

SAA(スピリット・アドバイザー・アカデミー)では「多様な価値観を統合・融合させ、更なる発展を目指す」という「調和からの発展」を考え方の基礎としています。前回は、自分の価値観(自分独自の色眼鏡)を外す方法として、「一 ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、「色眼鏡を外す」というテーマについて考えました。人は、知らず知らずの内に、「自分が正しい」と思っている価値観(色眼鏡)でものを見、判断してしまう癖があります。しかし、多様な価値観を正しく理解するためには ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、「捨てる」というテーマについて考えました。組織で問題が起こるとき、その原因の大半は技術等の能力的な問題と、人間関係に集約されます。中でも、人間関係の確執は、問題の鉱脈のようなものです。そして、 ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、「発展」について考えました。発展をみるには「相対的変化」と「絶対的変化」この二つのモノサシが必要であり、この「変化」を内包する活動こそが「時」に生命を与えることができるという内容でした。生きているとは ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、調和からの発展における「自己拡大」がテーマでした。「調和からの発展」とは、少なくとも二つの存在が、それぞれを常に認識し、調和しようという気持ちがなければなりません。そのときの悟りは「無言安定」の境地です。 ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回は、「調和」するためには、一段大きな認識力が必要であり、常日頃から、拡大的自己による「ものの見方」「考え方」「振る舞い」をなすことによって「認識の拡大」「自己拡大」ができる。それが「仕事における悟り」である…という内 ... » more
テーマ 調和からの発展 人材育成 仕事の悟り

前回は「調和からの発展」というテーマについて考えました。今回は、「調和」することで「自己拡大する」という内容について考えてみたいと思います。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SAA(スピリット・アドバイザー・ ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

前回のテーマは、調和のためのキーワード「目標」でした。なぜ、「目標」が大切かというと、●そもそも人間は、「目に見えない目標」に向かって努力することのできる不思議な存在である。●「集団における目標」があるからこそ、多少 ... » more
テーマ 仕事 調和からの発展 人材育成

企業誘致と人材育成の連関ーー北上市 8月7日、会津若松市議会総務委員会の行政調査で岩手・北上市を訪問しました。行政調査システムや企業誘致の取り組みなどについて、北上市の担当者から説明を受けましたが、財政力指数や経常収支比率、公債費比率など主な財政指標は会津若松市と同じような状 ... » more
テーマ 人材育成 企業誘致 行政評価

橋本幸博研究室2007年問題
2007年問題 昨日から、本年度第2回目の離職者訓練カリキュラム等委員会が開催されていて、今日は特別委員会が行われました。産業界の声を離職者訓練カリキュラムに反映させて、人材育成を現実的なものにしていこうという取り組みです。私が属するビル管理系では、東熱の ... » more
テーマ 技能者 人材育成 2007年問題

一期一会人を育てるということ。
今日、Bossに呼ばれ「***君の育成プログラムは順調に進んでいるか?」と聞かれた。そこで、私はこう答えた。「順調です。」しかし、彼の真意は別のところにあるように感じた。よって、続けた。「しかし、期待はもっと ... » more

一期一会人材育成
部下を持つようになり2ヶ月が過ぎました。これまで自分に課せられていた使命は、「いくら稼いでくるか」+「いかに我が社のmarketでのプレゼンスを高めてくるか」という点に限られていたんですが、明確なポジションチェンジを受けて、いまやラ ... » more

 

最終更新日: 2018/07/22 23:40

「人材育成」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る