誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    集団ストーカー

集団ストーカー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「集団ストーカー」のブログを一覧表示!「集団ストーカー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「集団ストーカー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「集団ストーカー」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

筆者を包囲する集団ストーカーの勢いは一向に衰えを見せません。筆者が彼らの存在に気づき始めたのは昨年(2014年)2月ですが、1年半経ってもその勢いがむしろ増しているのには閉口させられます。病院やマーケットで執拗につきまとう彼らは ... » more
テーマ イルミー 集団ストーカー 50代以上のblog

昨日豊中市で生コンのなんとかかんとかって人が逮捕されたみたいだ。生コンねぇ・・・・もしかして、あの本に書かれてた人かな。朝日新聞の記者と懇意だと書いてたような。勘違いかもしれんが。あってたら、 ... » more

今日主人は会社が終わって会社の人と遊びに行くらしいのだが心配だ。心配だ。何故なら今、主人の会社でインフルエンザが大流行りなのだ。先週一度に数名がインフルエンザにかかって会社を休んだ。2週間ほど前だった ... » more

筆者はかつてOCN社のアマがえるブログで「今日本はかつての元寇に匹敵する国難の時である」と説きましたが、何の反響もありませんでした。筆者は、やたら過激な言を吐いて世を惑わせているつまらない奴なのでしょうか?これまで秘 ... » more
テーマ イルミー 集団ストーカー 50代以上のblog

嘆かわしいことです。この尊い世の中が刻一刻イルミーたちに喰われていっているというのに、誰も気がつきません。まったくこれまで日本人が綿々と築き上げてきた文化とは何だったのでしょうか?また、西欧文明とはこれほどまでに価値のないものだ ... » more
テーマ イルミー 集団ストーカー 50代以上のblog

ここ二、三年テロ集団が起こす様々な事件を伝える番組でテロ集団に都合がいいコメントを発言するコメンテーターたちを見ていると父性社会の限界をつくづくと感じてしまいます。このコメンテーターたちの多くは犯罪組織の人間から背中 ... » more

ああ、よかったぁ〜〜〜。^_^お笑いのインパルスが復活するんだって。あの人たちのコントがまた見れるんだわ。本当にあの人たちのコントは最高だよね。実はインパルスも集団ストーカーの被害者ではないかと思って、ずっと心配して ... » more

日産、三菱自動車の会長カルロス・ゴーンさんの事件。あなた、本当に信じてる?ついにここまでやったか。唖然とするよね。でもツッコミどころ満載だよね。専門家じゃないから、うまく突っ込めないけどなんか常識的に ... » more

当ブログは日本中で大繁茂しつつある秘密結社的統合体を「イルミー」と名づけました。インターネットで検索するとお節介にも「イルミーとはイルミナティの略である」と説明しているサイトを見かけますが、それは正しくありません。確 ... » more
テーマ イルミー 集団ストーカー 50代以上のblog

土曜日の夜、ビートたけしさんと安住さんの「新・情報7daysニュースキャスター」は冒頭からいきなり驚きましたね。数日前に国会で大臣が蓮舫さんのことをレンホウさんと言ったら蓮舫さんが大臣をキッって睨みつけて ... » more

田崎史郎さんもやられたか。背中に刃物を突きつけられたんだろう。片山さつき議員の人格を否定するような発言しとった。常識を疑う発言。公共に場で言うことじゃないわな。ましてや日本人ではあり得ないことだ。ヤクザ以外は。 ... » more

筆者は、外出してしばらくして、ストーカーたちにしっかり監視されていないことを発見しない日はありません。彼らは決して筆者に関する情報を独自に入手して集まってきた烏合の衆ではありません。もちろん、インターネットのどこにも ... » more
テーマ 集団ストーカー 閲覧妨害を受けた記事 50代以上のblog

さて、筆者は2014年から集団ストーカー被害に遭っていますが、この奇妙な社会現象とイルミー組織が無縁とは思われません。無縁どころか、イルミー組織にとって目障りな人物を社会的に抹殺する手段が、集団ストーカー現象なのだと思います。 ... » more
テーマ 集団ストーカー 閲覧妨害を受けた記事 50代以上のblog

あーーーー知らんかった!蓮舫さんってレンポウって言うんだ!へーーーーーっ!へーーーーーーーーーーーっ!多分勘違いしていたのは大臣だけじゃないと思うよ。多くの日本人はレンホウだと思ってたはずだ。だってテ ... » more

今、マンション内のどこからかものすごい音が聞こえてきます。何かがひっくり返った音。何かをぶちまける音。嗚呼、主人がなぶり殺しに合ってる音だったらどうしよう。主人が帰ってこなかったらどうしよう! ... » more

ひぇ〜〜〜〜っ!今お昼ご飯食べながら情報番組見ていたら小野市の経理女性が横領した事件で横領額が変わってる〜〜〜〜〜っ!五億円が三億円に変わってる〜〜〜〜〜〜っ!ひぇ〜〜〜〜っつ!何でぇ〜〜〜????? ... » more

私が少し前に「今度の国会で野党の議員たちをよく観察してくださいね。どの議員がロシアや北朝鮮に自国を売り渡したか。多分ロシアや北朝鮮のために憲法改正を阻止しようと次の国会を空転させるでしょうから」と書いたら、案の定だ。 ... » more

変だわ。昨日のニュースで56歳の経理女性が五億円を横領をしたという事件。昨日のニュースでは兵庫県三木市と言っていたのに今朝起きたら小野市になってる。昨日彼女が四年前に愛人と逢瀬を楽しむために建てたという家中ミ ... » more

ダメだ。どんどん追い詰められていく。この調子だとあと一年もつか。主人も食事に量が減っていく。最近は弁当を残すようになった。主人の体調とは関係なく集団ストーカーたちは主人を年内中に何らかの方法で殺すんじゃないか ... » more

2日ほど前から深夜の騒音が酷くなりました。戸をバンバンさせたり、テニスボールか野球のボールかわかりませんけど硬質のボールを落とす音。よく耳をすますと女性たちが楽しそうに何か話している声がします。そのうち深夜に歌を歌い ... » more

酷くなる集団ストーカー 集団ストーカーの嫌がらせがひどくなってます。深夜の騒音はここのところ、それほどでもなくなったのですがマンションの住人が私を避けるようになりました。恐ろしい目つきで睨みつける女性もいます。それから4日の日曜日昼ごろ ... » more

主人の肩にコブが 少し前から、主人が歯の治療に行っている。また薬物を使われるのではないかという恐れがあったが次から次に歯が抜けるので仕方なく行かせることにした。考え過ぎかもしれないがやはり異変は起こった。主人がしきりに指が痛い ... » more

また起きたな。横浜市でバス二台に挟まれた乗用車が大破して一人死亡、六人が重軽傷。後ろから追突したバスのナンバーが4243私の車の周囲に現れる集団ストーカーのナンバーと同じ規則性もっている。数日前も加古川市で ... » more

来年10月かぁ。消費税10%。政府がキャッシュレス化を目指してんだろうとテレビで言うとるが・・・・まだまだ信用できんわね。ロシア、中国、北朝鮮などのテロ国家がサイバーテロやりまくってる限りは。スマホなどの ... » more

やられたわぁ。今、近くのdocomo行ってきたんだけど開店と同時に順番に並んで入ると「ご予約を取られたお客様」と店員がいうので手をあげたら私無視されて(とばされて)店員が私の前後の客をテーブルに案内した。いつ ... » more

ちょうど11時から部屋中を走り出しました。幼い子供ではありませんね。成人の男でもない。女性でしょうか。いつか二人の女性の話す声が聞こえたことがありました。カルトの女でしょうね。ビデオに撮ろうとした ... » more

9時ちょうどに始まったな。まだ大人しめだが、時々物を落とすようなドスンって音がする。セキスイから五十五億円奪ったという地面師の詐欺事件がテレビの報道番組を賑わせていますが誰もがいだく、大手のセキスイが ... » more

11時ちょうど。始まりました。下駄でも履いてるのかしらね。幼い子はどうしてるんだろうね。寝られないだろうに。ホント不思議だわぁ。ビデオに撮ろうと思ったら音がしなくなる。もっと不思議なのは主人の ... » more

朝から母に電話をしてるけど通じない。家の固定電話も携帯もだ。妹とも携帯が通じない。ヤクザが実家に乗り込んだかとものすごい不安だ。他人の家に入り込み暴力などの恐怖で家族を支配し家族を崩壊、消滅させていっ ... » more

昨日は下に部屋がうるさかった。ビデオにとってやった。でも夜の11時ちょうどで止まった。その前の日は深夜2時まで大運動会やらかした。直線を何度も何度も走るんだよね。でも2時になったらピタッと止まった。最近は ... » more

 

最終更新日: 2019/05/21 09:05

テーマのトップに戻る