誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    今週のトピック

今週のトピック

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 今週のトピック
テーマ「今週のトピック」のブログを一覧表示!「今週のトピック」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
 先週最大の注目イベントであったFOMC(01/31)では、通算14回目となる25bpの利上げが全会一致で決定され、FFレートの誘導目標は年率4.50%へ引き上げられた。  焦点のFOMC声明は.. » more

  先週序盤は、世界的な株安連鎖の悪循環と中東発の地政学的な不確実性の増幅がリスク忌避的なマネーフローを想起させたが、週半ば以降は軒並み昨年来高値を更新する同時株高の好循環となり、懸念は杞憂に終わ.. » more

 2006年は世界的な株高基調を引き継いで始まり、1月第2週には連日高値を更新する好循環が続いたが、先週は一転して世界同時株安の悪循環に陥り、週間ベースではほぼ全面安の展開となっている。  下落.. » more

 2006年に入り2週が経過したが、ドルに対するセンチメントは弱気に傾斜し、戻り売りを主流とする弱気相場が形成されている。ドルの対主要通貨相場は、過去4週の騰落率でみると対円の▲5.32%を筆頭に軒並.. » more

 1月第1週のドルは、米利上げ早期打ち止め観測を背景に全面安のスタートとなった。 年明け早々に発表されたFOMC議事録(12/13開催)が、FEDの利上げが最終局面入りしたことを示唆する内容とな.. » more

 過去3ヶ月に亘って持続した円安トレンドが一変して大幅な調整安を迫られている。  先週1週間の変動率は、NZDJPYの▲5.81%を筆頭に、AUDJPYが▲5.01%、CADJPYが▲4.29%.. » more

 2005年も3週を残すだけとなり、市場の関心はすでに来年の相場展望に移りつつある。 こうした状況下、最大の不透明要因は米国の金融政策の行方となっており、先週はFOMC開催前の持ち高調整的な手仕舞.. » more

 円独歩安の展開に拍車が掛かっている。    先週の外為市場では、円が主要7通貨に対して連日の年初来円安水準を更新、なかでもNZDJPYは11連騰で約8年半ぶりの円安水準をなお更新中である。  年.. » more

 先週の『森レポート』では、世界同時株高と米トリプル高を促している要因としてグローバルな脱ディスインフレ下の過剰流動性を指摘したが、外為市場では金利格差を背景とする二極化が一段と鮮明になり、「ゼロ金利.. » more

 11月第3週は、足下のドル高・円安基調の持続性やグローバルなリスクマネーの行方を占う上で、極めて重要かつ示唆に富む幾つかの動きが観測された。   その1つ目が世界同時株高であり、この週は日.. » more

   先週は世界同時株高と債券高が両立しています。  米国では、ドル高・株高(NASDAQとSP500は年初来高値を更新)・債券高(金.. » more

 2005年も残すところ今週を含めて7週間を残すだけとなった。  例年この時期から翌年の相場見通しが出回り、書店には大胆な見出しで飾られた一流とされるアナリストやストラテジストの予測が並び始める。.. » more

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る