誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    満洲

満洲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「満洲」のブログを一覧表示!「満洲」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
「アカシアの大連」に引かれていたのが、安西冬衛の有名な一行詩。 ****** 春 てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った。 ****** 教科書などにもよく載って.. » more
テーマ 満洲

清岡卓行「アカシアの大連」を読んだ。 同氏の芥川賞受賞作として有名だが、読んでいなかった。1922年(脱線すると、橋川文三、中井英夫、ドナルド・キーン、鶴見俊輔、瀬戸内寂聴などが同年生まれ)、.. » more
テーマ 満洲

手元にある図書館から借りている本の一冊、橋川文三編著『日本の百年7 アジア解放の夢』(ちくま学芸文庫)の冒頭近くの一節の題が、「聖地満蒙伝説」。 <…満蒙にたいする日本人の態度は、たんに権益擁.. » more
テーマ 満洲

直前の日記とコメントで、「近代における日本文学の比較文学的研究」といった観点に思いをめぐらていると、例えばカミュはフランスの植民地アルジェリアで生まれ育ったことを思い出した。 その連想から行く.. » more
テーマ 満洲

『森繁自伝』(中公文庫、1977。最初は1962年刊)を読みたくなったのは、その少年時代に興味があったから。大阪出身なのに完璧に標準語を話す、恐らく有名人で最初のバイリンガル(僕の造語では「バイ方言」.. » more
テーマ 満洲

返却する前の本: 1)『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社、2011年) 2)上山春平『大東亜戦争の遺産』(中公所叢書、1972年) 3)太田尚樹『満洲帝国史 「新天.. » more
テーマ 満洲

一尺祭
 終戦後私は中国で栄養失調になっていましたが、日本も食糧事情は最悪だったようです。  買出し、闇屋という言葉は、私が1948年日本に引き揚げたときも残っていました。  闇屋とは、食料品など.. » more
テーマ 満洲

庶民の夢
 1995年、天津で行われた日中友好弁論大会に参加したときのことです。  日本からは、私を含め代表三名でしたが、中国人は20名程が日本語で演説し、上位二名が日本留学というご褒美つきでした。 .. » more
テーマ 満洲

未だ帰らざる孤児
 一人中国から残留邦人又は残留孤児が帰国すると、その人の係累になる人が、関係者として日本に在留資格ができ、入国査証がおります。  その数は多いときで80人位になります。日本の法律では六親等(ふた.. » more
テーマ 満洲

満蒙開拓青年義勇軍
 当時、農村の16才から19才の少年が、満蒙開拓青年義勇軍の名前で、満蒙の僻地で開拓に従事していました。  義勇軍という名前から想像するに、平時は開拓、一旦緩急あるときは銃も取る、屯田兵みたいな.. » more
テーマ 満洲

居留民会
 1946年再開された私達の学校の名前は、日僑俘子弟小中学校でした。  日本人の捕虜の子供の学校という意味です。  私達の正式な身分は捕虜かもしれませんが、通常は居留民と呼んでいました。 .. » more
テーマ 満洲

暴動
 どんな政府でも、政権を取ったら治安維持に務めます。別の言い方をしたら、治安維持が出来て始めて政権を担ったと言える。  恐ろしいのは、軍事政権と軍事政権の交代の狭間です。一瞬無警察無政府の真空時.. » more
テーマ 満洲

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る