誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    吉村昭

吉村昭

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 吉村昭
テーマ「吉村昭」のブログを一覧表示!「吉村昭」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
東京マイペース・ツアー(7)
わざわざ【ゆいの森 あらかわ】図書館を訪れた目的は 館内に併設された【吉村昭記念文学館】を尋ねることでした。 吉村昭は私が最も好きで尊敬している作家の一人であります。 地元荒川区の日暮里.. » more
テーマ 吉村昭

吉村昭の随筆集である。この本の最後に吉村昭の年譜と、著書目録が付いていて吉村昭の全貌を知りたい読者にとっては便利な文庫本である。 この著書目録をみると、膨大な著書である。吉村昭の小説は好きで、よく読.. » more
テーマ 吉村昭

副題に動物小説集とあるが、鰻、闘牛、蛍、鴨、羆、鯉、トド関係する人物とその生態が詳しく書かれているが、それら動物が主題ではなく、この副題には違和感があるが、吉村昭の短編小説を7編集めた短編集である。 .. » more
テーマ 吉村昭

この小説は、太平洋戦争時に日本人として2番目にアメリカ軍の捕虜になったと言う人物を主人公にしたものだ。漁船を改造した哨戒艇の乗組員として赴任した信号兵の中村一等水兵は、その艦で信号長として勤務する。敵.. » more
テーマ 吉村昭

吉村昭の対談集である。対談の相手は沢木耕太郎、久保田正文、和多田進、加賀乙彦、半藤一利、吉行淳之介、色川武大、森まゆみ、城山三郎、饗庭孝男である。 沢木耕太郎との対談では、吉村昭もボクシングを観.. » more
テーマ 吉村昭

吉村昭の随筆集である。大きく「戦争と<私>」「取材ノートから」「社会と<私>」「小説と<私>」に分けている。 表題の「白い遠景」とは著者の戦争時の体験であるところの「終戦前の数ヶ月間は、太陽も、.. » more
テーマ 吉村昭

これは731部隊をモデルにした小説である。部隊長の石井四郎は、ここでは曾根二郎となっている。小説では曾根次郞は京都帝国大学の医学部を卒業した優秀な細菌学の研究者であるが、東京帝国大学医学部卒が学閥を形.. » more
テーマ 吉村昭

この本は丹那トンネルを開通させた物語である。小説というよりドキュメンタリーみたいな形式であり、大半の登場人物は実名とのことだ。 丹那盆地の下を通るトンネルで、この盆地は往古の火口の跡とも、湖の跡とも.. » more
テーマ 吉村昭

吉村昭のエッセイ集である。自身の戦争中の体験記がいくつか収録されている。当時、彼は日暮里にいた。そこで凧上げをしている時に、はじめて東京の空に飛来したドゥリットルのB25を目撃する。そのほか、戦争中の.. » more
テーマ 吉村昭

この小説は巣鴨プリズンの看守を務めたこともある刑務官を主人公にしている。はじめに、40年間の刑務官生活を終えた退職後の生活を描く。川釣りを趣味にして過ごしていた。この穏やかさが刑務官時代の張り詰めた生.. » more
テーマ 吉村昭

吉村昭の短編と随筆を集めた本である。「牛乳瓶」、「弔鐘」、「真昼の花火」、「四十年ぶりの卒業証書」の4編が納められている。 「牛乳瓶」は随筆だが、著者の若い時、すなわち戦前に町にあった牛乳屋が、大手.. » more
テーマ 吉村昭

吉村昭の戦争を題材にした短編集である。「脱出」「焔髪」「鯛の島」「他人の城」「珊瑚礁」の5編が収録されている。 「脱出」は、終戦時にソ連が侵攻した樺太から北海道に脱出した少年の物語である。ソ連の.. » more
テーマ 吉村昭

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る