誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    上杉重邦

上杉重邦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 上杉重邦
テーマ「上杉重邦」のブログを一覧表示!「上杉重邦」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
上杉重邦軍医少佐(戦死時大尉)の戦没地に関する考察を21回にわたり連載してきた。現時点で入手可能な記録を読み解き、幾つかの想定シナリオに基づいてその疑問に迫った。しかしながら、満足できる結論を導き.. » more
テーマ 上杉重邦

連合軍上陸時(昭和19(1944)年4月22日)、ホランジア地区とセンタニ湖周辺にいたおよそ1万5千の日本軍将兵。ホランジアに限っても、把握できているだけでもおよそ2,700名が同地で戦死している.. » more
テーマ 上杉重邦

上杉重邦軍医大尉が、連合軍ホランジア上陸時(昭和19(1944)年4月22日)以降、センタニ湖北岸のコヤブにあった第113兵站病院(通称陣之内兵站病院)へ、何らかの事由で出かけていた可能性は否定で.. » more
テーマ 上杉重邦

連合軍がホランジア(現パプア州の州都ジャヤプラ)に上陸した昭和19(1944)年4月22日。日本を発つ段階での赴任先である第14飛行団司令部附けであれば、おそらくセンタニ飛行場群付近にいたであろう.. » more
テーマ 上杉重邦

『恩田部隊473名(戦闘操縦者を主とし、飛行団司令部を含む)は、ゲニム(注:ゲニェム)に向って行軍を開始した。サルミまでは当然、海岸線を行けば、距離も近く、行軍も楽ではあるが、タナメラ海岸にも敵が.. » more
テーマ 上杉重邦

生きていて長命であったのならば、上杉重国軍医大尉は、昨日8月25日、102歳の誕生日を迎えていたはずだ。34歳の誕生日まであとわずか2週間。岡山医科大学を卒業し日本陸軍軍医となった上杉は、祖国に妻.. » more
テーマ 上杉重邦

上杉重邦軍医大尉が、昭和19(1944)年4月末時点で、おそらくホランジア・センタニ飛行場群地域にいたことは、あてはまらない情報の消去法によって導かれる結論だ。フンボルト湾、そしてタナメラ湾の東西.. » more
テーマ 上杉重邦

終戦のほぼ一年前、昭和19(1944)年8月10日、「ホランジア(現パプア州の州都ジャヤプラ)方面で戦死」とされている第6飛行師団第14飛行団司令部附け軍医の上杉重邦大尉。戦後、一途に父親に関する.. » more
テーマ 上杉重邦

すでに書いたが、三好正之軍医中尉の第36師団(雪部隊)第224連隊従軍記を描いた『戦場の聴診器』(中田整一著・2008年9月15日初版・幻戯書房)によれば、三好中尉は昭和19年1月末、秋津丸で広島.. » more
テーマ 上杉重邦

『小学6年生か中学1年生の頃だったと思いますが、家にあった父からの葉書を読みました。どこから送ったのか、いつ日本に着いたのか今では分かりません。というのも、その後、火事に遭って焼けてしまったのです.. » more
テーマ 上杉重邦

軍医大尉という地位、しかも当時西部ニューギニアの主力航空戦闘部隊であった第14飛行団司令部附け軍医としての赴任だったことを考慮すれば、上杉重邦大尉の戦没地が「ホランジア方面」と記されたことは腑に落.. » more
テーマ 上杉重邦

上杉大尉は明治43(1910)年8月25日広島県生まれ。日華事変(盧溝橋事件)が起きた翌年、国家総動員法が成立した昭和13(1938)年3月、岡山医科大学を卒業。同年6月3日、広島県尾道生まれのビ.. » more
テーマ 上杉重邦

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る