誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    観劇記

観劇記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「観劇記」のブログを一覧表示!「観劇記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「観劇記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「観劇記」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

「テーブルに十三人」@博品館劇場 雨が降っていたので、地下鉄で行って新橋駅から歩きました。出口を間違えなければ、あまり濡れずに歩けますが、足元は少々危ういものがあります。少し早めに着いたせいか、エレベーターにもスムーズに乗れました。途中のレストラン街で降りる人が多かったのも ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「ワンダフルタウン」は2004年にブロードウェイのアル・ハーシュフェルド劇場で観たことがあります。tktsで買ったチケットですが、最前列のセンターでした。主演女優ドナ・マーフィーの歯ぐきまで見える席から、クラシックなミュージカル・コメディを ... » more

アサヒ・アートスクエアは吾妻橋際のアサヒビール本社並びの建物、例の黄金色があるビルの4階。屋上の展示物も含め建物自体がアートとして作られたようで外の階段といい、中のトイレといい、素材やデザインが不思議です。エレベーターで4階に上がり、ドアを ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「ジョアンナ」@シアター1010 シアター1010は北千住駅前の商業ビル11階にある足立区の施設です。千代田線を降りて、階段を上がると、そのビルの地下1階に直結した改札があります。ビルのエレベーターは2ヵ所に3基ずつ。食品売場を通り抜けていきます。商業ビルなので、途中で ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「33の変奏曲」@ル・テアトル銀座 「33の変奏曲」は、この劇場がセゾン劇場という名前だったころから続いている"黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ"の第24弾として選ばれた作品です。ロビーに21世紀に入ってからのポスターが展示されていましたが、残念ながら観た記憶はありません。 ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「月が水面に忍び来るがごとく」@青年座劇場 青年座劇場は代々木八幡駅近くにあります。ふだんは稽古場にしているのかなと思うスペースに舞台装置と椅子を並べ、劇場として使っているようです。開演10分前くらいに着いて、チケットを受け取ると自由席とのこと。満席らしく、補助椅子を運んでい ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「ファンタスティックス」@シアターコクーン 劇場に入ってから携帯の留守電にメッセージが入っているのに気づきました。開演まで時間があったので、ロビーで聞こうと思ったのですが圏外。一階席後ろを出たところにある開ければすぐ外へ出るガラス戸の前に行ってもダメでした。まあ、しかたがあり ... » more

観劇記と読書記「Pal Joey」@青山劇場
「Pal Joey」@青山劇場 開演の15分前に到着。正面に大きな電飾看板が出ています。チケットを受け取りに窓口へ行くと、3つの窓が全部開いていました。出演者受付(一部は入口にテーブルが出ていた)、当日券と関係者受付、団体受付。何の団体かはわかりません。中へ入ると ... » more

落語会です。会場は寄席やホールや劇場ではなく、ライブハウスかパーティスペースのようなものでしょうか。自転車で走りながら、おおまかな見当をつけて、西麻布の交差点あたりから、狭い道狭い道と入って行ったところにありました。六本木のクルマの入ってこ ... » more
テーマ 観劇記 落語

帝劇「エリザベート」は、今年で初演から10年だそうです。宝塚版やウィーンからの来日版も含めて、何度も上演されてきています。私も全部ではありませんが、宝塚版を何通りか観たし、ウィーンのアン・デア・ウィーンでも観ました。 上演を重ねるうちに ... » more

「名探偵ポワロ ブラックコーヒー」@シアター1010 先日の落語会の時は、昼公演だったこともあって、片道24キロを自転車で行きましたが、今回は夜公演。終演が何時なのかもわからないし、暗くなってからだと、いささか走りにくそうにも思えたので、この日は渋谷に自転車を置いて、地下鉄。片道35分くらいで ... » more
テーマ 観劇記 演劇

咳が出たり、ちょっとだるかったりと微妙に風邪っぽい感じでしたが、この日も自転車。体温は、平熱よりほんのちょっと高めなくらいで、体の不快感は電車に乗っているより、自転車で動いている方がマシなようだという判断です。いつもよりもスピードを抑えめに ... » more

「日本人のへそ」@恵比寿・エコー劇場 エコー劇場は客席数たぶん150くらいの小劇場です。貸小屋の時はともかく、これまでに観たテアトルエコーの公演はだいたい満席でした。今回は井上ひさし追悼公演ということもあって、入口にはのポスターには「完売御礼」の札が貼り付けてあり、客席は補 ... » more

「オーマイ ゴッド ウイルス」@東京芸術劇場 中ホール 三宅裕司主宰の劇団スーパー・エキセントリック・シアターの第48回本公演で、ミュージカル・アクション・コメディーと銘打たれています。この日は初日。たぶん、劇団の熱心なファンが集まっていたものと思われます。何か独特の空気がありました。 ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「第六回 千住落語会」@シアター1010 シアター1010は北千住駅前のショッピング・センター・ビルの上の方にある、700席くらいの劇場です。足立区の施設を指定管理者に委託しているという形なのでしょうか。視聴覚室や会議室など一緒にある設備の名称に公立らしさが感じられます。 暑す ... » more
テーマ 観劇記 落語

「55ステップス」@電通四季劇場・海 雨だったので、交通手段は電車です。久しぶりで早い時間の京浜東北線に乗ったのですが、快速電車の停車駅をすっかり忘れていました。東京駅まで行って、山手線で新橋まで戻り、地下道を通って劇場までたどり着いたときには、既に開演していました。悪いタイミ ... » more

「イリアス」が終わったのが3時半くらいだったので、銀河劇場5時開演への移動は、思っていたほど余裕はありません。なんだかんだあって出発できたのは4時前。銀座通りは歩行者天国のため、自転車は走れないので、昭和通りから新橋へ出て、海岸通りを天王洲 ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「イリアス」@ル・テアトル銀座 トロイア戦争の末期を描いたホメロスの叙事詩を舞台化したものです。家に昭和36年刊の筑摩書房世界文学大系「ホメーロス」があって、観る前に読んでみようかと思ったのですが、全集によくある小さな字の三段組みで三百ページくらい。しかも、聖書の創世 ... » more

秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部@新橋演舞場 歌舞伎座が閉館になってから、初めての歌舞伎です。歌舞伎座はすっかり覆われて、建物の形はまったく見えなくなりました。解体に時間をかけるということでしたが、今はどうなっているのでしょうか。 そういうことで、歌舞伎の公演は新橋演舞場に ... » more
テーマ 歌舞伎 観劇記

「父帰る」「地蔵教由来」@アトリエだるま座 劇団だるま座のアトリエ公演です。「父帰る」は菊池寛、「地蔵教由来」は久米正雄の芝居。どちらも百年くらい前の現代劇です。2010年の視点からすると、衣装や人物たちの行動は、実は現代人を描いているマゲものの時代劇よりも、時代がかけ離れているこ ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「赤毛のアン」@劇団四季自由劇場 台風で朝から激しく雨が降っていましたが、夕方の出かけようとした時には止んでいたので、自転車にしました。しかし、東京都は意外に広く、品川を過ぎたあたりでは本降り。念のために持っていた雨合羽を着込み上半身はカバーしましたが、腿から下は雨の直撃を ... » more

開演10分前くらいに着くと、劇場外でキャンセル待ちをしている人がいました。私の席も補助席。小さい椅子なので、長時間はちょっと不安ですが、超満員の人気公演という状況は、それ自体が楽しいものではあります。 「モンティ・パイソン」は東京12チ ... » more
テーマ 観劇記

観劇記と読書記「ペン」@俳優座劇場
暑い日の昼公演でした。自転車のスピードを上げられず、到着はギリギリ。通路際の席だったのは幸いでした。 「ペン」は1956年に発表されたフランスの翻訳劇ですが、時代が近くてもロベール・トマとはまるで違う世界です。主人公は高校の文学教師 ... » more

2008年トニー賞ミュージカル作品賞受賞作の来日公演です。 ハイツとは、マンハッタン北部にあるワシントン・ハイツ。観光コースではないので、行ったことはありませんが、さらに北のクロイスター(メトロポリタン・ミュージアムの別館で、ヨーロッパ ... » more

戦後間もないころに実在した、宝塚歌劇男子部を描いた作品です。今回で三演めということですが、初めて観ました。男子部員を演じるキャストが一新されています。乙女の園である宝塚歌劇に、一時期ですが男子部があったことは聞いたことがあります。彼らが宝塚 ... » more
テーマ 観劇記 宝塚 演劇

開演12時30分なのに、1時間前は渋谷駅のホームにいました。次に来る電車は湘南新宿ラインで与野本町には行きません。しかし、その次まで待つとかなり厳しい時間になりそう。赤羽で乗り継ぎができるだろうと読んで、湘南新宿ラインに乗ることにしました。 ... » more

「W〜ダブル」@ル・テアトル銀座 朝のテレビに主役の中越典子が出ていて、この芝居の話をしていました。テレビを見て、観に来た人もいるかもしれません。しかし、この芝居の話をするのは、なかなか難しいです。冒頭で示される基本設定からして、その通りには受け取っていいものかどうか。 ... » more
テーマ 観劇記 演劇

「アイーダ」@電通四季劇場〔海〕 今日が最終公演のようですが、私が観たのは最終公演が迫ってきた8月下旬です。四季版「アイーダ」はこれで3回目ですが、アイーダは毎回違う人、ラダメスは全部同じ人、アムネリスは初回だけ別の人でした。 前回の観劇記は、こちら。http:// ... » more

「Spicy, Sour, and Sweet」@東京芸術劇場小ホール1 国際児童青少年芸術フェスティバルで立て続けに3回の池袋通いをしましたが、さらにもう一回。この日はコースを変えてみたら、所要時間10分短縮。渋谷や新宿を避けたからでしょうか。会場は、同じ東京芸術劇場小ホールですが、これは全く別のイベントで ... » more
テーマ 観劇記

日記 TSUBUYAKU...『ロックンロール』
8/22(日)観劇『ロックンロール』会場世田谷パブリックシアター作トム・ストッパード演出栗山民也【キャスト】<マックス・モロー>市村正親<エレナ/エズミ>秋山菜津子<ヤン>武田真治<エズミ/アリス>前 ... » more
テーマ 観劇記 演劇

 

最終更新日: 2019/04/25 03:35

「観劇記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る