誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    書評

書評

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 書評
テーマ「書評」のブログを一覧表示!「書評」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
 下村敦史【真実の檻】を読んだ。いわゆる冤罪ものだ。はじめの方から違和感を持ちながら読み進めたが、最後はちゃんと落ちるところに落ちて、まあ良かった、というところ。素直に読めないところは我ながら最近.. » more
テーマ 書評

 ミステリーでありホラーであり、同時にスリラー、サスペンス、アクション小説という側面もある。ノルウェーの作家ジョー・ネスポの刑事ハリー・ホーレのシリーズの第7作目、【スノーマン】を読んだ。.. » more
テーマ 書評

 貴志祐介による「深い感動に包まれた。得がたい才能だ。」という帯の評に釣られて、みなとみらいのTUTAYAで新品を買った。新人作家の【夏をなくした少年たち】。新潮ミステリ大賞受賞作でもある。 .. » more
テーマ 書評

 この暑い夏に寒~いノルウェーの小説を読んだ。ジョー・ネスポという人の【コマドリの賭け】。全世界でシリーズ累計3500万部を越えるというキャッチ、しかもそのシリーズつまり刑事ハリー・ホーレのシリー.. » more
テーマ 書評

7~8月に読んだ本
はい書評を細かく書く時間ないので大雑把に書いときます。 全部は書ききれないから面白かったのだけ ○Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法.. » more
テーマ 書評

 独自に集めた「ゴーリキー傑作選」。話者が男で話の中心が女の四篇が収められている。大平原に遠くに大山脈。空気にまで色が付きそうな原文の自然描写に特徴がありそうなのがわかるくらいに訳文から臭ってくる。ゴ.. » more
テーマ 書評

 24歳年下の恋人との破局を描いた作品。作者は結婚した夫の前妻の息子とできちゃうという本の内容なんかぶっ飛んじゃう経歴の持ち主。解説にもある通り最後の別れのシーンが秀逸かもしれない。私は映像向きなシー.. » more
テーマ 書評

山本博文 「武士の人事」 角川新書
 老中、松平定信が部下に「江戸城内や江戸市中での幕府役人、旗本、町人らの発言や話などを集めさせ」て書き留めた冊子「よしの冊子」を紹介している。写真はないがFRIDAYやThe Sunの記事を読む感じか.. » more
テーマ 書評

 宇佐美まこと【いきぢごく】。この人の特徴は入念な事前調査と資料の読み込み、それと常に故郷である愛媛県、伊予の国を題材とすることだ。わたしのとうになくなった大正生まれの母の名がイヨ(昔の名前付けで.. » more
テーマ 書評

 またまたボストン・テランの作品を読んだ。前にも書いたが特にボストン・テランのファンでは無い。前にも書いたがamazonのリコマンド機能によりおすすめ品として表示されるのでつい買ってしまったのだ。.. » more
テーマ 書評

 なぜかボストン・テランの作品を相次いで3冊買った。1冊目は【音もなく少女は】。そして本作【神は銃弾】が2冊目だ。amazonでひとつ買うと「おすすめ品」という事で同じ作者のものがリコマンド表.. » more
テーマ 書評

 今頃なんで、という本を少しずつ選んで読んでいます。昔のポピュラーな少女漫画の原作によくなった本です。どう考えても男性は脇役で、四姉妹の個性で回っていて、女性が好きになる話だろうなあ。しかし当時の教養.. » more
テーマ 書評

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る