誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    書評

書評

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「書評」のブログを一覧表示!「書評」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
西村京太郎作の十津川警部シリーズの2019年の何作目かに当たる。 中学生の頃には西村京太郎の初期の作品を読んでいたが、 テレビで2時間ドラマの再放送をたまたま見て懐かしくなり、その時の最新刊を読ん.. » more
テーマ 書評

 なぜかボストン・テランの作品を相次いで3冊買った。1冊目は【音もなく少女は】。そして本作【神は銃弾】が2冊目だ。amazonでひとつ買うと「おすすめ品」という事で同じ作者のものがリコマンド表.. » more
テーマ 書評

 この本はとても面白い。オタマジャクシと次のオタマジャクシとの関係、1オクターブごとの関係、ほんのちょっと一般化した話などの本です。  その昔、音源チップや音楽用チップなど恐れ多いどころか姿もなく、.. » more
テーマ 書評

 あくまで個人的趣味である。ボストン・テランという人はアメリカでは高名な作家のようだ。だから、高くは無い評価をしたのは、あくまで個人的好みの問題で、世の中の標準的評価とは大きく異なるのだと思う.. » more
テーマ 書評

 胸くその悪さに、いったん頁を繰る手を止め活字から目を離し、次が読みたくない、よくこんな残酷な事を書けるな、と思いつつも、しばし休み結局は元の頁に戻り、読み進み、気が付いたらほぼ一気読みだ.. » more
テーマ 書評

アーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』の第2巻は、 『こわれた腕環』というタイトルである。 第1巻『影との戦い』をご紹介した際、 少年少女文学の範疇を大きく超えていると申し上げたこと.. » more
テーマ 書評

 アメリカ探偵作家クラブ生涯功労賞を受賞したロバート・グレイスという人の、犬と人間の”絆”を描いたサスペンス【容疑者】を読んだ。  アフガニスタンで爆発物探知犬として役についていたマギー、メ.. » more
テーマ 書評

=小説家で詩人の滝川寛之による書評シリーズ= 書評 @小路幸也さんの「テレビ探偵」は”ポップンロールステーション”  ”やられたっ!” これが私の第一声としてあった。そして、ちょうどあの頃.. » more
テーマ 書評

=小説家で詩人の滝川寛之による書評シリーズ= 書評 @大沢在昌「帰去来」は壮大なSFサスペンス  大沢在昌さんと言えば、私個人的には「流れ星の冬(https://amzn.to/2QBxn.. » more
テーマ 書評

邪推…
米国は、新たにF15を調達するそうですが、これを聞いて…ああ、やはり、中国と戦争する気なんだなぁ…と、思ったのは、私だけでしょうか?…たぶん…。 中国軍を駆逐せよ! ゴースト・フリート出撃.. » more
テーマ 書評

 宇佐美まこと【少女たちは夜歩く】は、地方小都市松山の市街地の真ん中にシンボルのように存在する、まさに本書での表現「お椀を伏せたような」丸く小高い山、松山城を擁するので地元では「城山」と呼ばれ.. » more
テーマ 書評

 使い古された表現、人類最古の職業の話。ただ現代のそころじゅうでの話。昔から神殿や寺などで巫女などが神聖な行為におよぶという話は多いが、今現代でも行われているという所があるのはちょっと考えさせられる。.. » more
テーマ 書評

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る