誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    6T9 CSPPアンプ

6T9 CSPPアンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 6T9 CSPPアンプ
テーマ「6T9 CSPPアンプ」のブログを一覧表示!「6T9 CSPPアンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
6T9 CSPPアンプ・完成
それはバーチャルCSPPアンプの設計から始まった。手持ちの真空管に6T9があったので、これで設計することにした。 6T9はコンパクトロン管で、6AQ5A相当の5極管と6AV6相当の3.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

NFBをかけることにし、2KΩの抵抗を接続。NFB量は6dBとなった。 諸特性を上記に示す。周波数特性は-3dBが92KHz~97KHz。残留ノイズは0.08mVまで低下。DFは10まで増加。 .. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

6T9 CSPPアンプはAC220Vの配線を手直しした。その後、回路図を印刷して配線チェックを行う。 ミスは無いようなので、真空管を挿さずに電源投入して+B/+B1の電圧を確認。それぞれ305V.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

6T9 CSPPアンプの配線を進める。なにしろ皮むきをした後に撚って予備ハンダをしているから手間がかかる。でも趣味だから納期は無いし、確実なハンダ付けが確実な動作につながるはず。 まずOPT.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

シャーシの塗装が乾いたかどうかわからないけど、組み立てを始めた。塗装を傷つけないように気を使う。 パーツが付いたシャーシ内部。ネジやナットを締める時に干渉しないように注意してレイアウトし.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

6T9 CSPPアンプはシャーシの塗装が乾くまでにできる組み立て準備などをしている。 これはGND配線図。6T9のヒーターの片側はGNDに接続されるのでGNDといえるが書き込んではいない.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

次の日は風が収まっていたので仕上げのクリアを1回吹いた。簡易焼付塗装後にマスキングした紙を剥がし、再度簡易焼付塗装を行って塗装工程が完了。 翌日にシャーシと裏蓋の磨きを行った。まだ早い気がす.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

6T9 CSPPアンプのシャーシと裏蓋の塗装を始めた。まず仮組みを解体。 罫書き線をリューターにつけたペーパーコーンで削って消す。浴室で#400のペーパーで水研ぎ。ガスレンジで乾かした後、広告紙.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

6T9 CSPPアンプの裏蓋を作った。東急ハンズでアルミ板を指定寸法にカットしてもらい、穴開けは自分で行った。 アルミ板には保護用のビニールが無いので養生テープで保護した。これで全てのシャー.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

メンドウなシャーシ加工を終わらせた。作業量を考えれば、これが完了すれば半分できたのと同じかもしれない。アルミシャーシの厚みは1.5mmで、これくらいが加工しやすくて補強なしで強度が保てるレベルだと思う.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

もう片チャンネル分のアンプ部平ラグ基板を作成した。入力部が電源トランスに近くなるのを避けるため、パーツの配置を左右逆転している。 シャーシ加工図を印刷してパーツの干渉が無いかどうかを確認している.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

歪率特性において1W付近でいったん歪率が下がる傾向があったので、6T9の相性か、あるいは回路によるものなのか調べてみた。 別の6T9を用意し歪率特性を測定したのが上記のグラフ。程度の差は.. » more
テーマ 6T9 CSPPアンプ

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る