誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    臨終行儀

臨終行儀

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 臨終行儀
テーマ「臨終行儀」のブログを一覧表示!「臨終行儀」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
臨床宗教師
前回、ターミナルケアについてお話しました。終末期の患者の精神的苦痛を緩和・軽減するのは、医療関係者だけでは限界があります。宗教者の助けが必要になります。 そうした、専門家として、臨床宗教.. » more
テーマ 臨終行儀

ターミナルケアと臨終行儀
現在、医療の中心は、いかに病気を治療し、長生きをさせることです。ただ、余命わずかな患者に対して、こうした治療だけでは対応できません。そのため、こうした患者に対して、身体的苦痛や精神的苦痛を緩和.. » more
テーマ 臨終行儀

臨終用心2
前回に続き、『臨終用心』をご紹介します。前回お話した以外に、おもしろいポイントを挙げさせていただきます。 まず、病人の耳や口へ声高に念仏を吹き入れることを禁止しています。また、病人の前で.. » more
テーマ 臨終行儀

臨終用心
『臨終用心』は、可円さん選集で、1780年に発行されています。 臨終行儀が盛んであった平安・鎌倉時代から、だいぶ時代が下がります。そのため、内容は、宗教的・儀式的なものから、実務的なもの.. » more
テーマ 臨終行儀

臨終正念訣2
前回に続き、『臨終正念訣』の4つの問答です。 第2の問いは、医療と薬です。答えは、医療・薬は病気には効くが、寿命には利かないというものです。ただし、病人が望めば、医療・薬を否定してはいま.. » more
テーマ 臨終行儀

臨終正念訣
中国の臨終行儀を扱った経典で、最も古いものの一つとして、『臨終正念訣』が挙げられます。日本の臨終行儀に大きな影響を与えました。以前、善導さん(613-681年)が作者とされていましたが、現在で.. » more
テーマ 臨終行儀

二十五三昧会
源信さんが中心となって始まった二十五三昧会は、以前お話ししましたように極楽浄土を目指す体育会です。 もう少し緩いサークルである勧学会を始めた慶滋保胤さんが、出家して、この二十五三昧会に参.. » more
テーマ 臨終行儀

末期の水
末期の水(まつごのみず)とは、息を引きとった個人の口元に水を潤す儀式です。宗派を問わず、日本のお葬式で古くからある慣習で、以前は臨終の間際に行われていました。その意味ですが、のどを潤して安らか.. » more
テーマ 臨終行儀

善知識
臨終行儀で重要なのは、仏道に通じ、臨終者を教導する善知識と呼ばれるエキスパートです。 真言密教の高僧覚鑁さんは、密教を取り入れた善知識の役割を説いています。覚鑁さんによれば、5人の善知識.. » more
テーマ 臨終行儀

『往生要集』には、詳細な臨終行儀が述べられています。 作者源信さんは、善導さん等、様々な先学の意見を紹介しながら、説明がなされています。その中には、看病者の心得も記されていますので、現在.. » more
テーマ 臨終行儀

極楽浄土と即身成仏
これまで、2回、臨終行儀と密教の関係についてお話してきました。 臨終行儀は、極楽浄土に行くための作法です。一般の人々にとって、この世では、成仏することが不可能なので、極楽浄土で成仏を目指.. » more
テーマ 臨終行儀

臨終行儀と密教2
前回に続き、臨終行儀と密教の関係です。ジャクリーン・I・ストーン氏によると、密教の真言や陀羅尼には悪害や業の妨げを除去する効果があると考えられていたため、臨終において観想的な面と呪術的な面の両.. » more
テーマ 臨終行儀

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る