誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    塗絵

塗絵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 塗絵
テーマ「塗絵」のブログを一覧表示!「塗絵」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
農家の庭
クリムト塗絵3枚目。 今回は植物画です{%鉢植えwebry%} 勢いに任せて描いているように見える所でも、花びらや葉の表裏などを表現していて流石だな~と思いました(なぜか上から目線) 実.. » more
テーマ 塗絵

クリムト塗絵その2。 正月からずっと塗っていました。 前回の塗絵よりシンプルな絵だと思ったんですが、やっぱり結構時間がかかりました{%がっかりwebry%} でも薄い色の塗り方や、白の表現な.. » more
テーマ 塗絵

エミリー・フレーゲの肖像
クリムト塗絵その1。 帰省中ずっと塗っていたものです。 源氏物語の塗絵が終わったので、次はこれです。 前々からクリムトは気になっていたのですが、実物は見たことがありません{%がっかりwebr.. » more
テーマ 塗絵

浮舟
源氏塗絵20枚目。 「匂の宮は無理に機会を作って宇治を訪れた。今度は家来の時方に手配させた川向こうの家に浮舟を連れ出す計画である。宮が浮舟を抱いて舟に乗ると、浮舟は心細さに宮に寄り添って来る。船.. » more
テーマ 塗絵

橋姫
源氏塗絵19枚目。 「宇治山の阿闍梨から八の宮の噂を聞き、宮の高徳に魅せられた薫は、以後しばしば宇治の八の宮を訪ねるようになる。ある秋の末、八の宮が四季の念仏のために山寺に籠っている間、薫は久し.. » more
テーマ 塗絵

鈴虫
源氏塗絵18枚目。 「源氏が冷泉院を退出して秋好中宮のもとを訪ねると、中宮は母六条御息所のことなどを話し出されて、それとなく尼になりたい気持をお伝えになる。源氏は中宮の志を諌めつつも、その気持を.. » more
テーマ 塗絵

若菜上
源氏塗絵17枚目。 「三月のうららかな日、六条院では若君達が蹴鞠を楽しんでいた。女三の宮が御簾のそばでそれを見ておられると、偶然小さな唐猫が走り出た拍子に、猫の綱で御簾が引き開けられてしまった。.. » more
テーマ 塗絵

梅枝
源氏塗絵16枚目。 「源氏は六条院の女君たちにも薫物の調合を依頼していたが、螢兵部卿の宮が来られたのを機に、それらを試みに焚いてみることになった。源氏自身の二種の薫物も、壺に入れて遣水の際に埋め.. » more
テーマ 塗絵

槙柱
源氏塗絵15枚目。 「玉鬘を得た髭黒の大将は、北の方の嘆きもよそに新しい妻を熱愛した。今夜も玉鬘のもとを訪れようと外出の用意をしていると、北の方も夫の外出の衣装に香を焚きしめたりしていたが、急に.. » more
テーマ 塗絵

藤袴
源氏塗絵14枚目。 「玉鬘が大宮の喪に服していると、そこへ夕霧が源氏の使者として来訪した。夕霧は今まで姉として玉鬘に好意を寄せてきたが、そうでないことを知った今は平静ではいられなくなっている。夕.. » more
テーマ 塗絵

野分
源氏塗絵13枚目。 「秋の強風が吹き荒れたあと、源氏は秋好中宮を見舞ってから明石の上のもとを訪れる。ここは頼りになる家司もおらず、童女たちが庭の草花を整えていた。部屋の中では明石の上が几帳の陰で.. » more
テーマ 塗絵

初音
源氏塗絵12枚目。 「正月を迎えた六条院は、平穏な春の風情に満ちあふれている。源氏は次々と六条院の女君たちを訪ね、夕方になって西北の御殿の明石の上のもとを訪ねた。渡殿の戸口を開くなり、御簾の中か.. » more
テーマ 塗絵

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る