誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    詩歌

詩歌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「詩歌」のブログを一覧表示!「詩歌」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「詩歌」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

政界に赤潮の湧くならい吹け(2018年7月2日・俳句ポスト365、兼題=赤潮、「よしあきくん一期一会の一句」第六位)「よしあきくん一期一会の一句!」とは初めて。いいのか悪いのか分からないが、自分勝手に前向きに「並」よりは一歩前進とと ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

「とにかく新基地は造らせない。でも、もし万策尽きたら、その時は2人で座り込もうな」沖縄県の翁長雄志知事は知事当選を果たした夜、自宅に戻って晩酌を傾けながら妻にこう語ったという。証言したのは、その翁長知事の妻・樹子夫人。(2016年1月8 ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

しゃぼん玉こわれ急ぎし友一人 しゃぼん玉こわれ急ぎし友思ふ(2018年3月1日・俳句ポスト365、「並」)俳都・松山市が主催する「ネット句会」とでも言うのだろうか?かの夏井いつきもかかわっている「俳句ポスト365」に応募してみた。結果は・・・恥ずかしながら惨敗! ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

なつぞら。 あおいあおい。なつのそら。日本中、どこへでも。ゆける。どこからでも。きっと見える。つながっているんだね。あついあつい。きっとどこかで。君もそう言っているんだね。 ... » more
テーマ 詩歌 from携帯

みだれさみだれ。 昨日、月曜日。朝からずっと気が重かった。午前、昼と精神安定剤を要した。手足もだるかった。仕事も著しく集中を欠いた。週の初めだから仕方がない。夜、ここが踏ん張り時とジムには行った。普段より軽い運動しか出来なかったが ... » more
テーマ 詩歌 エッセイ・創作

すみれ、すみれ、すみれって…。 すみれすみれひそか路傍に小さく強く朴訥にして君子を見たり―道端のなんでもない隙間に、ぽつりと咲いていたりする。その多くは貧弱な株に、高貴な紫紺の小さな花。ものも言わず、与えられた運命の地で生を全うする君子を見 ... » more
テーマ 園芸 詩歌 季節感

寒戻り春の遠のく震災忌三寒四温は春の躊躇い(2017年3月20日付・毎日新聞・毎日歌壇=伊藤一彦・選)なんかちょっと説明調でいやだな、と、詠んだ本人も首をかしげたくなり納得がいっていない。推敲不足だった。それでも拾ってくれた伊藤一彦 ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

さくらんぼ咲く。 さくらんぼが咲き始めた。3/12日曜に開花を確認。撮影は翌3/13の夕刻。春よこいこい。花よ咲け咲け。誰がために。ただ君がため。花のいのちは短くて、昨日のことさえ、はや夢のよう。花のい ... » more
テーマ 園芸 詩歌 季節感

たんぽぽ。 たんぽぽ見つけたこんなの1年中いつだってどこにでも咲いている踏みつけられるのに慣れて背が低くなって地面にへばりつくように咲いている庭でみつけたならばいつもなら根っこまで掘り取ってしまうけれど ... » more
テーマ 詩歌 季節感

No.987 世代を結ぶ歌姫・山口采希(あやき)さん 采希さんの歌う「愛国行進曲」に、じいちゃんは自分の「青春の曲や」と一緒に歌い出した。■転送歓迎■ H28.01.29 ■ 49,444 Copies ■ 4,302,350Views■■1.「会いたいよ……会いたいよ」 ... » more
テーマ Common Sense 詩歌 共同体と日本の国柄

Wing2639 皇太子殿下の水の御歌 本年の歌会始の御題は「野」で、皇太子殿下は次の御歌を詠まれた。__________岩かげにしたたり落つる山の水大河となりて野を流れゆく皇太子殿下には、平成二十年五月に山梨県甲州市の笠取(かさとり)山に登られ、東京都 ... » more
テーマ 詩歌 皇室の祈り(平成) 環境保全

人は皆遠き浄土を求めども醒めぬ夢なし風は冷たしぽかぽか陽だまりの中犬になりたしなし遂げぬままに流され失いしミケランジェロが天使のピース君の腕の中猫になりたし虚しくて内の隅なる底 ... » more
テーマ 詩歌

Turf-Runner 馬のち花、ときどき犬(仮)
道 すべての道はすべての道はローマに通ずというけれどこの道あの道昨日来た道明日見える道まわり道まがり道ひとすじの道交差する道わかれ道ここであなたとすれ違い道はひとつにやがてまた ... » more
テーマ 詩歌

H.C. ホットコーヒーホットコーヒーと秋の風静かにまた残酷にゆきつ戻りつ時ははかなく通り過ぐこんな夜にはホットコーヒー台風去りぬされどいまだ雲は厚くひやり秋の風静けさに虫の声ぬ ... » more
テーマ 詩歌

軍備より外交力の抑止力(2016年8月20日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)「平和の俳句」に入選したとのことで掲載誌が届いたが、俳句と言うよりは標語みたいで、ちと恥ずかしい。「平和の俳句」には、決まりはない。一行の「詩」になって ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ(2016年8月14日付・東京新聞・東京歌壇=東直子・選)私の母はすぐ下の弟をニューギニアで亡くしていた。私が小学生だった頃、「お腹すいた。何かない?」とおやつをねだると、 ... » more

燻りを戦火となすな春驟雨(2016年6月4日付、中日新聞静岡県版・平和の俳句)・・・「春驟雨」なんて言葉を使っているところを見ると春先に作った五目並べなのだろう。大分季節はずれとなってしまった。作った本人も忘れていたが、投稿先のローカル紙か ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

忘れまじ!故郷(くに)追われ山河も喪失原発禍(2016年5月7日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)原爆も原発も何ら変わりはない。「平和利用」なんて言葉は原発の利権を貪る奴らが「原爆」よりも聞こえを良くするために無理やり当てはめた言葉に ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

『あふれるひかり』 刎頚の友の第四歌集。北冬舎。装丁、ブックデザインが大好評です(笑)。http://hokutousya.jimdo.com ... » more

ある晴れた日に第364回今朝、死体を見た。滑川の橋の下の魚たちが大好きな窪みの上でそれは、冷たい水に浸かっていた。 昨日白鷺の夫婦が、長い首をつんつん動かしながらぎくしゃく歩いていた小さな川に蒼ざめ ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第363回市の花に野菊を選ぶ神奈川の大和の人はうるわしきかなあの病院はお前の肩を「かしわ」のように刻みやがってと祖父言えり二度までも自転車を盗まれし少年の暗き心を思いみるべし真黒な写 ... » more
テーマ 日記 短歌 詩歌

星に願いを。数多の星を並べたとて、太陽ひとつに敵いやしまい。科学の進歩。台風ひとつに敵いやしまい。ここが痛い、どこが痛い。けれど、結局。心の痛みに敵いやしない。 ... » more
テーマ 詩歌 エッセイ・創作

すべての人は通り過ぎてゆく如月の歌
シェークスピア風ソネットの試み〜これでも詩かよ第168番ある晴れた日に第362回現代の詩人が作る現代詩のほとんどが、いわゆる「自由詩」というやつだ。しかしおいらには、その自由詩の詩形がいかにも無秩序かつ胡乱なもの ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第361回&照る日曇る日第845回詩集を贈呈された者は、けっして古本屋に売ってはならない。贈呈した詩人が、回り回って手にすることがあるからだ。のみならず、それが詩に書かれて、一生物笑いの種にされるこ ... » more
テーマ 詩歌 書評 読書

蝶人五風十雨録第9回「十二月三十日」の巻―そんな私のここだけの話 op.2241981年12月30日水曜妻は扁桃腺が腫れているがおせちづくりに忙しい。長男次男は少し風邪気味なり。1982年12月30日木曜 ... » more

蝶人五風十雨録第9回「十二月三十日」の巻―そんな私のここだけの話 op.2241981年12月30日水曜妻は扁桃腺が腫れているがおせちづくりに忙しい。長男次男は少し風邪気味なり。1982年12月30日木曜 ... » more

蝶人五風十雨録第10回「一月三十日」の巻―そんな私のここだけの話 op.2251981年1月30日金曜夕方サンフランシスコ発JAL001便にて成田着。重い荷物をポーターに運ばせタクシーで鎌倉まで。やれやれと一安心 ... » more

すべての人は通り過ぎてゆく朝の歌
音楽千夜一夜第357回&バガテル―そんな私のここだけの話 op.223「朝の歌」といえば、まずはいまNHKの朝ドラでやっている「あさが来た」の主題歌でしょうか。AKB48が歌う「365日の紙飛行機」は、副田高行さんの ... » more

ある晴れた日に第360回西暦二〇一六年一月二日鎌倉の在に親戚十七名が勢ぞろいそのうち五人が小さな子供うららかな光のどけきお庭の中で臼と杵とでぺったんぺったんお餅付き大人も子供もお餅付きつき ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第359回なにゆえに急にエアコンが停まってしまうしばらくは自分を暖めているらしなにゆえに子供はあんなに元気に走って騒ぐまだ誰も挫折を知らないなにゆえに老人はとぼとぼ歩いてる心ゆくまで悔ゆるため ... » more
テーマ 日記 短歌 詩歌

 

最終更新日: 2018/07/12 17:20

「詩歌」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る