誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    お話

お話

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: お話
テーマ「お話」のブログを一覧表示!「お話」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
究極の完全犯罪 その25
 俺は3000円を渡すと、ちょっと不満そうな顔をしたけれど、目が笑っていた。 「さっきの回収の兄ちゃんは、北本や塚本とは全然関係ないのやで。もう一人の兄ちゃんと、それに事務所にいる可愛いお姉.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その24
 サトさんが笑っている。ハローワークのある所は官庁の出先機関が集まっている。家裁もその一つだ。怖いもの知らずの疾風であっても、法を守る裁判所の人達が利用する店は、本当は敬遠したいところなのだが.. » more
テーマ お話

 元会社の女子社員は辞めると話していたけれど、会社を自分のためだけに利用しようとする人間にとって、将来の会社のことなんて爪の先程も考えていない。それを察知して社員たちは沈む船から逃れようとする.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その22
 洋一らの農業ボランティアから一月ほどが経った。お昼のニュースを見ながら昼ご飯を食べていると、H病院の副事務長が病院の駐車場の車の中で死んでいるのが見つかり、警察は殺人事件と断定して捜査してい.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その21
 単車の爆音で目が醒めた。まだ6時半だ。爺ちゃんが朝から作業する畑の地図を各自に渡し、洋一の婆さんがお茶とお握りをみんなに手渡した。 「じゃ、お願いするけど、くれぐれも怪我をしないようにね、.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その18
 それから1時間半が経過した。俺は会社の表にまわった。表門の社員通用門が開いた。塚田が出てきた。出たとたん唾を吐いた。そして鉄の扉を思いきり蹴飛ばした。あれじゃ靴の踵が壊れたに違いない。詳細は分か.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その17
「あの運転手は土曜日の朝、外れの空き地にトラックを止めて空き缶を集めている運転手なんだよ。あいつはね、量りに細工をして重量を1割5分も誤魔化しているんだよ。こっちで量って持って行くと、いちゃもんを.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その16
「オラオラ、ホームレスが恐喝か。ふん、疾風にケンカを売るとは大したものだ。え、この落としまえ、どうつけるんだ」  疾風と聞いて鼠男達はすごすごと引き上げてしまった。お姉さんは北本が出てきた時には.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その15
 北本の調査のついでに課長の家のことも探ろうと思ったのが幸いした。課長の家は幽霊タウンの3つ手前の駅の小さい戸建てが建て込んだ一角にあった。少し離れたところを自転車で行き来して様子を伺った。二.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その14
 幽霊タウンに住みついて5年になるお姉さんはここに住んでいる身内のことや、時おりホームレスなんかがやってきて住みつくことなどを話してくれた。冷暖房や風呂のエネルギーはすべて電気で賄うという優雅なも.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その13
 車が去ってから10分ほどして俺は北本の部屋の裏に回った。やっつける相手のことは生活習慣や行動まで把握していなければ、思わぬ所で足を掬われるからだ。洗濯物などが干してあったら、シャツ一枚で暮ら.. » more
テーマ お話

究極の完全犯罪 その12
 急いでホームへの階段を駆け上がった。そしてホームにある安床屋に飛び込み、丸坊主に、と注文した。バリカンで刈ってもらっている間ホームの様子を注視した。誰かは誰だか分からないが、感覚で分かる。相.. » more
テーマ お話

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る