誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    七十二候

七十二候

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「七十二候」のブログを一覧表示!「七十二候」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「七十二候」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「七十二候」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。世間では十連休が終わりを迎えるようだ。あちこちへせっせと遊んできた人たちは、今頃どっと疲れが来ているのではないだろうか。確かに、爽やかな気候に日々が続く今の季節は、人がす ... » more

穀雨の末候“(ぼたんはなさく)”である。新緑の皐月五月が始まった。しつこくしつこく何度も書くが、一年のうちで一番に好きな季節である。若葉は眼に優しいし、気候は少し汗ばみはするものの、ほどほどに空気も乾燥して爽やかに行 ... » more

穀雨の次候“霜止出苗(しもやんでなえいずる)”である。4月に入った瞬間に、花冷えが何日も続いた。駐車場の車の屋根には白い霜がびっしりと降りて寒さを物語っていたのだ。我が家から一番近い府中アメダスの最低気温は、連日1度とか2度 ... » more
テーマ 七十二候 天気

穀雨の初候“葭始生(あしはじめてしょうず)”である。田んぼは雪解け水で満たされ、代掻きが始まるのももう間もなくのことだろう。米作りには多くの水を必要としているから、桜が散り切ったこの時期に降る雨もまた重要なのだと古の ... » more

清明の末候“虹始見(にじはじめてあらわるる)”である。尾瀬ヶ原では“白い虹”が見られるという。大学時代の夏休み2年間を尾瀬ヶ原の山小屋でアルバイトしたが、一度も白い虹を見ることはなかった。たぶんおそらく、中田代あたりでは見ら ... » more

清明の次候“鴻鴈北(こうがんかえる)”である。ぼちぼちツバメが飛来してくる頃だろうか。とはいうものの、気のせいか我が家の周囲で飛ぶツバメの数は少ないと感じる。高校まで住んでいた北関東の小都市には、ツバメが飛び交っていたよ ... » more
テーマ 七十二候

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。ここまで来れば“春”である。たまには肌寒い日もあったりするが、厚い上着に別れを告げても大丈夫になってきた。この時期、段階的に少しずつ冬物衣料を片付け始めて、夏に向かって“衣 ... » more

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。とうとう3月が終わる……一年の四分の一が過ぎてしまった。一度は書いたかもしれないが、夏が終わって秋から冬へと向かうのは坂を下っているような感じになる。逆に冬が ... » more
テーマ 七十二候 天気

春分の次候“桜始開(さくらはじめてひらく)”である。桜が咲いた……春や春!である。日によっては寒い時もあるだろうがここまで来れば春なのだ。我が家の周囲には桜の木々が多く、桜並木もあれば、用水の両岸に桜が連なっていたり ... » more
テーマ 七十二候

変話§雀始巣〜七十二候〜春分 春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。春分を迎えた。昼と夜が同じ12時間ずつになるのが春分だと言われているが、実は4日早い17日(赤ライン)がその日にあたっている。今日(グレーライン)は既に昼のほうが長 ... » more

啓蟄の末候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。啓蟄も終わり、来週には春分がやって来る。東京では、2月も半ばを過ぎた頃から急速に暖かさが増してきたように思う。去年の同じ時期だったら、厚めの上着で外出していたところを、 ... » more
テーマ 七十二候 天気

啓蟄の次候“桃始笑(ももはじめてさく)”である。あと10日で春分である。ここ数年の東京の3月11日の気温を見たが、見事にバラバラで、最高気温が15度を超えたこともあれば、最低気温が氷点下まで下がることもあった。いずれ ... » more
テーマ 七十二候 天気

啓蟄の初候“蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)”である。啓蟄がやって来て、ようやく春めいてきたような心持ちになった気がする。家から見えるコブシの綿帽子も、ずいぶんとふくらんできているが、去年コブシが開花したのは3月7日のこと ... » more

雨水の末候“草木萠動(そうもくめばえいずる)”である。ついこの間に新年を寿いだと思ったら、あっという間に2月が終わってしまった。今日は弥生三月である。3月になっても春気分にならない。春分になってもセーターが手離せない ... » more
テーマ 七十二候 日常

雨水の次候“霞始靆(かすみはじめてたなびく)”である。雨水とはあるが、少なくとも2月一杯の多摩丘陵は降雪要注意なのである。南岸低気圧が通過するようであれば、雪が降るのは必定で、それにしても、ピンポイントで雪が降るよう ... » more
テーマ 鉄道 七十二候

雨水の初候“土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)”である。雨水だからといって油断は禁物である。去年や3年前には、東京で雪が降っている。だから“もうすぐ三月”というのも、安心材料と言うことは、とてもできないのだ。せい ... » more

立春の末候“魚上氷(うおこおりをいずる)”である。立春も末候となったが、相変わらず寒い。日の出時刻もずいぶん早くなってくれたおかげで、6時過ぎには明るくなり始めている。そんな時間に出勤をする人たちは、当然ながらバ ... » more
テーマ 電車 七十二候

立春の次候“黄鶯睍v(うぐいすなく)”である。太陽が少しずつ高度を増しているようだ。毎週金曜日の夕方16時半過ぎ、脱原発の国会前抗議行動に向かうべく、最寄駅ホームの同じ場所に立つと、前の週には直射日光にさらされ ... » more

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。あけましておめでとうございます……旧暦の新年ということですね。そして、この一年の頭文字は“変”で続けます。この日、日の出は6時39分で日の入は17時11分で、12月初 ... » more

大寒の末候“鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)”である。七十二候の一年も大寒の末候で終了。次の候が新年となる。毎年書いていると思うことだが、立春を迎えても春という気分になるわけではない。凍えるような寒さの日々だし、東京 ... » more
テーマ 七十二候 大寒

継話§水沢腹堅〜七十二候〜大寒 大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。つい先日、湿度と雪の関係について知る機会があった。湿度が低いと高めの気温でも降雪となり、湿度が高かったら気温が低くても雪にはならないということだ。例えば気温4 ... » more
テーマ 七十二候 天気

大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。そして大寒である。ここから2月一杯が寒さ厳しき時期なのである。朝方に外を出歩くことがほとんどなくなってしまったので、この寒さの中、霜柱を踏んで歩く機会もない今なのだ。 ... » more

小寒の末候“雉始雊(きじはじめてなく)”である。個人的には冬至さえ越えれば春への階段を上り始めたと考えている。少しずつ日も長くなったので、気分のほうも上り調子へと転じていきつつあるとも思っている。もちろ ... » more
テーマ 七十二候

小寒の次候“水泉動(しみずあたたかをふくむ)”である。七十二候の候名称だが、冬至の頃から春らしくなっていることに気づかされる。雪の下に麦の芽が出ていたり、芹が生え始めたり、そして水が温かいと感じたり。古の人たちは、冬 ... » more
テーマ 七十二候 日常

小寒の初候“芹乃栄(せりすなわちさかう)”である。二十四節気の小寒と、続く大寒でもって七十二候の一年が終わる。季節の暦は立春に始まるのだ。いよいよ一年の中でも一番に寒い時期となる。ちなみに、2015年から去年まで4年 ... » more

冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。考えるまでもなく、冬至が冬の真ん中に位置していて、それを過ぎれば春が近づくという……世の習いである。もっとも、寒さの底はこの先2か月くらい続くことになるので、日没 ... » more

冬至の次候“麋角解(さわしかのつのおちる)”である。定年した年の年末年始までは12月28日から1月4日の8日間を、短い日記風にまとめていたが、2016年からは“どうせ似たようなもの”とやめることにして“備忘録的なるもの”に年 ... » more

冬至の初候“乃東生(なつかれくさしょうず)”である。今日は冬至。日の出は6時48分、日没は16時33分……日の出はこの先もう少し遅くなるが、日没時刻は既に遅くなり始めた。世間は、年明け前から春へと向かっていくのだ。前 ... » more

大雪の末候“鱖魚群(さけのうおむらがる)”である。穏やかといえば穏やかということだが、平年よりも暖かい日々の多い12月が続いている。12月初旬にはスキー場開きするはずが、人工降雪マシーンを使って、辛うじ ... » more
テーマ 七十二候 天気

大雪の次候“熊蟄穴(くまあなにこもる)”である。我が家には日めくり暦はないが、それを掛けている家の人は、暦の薄さをしみじみと感じていることだろう。残る暦も20枚を切ったのだ。12月という押し詰まった時間ゆえに、どうしても ... » more

 

最終更新日: 2019/05/06 10:38

「七十二候」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る