誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    異文化

異文化

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 異文化
テーマ「異文化」のブログを一覧表示!「異文化」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
海外ドラマで英語学習
書店で『海外ドラマ英和辞典』(南谷三世著、KADOKAWA)という新刊を発見しました。『リアルな英語の9割は海外ドラマで学べる!』と同じ著者による書籍です。 海外ドラマは実際、英語・英会話を学ぶ.. » more
テーマ 異文化

通訳学校ではバイブル的な存在で、「覚える辞典」として単語帳的に使うものに『ジャンル別 トレンド日米表現辞典』(小学館)があります。 私自身もこれを覚えては忘れ、忘れては覚えるという繰り返しをして.. » more
テーマ 異文化

最強の生英語リスニング
CMというのはありとあらゆる話題が提供されるうえ、1本あたりも短いので、英語を勉強していくうえでかなり良い素材です。 その意味で貴重なのが、アルクから出ている『AFN最強の生英語リスニング―スポ.. » more
テーマ 異文化

仏英辞典
フランス語の辞書も新しくしました。 以前から愛用(というほど最近は使用頻度は高くないかもしれません・・・)している『プチ・ロワイヤル仏和辞典』と『プチ・ロワイヤル和仏辞典』です。両方とも2010.. » more
テーマ 異文化

英英辞典の比較
久しぶりに英英辞典を購入しました。 手持ちのロングマン("Longman Dictionary of Contemporary English")も気に入っていますが、少し古くなってきたのと、比.. » more
テーマ 異文化

韓国語入門
社会人になりたてのころ、尊敬していた先輩が「何十か国語で『こんにちは』と『ありがとう』を言える」と言っていたのですが、その大切さと有効性が理解できるようになったのはつい最近のことです。 どこの国.. » more
テーマ 異文化

「私の『ふつう』は、誰かの『ありえない』」という副題があるように、自分では当たり前だと思っていることが、他の人にとってはあり得ないことがあります。 『開幕!世界あたりまえ会議』(斗鬼正一著、ワニ.. » more
テーマ 異文化

ネイティブの感覚
「和訳は英語をわからなくする」 英会話教室で、私は常に「日本語で考えず、英語のままとらえてください」といいます。どんなに英語が苦手でも、学校教育で英語に触れた方は、アプローチを変えるとだいぶ英語.. » more
テーマ 異文化

「空気」の研究
『「空気」の研究』(山本七平著、文春文庫)という本が以前から気になっていたのですが、なかなか手にすることはありませんでした。 この度、少し大きめの文字で新装版が発売されたのを目にしたので、思い切.. » more
テーマ 異文化

読む辞書
友人に教えてもらったのをきっかけに、『日英語表現辞典』(最所フミ編著、ちくま学芸文庫)を少しずつ読み進めています。 話題というだけあって、書店に行った時には最後の一冊でした。横に並んでいた同じ著.. » more
テーマ 異文化

辞書の使い方
学習用の英和辞典・和英辞典を新調しました。 『ウィズダム英和辞典』(三省堂)と『ウィズダム和英辞典』(三省堂)です。 辞書について誤解があるとよく感じるのは、辞書には和訳、英訳が載っている.. » more
テーマ 異文化

「Turkey(七面鳥)はトルコではない!Chicken(鶏)がどうして腰抜けか!英語の背景を探る」について ホロホロチョウとは全然違うと思います。模様も鶏冠も違う。トルコと言う発音は「トゥルク」の「.. » more
テーマ 異文化

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る