誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    反日ファシズム

反日ファシズム

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 反日ファシズム
テーマ「反日ファシズム」のブログを一覧表示!「反日ファシズム」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
ラムザイヤー論文は30年間も凍結されていた。永い眠りから醒め、捏造派に衝撃を与える中、教科書に再登場した洗脳用語の消滅も確定。だが捏造紙が垂れ流した陰謀論の解毒は進まない。 「単なる1人の教員に.. » more

挺対協の裁判連勝記録が突如ストップ。革命元老さながらに振る舞う李容洙の顔に泥が塗られた。狂気の第1次訴訟から僅か3ヵ月…捏造慰安婦を巡る南鮮の劇的な変化は本物だった。 「余りにも荒唐無稽だ。本当.. » more

米外交中枢に返り咲いた男は慰安婦合意の仲介者だった。南鮮政権の自滅が近付く中、我が国の教科書には禁断の反日プロパガンダ用語が復活。雑菌再繁殖の危殆に瀕する。 「’15年合意の精神に従い、日本が反.. » more

軍艦島“記録映画”の捏造指摘に幹部は国会でも居直った。自称生き証人の「褌でツルハシ」を再現する不自然なシーン。捏造派を利する秘蔵映像を世に出したNHKの真の目的は明白だ。 「一部からの人種差別的.. » more

「私がICJ付託の発案者だ」と息巻く洋公主が質問に青褪める。ついに南鮮でも普及し始めた偽物説。慰安婦訴訟の原告は大半が匿名で、筆頭の実名女性は“強制連行”否定派だった。 「単純なカネの話ではなく.. » more

慰安婦の真実を封じる事実上のスラップ訴訟は“門前払い”で終わった。朝日新聞が育てた捏造記者の完封負け。170人の大弁護団は10人去り20人去り、植村隆だけが残された。 「日本兵による大規模な強か.. » more

軍艦島の真実を伝える情報センターが、反日勢力の猛攻に晒されている。元島民の声を封殺し、朝鮮出稼ぎ工の“体験談”を拡散…新たに参戦したNHKにも重大な捏造報道疑惑が浮上した。 また厄介な敵が現れた.. » more

米アカデミズムを震撼させた大物教授の逮捕劇。中共「千人計画」学者の“本職”にFBI捜査のメスが入った。そして我が国は、既に東洋有数の“草刈り場”となっている。 地方の党書記を歴任し、中南海の政争.. » more

独首都の真ん中に突如姿を現した腐れ慰安婦像。悪徳詐欺集団ならではの隠密作戦に衝撃が走った。だが捏造派は2人のボスを同時に失い、指導部壊滅の危機に瀕している。 「米軍の装甲車に轢かれて死亡した少女.. » more

“台湾国のモーゼ”は捏造史の海を割り、埋もれていた真実に光を当てた…李登輝総統閣下は北東アジアの近代史そのものだ。100年史の終焉が迫る中、決着は遺志を継ぐ人々に託された。 「銃後にあって治安保.. » more

最期の場所は青瓦台の裏山だった。大規模捜索にも拘らず、遺体発見までに要した「12時間」の謎。80年代から反日勢力を統べる指揮官の死は捏造派に更なる混乱をもたらす。 不自然な早朝登山中の転落、目撃.. » more

3,000人規模の大捜索に機動隊も出動。横田めぐみさん拉致事件の再検証で新事実が浮上した。滋さんという支柱を喪った後も、被害者家族会は風化勢力との闘いを強いられている。 「これからは、もっとお洒.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る