誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    バード・ウォッチング

バード・ウォッチング

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: バード・ウォッチング
テーマ「バード・ウォッチング」のブログを一覧表示!「バード・ウォッチング」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
BIRDER2020年4月号、「バードウォッチャーはこれだけ変わった!」「バードウォッチング興隆期1980(昭和55)年~」の、白玉社さんの描いた当時のウォッチャーのイラストを見て思わず吹き出してしま.. » more

鳥見歴で一度だけ、ライフリストに熱心になったのがこの1983年でした。それ以前は正直、リスト派を軽蔑していました。それ以降もライファーへの関心は冷めてしまいます(増えるに越したことはないのですが)。 .. » more

最もこころ揺さぶられた鳥は何かと問われれば、躊躇うことなく白鷺と答えます。 小学低学年、埼玉の水田地帯の川で見たコサギ。感動といった手垢にまみれた陳腐な言葉では言い尽くせない体験です。 これは誰に.. » more

カワセミの思い出
同じコースを通って2羽が水辺と斜面林を頻繁に往き来しています。繁殖中と思われます。後を追えば巣があるはずですが、邪魔をしたくはないので探しはしません。 カワセミ♂070519手賀沼。 この.. » more

野良着の女性が田んぼの道をこちらに自転車をこいで来ます。 目の前で自転車を止めたかと思うと、それを倒して、シギチの群れる田んぼの畦をずんずん進み、派手な動作で、ぱんぱんと手と手を打ち合わせます。あわ.. » more

先日、林の小道でカラ類十数羽の群れに取り囲まれてちょっとびっくりしました。行く手を阻まれるという表現がぴったり。手を伸ばせば触れる距離です。人は餌を運ぶ、と学習しているようです。それだけ餌をやる人が多.. » more

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る