誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    対中国

対中国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 対中国
テーマ「対中国」のブログを一覧表示!「対中国」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
 元香港大学のウィルス研究者・閻麗夢(Li-Meng, Yan)博士は香港大学のコロナウィルス研究チームに所属し、また同時にWHOのリファレンス研究室に所属していた。武漢での感染症発生の情報を得て19.. » more
テーマ 対中国

先行する記事『中国共産党との対決/崩壊』の続き 香港民主化の女神、別れの言葉 <香港民主派が望んでいた国際社会からの助けはこなかった。中国で国家安全法が成立した今、身の危険もある彼らは民主化団体を脱.. » more
テーマ 対中国

 筆者はこの新型コロナウィルス騒ぎの中でも中国ウォッチを続けてきた。米中の領事館閉鎖は戦争の一歩手前のような事件だが、読者がどんなに中国びいきでも、最近2か月間の中国関連のニュース記事の概要一覧をざっ.. » more
テーマ 対中国

長江流域豪雨 他人の不幸を喜ぶ
 新型コロナウィルスで世界の経済が大きく減速している。多くの国で失業者が急増している。多くの国の市民が苦しんでいる。 だからと言って戦争を始めるような国はない。一つの例外・中国を除いて。  もともと.. » more
テーマ 対中国

 今回の新型コロナウィルスは国内でも感染の拡大を止められないフェイズに入っている。 今後、事態の推移を予測すると、非常に危険な事態に陥るという結論に達した。今後の予想1  中国では企業活動が元に戻る.. » more
テーマ 対中国

米国トランプ大統領の評価:私が書くには大きすぎる話題だけど、3年目を終了する12月末を迎え、よくやっていると言える。嫌いなやつだけど。←blog ランキングを応援しています。クリックをお願いします。 .. » more
テーマ 対中国

台湾侵攻シナリオの再考(5)
-二つのシナリオの評価と今後取るべき方策について-筆者は軍事の専門家でも兵器のオタクでもないので、シナリオは誰もがネットで知りうる情報でしか書けない。今回作った二つのシナリオは通常兵器で通常に攻撃する.. » more
テーマ 対中国

台湾侵攻シナリオの再考(4)
ー南西諸島先制飽和攻撃のシナリオ-前回ブログの短腕侵攻シナリオでは中国人民解放軍(以下PLAと略す)が台湾侵攻を始めると、米軍はS-400を飽和攻撃して防空システムを無力化したうえで、空軍空港設備や寧.. » more
テーマ 対中国

台湾侵攻シナリオの再考(3)
-直接的な台湾攻撃シナリオ-「台湾進攻」の時期を、2020年の時点と想定する。下記の日経ビジネスの記事を信じているわけではなく、現在と戦力が大きく変わらない状況でどうなるかを見る意味だ。参考)『中国は.. » more
テーマ 対中国

台湾侵攻シナリオの再考(2)
ーロシア製防空ミサイルシステムS-400- 台湾海峡の幅は最も狭い地点で130km、北端で150-160km、南端で250-260km、水深は大部分が100m以内、台湾島の東西の幅は最大144km。し.. » more
テーマ 対中国

台湾侵攻シナリオの再考(1)
-シナリオの必要性- 1.米国にとっての台湾(中華民国)の安全保障上の価値 習近平は祖国統一(台湾併合)を次の世代に引き継がない(自分の代で行う)と宣言している。このところ中国による台湾融和政策は裏.. » more
テーマ 対中国

米国のペンス副大統領は昨年10月4日、ワシントンで、貿易など経済に限らず安全保障分野でも、中国に「断固として立ち向かう」と演説した。かつての米ソ冷戦の始まりを告げた1946年のチャーチルの「鉄のカーテ.. » more
テーマ 対中国

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る