誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小泉八重子

小泉八重子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 小泉八重子
テーマ「小泉八重子」のブログを一覧表示!「小泉八重子」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
小説 幼夫絶叫 後編 小泉八重子 履歴その四 二〇〇三年(平成十五年)。大蔵、三十三歳。阪急春日野道の近くにあるプリマベーラ神戸というワンルームマンションに引っ越す。家賃八万円のそこは、.. » more
テーマ 小泉八重子

小説 幼夫絶叫 前編 小泉八重子 プロローグ 「三、三、四の十っ! 今回は十万やな。十万!」  さきほどから道端で柄の悪い大男が妙子に声を張り上げる。一体何が十万なのだろう。理解に苦しむ.. » more
テーマ 小泉八重子

     小説      神戸寄港5      小泉八重子  二〇〇七年 四月三十日(月)晴れ  二十九日に神戸にやってきた正子と今日はともに病院にいく。正子は来るなり私への叱言を始めた。 .. » more
テーマ 小泉八重子

     小説      神戸寄港5      小泉八重子  二〇〇七年 四月二十六日(木)  午前九時五分。明石、新光病院の玄関で、白衣の田村先生が煙草を吸っていた。お互い 無言のまま、私.. » more
テーマ 小泉八重子

     小説      神戸寄港5      小泉八重子  二〇〇七年 平成十九年 四月二十二日(日)  今回の帰郷は痴呆の母に法定後見人をつけるのが目的だった。  法定後見人とは高齢化社.. » more
テーマ 小泉八重子

     短編      同人M      小泉八重子  ある秋の日、ソファに置いてあった携帯が鳴った。 「もしもし、ええと、あ、こ、小泉さん?」  聞きなれた男の声だ。弾みきったボールがいさ.. » more
テーマ 小泉八重子

石喰ひ日記 再会(2) 小泉八重子 平成十七年三月二十九日(火)曇りときどき雨  昨日午後九時半、ようやく連絡のとれた息子は、約束したにも拘らず本日同道しないといった。親の問題だろうとい.. » more
テーマ 小泉八重子

石喰ひ日記 再会 小泉八重子  声を聞かなくなってから十一ヶ月がたった。六十二歳の夫は五十六歳の妻に完全に心を閉ざしたのであった。結婚したのがおよそ三十年前だ。子供が生れた頃から不協和音が.. » more
テーマ 小泉八重子

石喰ひ日記 夫を追う 小泉八重子 第1回山崎賞・最優秀賞受賞  二十七歳で結婚してからこの方、およそ三十年にわたる夫婦生活は殆ど体をなしていなかった。終りを通り越して、形だけが残っている.. » more
テーマ 小泉八重子

小説 こおろぎ (一)深田町2  小泉八重子   幼い頃から小学校時代、病気がちだった。寝小便を初めとする心の病いとしては自家中毒があった。これは外出先で起る。眠気ではない欠伸が始まると.. » more
テーマ 小泉八重子

小説 こおろぎ (一)深田町1  小泉八重子                          「線路の向うはヨツや。肉屋と花屋でな。海沿いの線路はみんな未亡人の家や。旦那戦争で亡くした.. » more
テーマ 小泉八重子

     エッセイ      泰子の陸                  岩井八重子 「円山町?」 配車係りの年配の男の顔がふっとゆるんだ。 小雨の降る十月半ばの夜だった。 雨合羽から老残の色.. » more
テーマ 小泉八重子

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る