誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    紀行文

紀行文

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 紀行文
テーマ「紀行文」のブログを一覧表示!「紀行文」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
10時すぎ、韓国から続々と船がやってきた。比田勝の国際ターミナルに同時に3隻の船が着岸したが、韓国の船がどれも大きな高速船で、JRのジェットフォイルがひときわ小さく見える。 出航の1時間半前.. » more
テーマ 紀行文

比田勝地区周辺は人口1500人程度の過疎の町。そこに出国者も含めると、多い日で3千人前後の韓国人が行き来するため、既存の店舗や施設ではとてもさばききれない。韓国人観光客向けの新規店舗を開業しても、.. » more
テーマ 紀行文

国内航路が到着する厳原から国際航路の多くが発着する比田勝まで、対馬を縦断する路線バスが走っているが、なんと2時間半。そして、4往復しかない。 まっすぐ比田勝まで行ってもつまらないので、比較的多く.. » more
テーマ 紀行文

博多から来たフェリーは壱岐郷ノ浦で乗客の大半を降ろし、ガラガラで対馬厳原に向かった。海も少し荒れて、船室でゆっくり眠る。 厳原は対馬最大の港で、国内から来る船の殆どがここに到着する。しかしながら.. » more
テーマ 紀行文

郷ノ浦港のフェリーターミナルで壱岐交通の定期観光バスの午後コースの受付を行う。予め、web予約していたが約20名弱の乗客数だった。それでも、驚くほど多いとか・・・。 島は坂が多いから自転車では無.. » more
テーマ 紀行文

東京から電車と船だけで釜山をめざした。 新幹線で博多入りした翌朝、博多のフェリーターミナルから「フェリーきずな」に乗る。平成の終わり、特別な10連休なので乗客は多いが驚くほどではない・・・。 .. » more
テーマ 紀行文

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る