誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西郷隆盛(南洲)

西郷隆盛(南洲)

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 西郷隆盛(南洲)
テーマ「西郷隆盛(南洲)」のブログを一覧表示!「西郷隆盛(南洲)」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
平成二十三年、一年の計 ⑨
南洲翁の漢詩に「貧居傑士を生ず」という一節がある。 一貫す唯唯(いい)の諾(だく)、 従来鉄石の肝、 貧居傑士を生じ、 勲業多難に顕わる。 雪に耐えて梅花麗しく、 .. » more

TPPと西郷南洲翁の遺訓
 前回、TPPと西郷南洲翁の遺訓を絡めて論じたが、これを補足する遺訓を紹介しておきたい。  これは明治三年十二月に、同じ薩摩人の坂元純熙(すみひろ)が各藩の状況視察への出発に際し、その目的を書い.. » more

 政の大體は、文を興し、武を振るい、農を励ますの三つに在り。  その他百般の事務は皆その三つの物を助くる具なり。  この三つの物の中において、時に従い勢に因り、施行先後の順序はあれど、 この三つの.. » more

平成二十三年、一年の計 ⑧
 前に、 「西郷論を書くことも、維新論を書くことも、伝統論を書くことも、皇室論を書くことも、結局は国体論を違う斬り口から書くことであり、国家百年の大計はそこに胚胎している。」  と大きなこ.. » more

平成二十三年、一年の計 ⑦
 このブログをわたくしごとで埋めるのは不本意ながら、今回もまた自分語りが多くなる。  どうかご容赦いただきたい。   私はこれまで非正規雇用で生計を立てながら、学問を継続し、執筆を行ってきたか.. » more

「遷都論」 (再掲載)
 (参考までに以前書いた「遷都論」という文章を再掲載しておく。)  ここで話題にしたいのは、再び人心の一致一和のことである。  彼らの運動における大まかなヴィジョンが、道理に基づく人心の一致一.. » more

TPP論議
 西郷論を書くことも、維新論を書くことも、伝統論を書くことも、皇室論を書くことも、結局は国体論を違う斬り口から書くことであり、国家百年の大計はそこに胚胎している。 たとえば昨年後半になって.. » more

平成二十三年、一年の計 ⑥
 一年の計は元旦にあり。  この言葉の語源を辿ってみると、 一日之計在晨 (一日の計は晨にあり) 一年之計在春 (一年の計は春にあり) 一生之計在勤 (一生の計は勤にあり) 一家之計.. » more

平成二十三年、一年の計 ⑤
 画期的な仕事に孤独はつきものである。  ブログはその孤独な作業であった『(新)西郷南洲伝』執筆の延長線上で書き続けている。  読者は数は少ないが、そのほとんどが沈黙の読者である。私はこれを好.. » more

平成二十三年、一年の計 ④
 ここから自分語りになる。  私は今四十一歳だが、三十代を、西郷南洲翁の史伝の執筆、出版に費やした。周囲の人になかなか真意を理解してもらえず、孤独な中での作業だったのだが、幸い家族の協力だけは恵.. » more

 君が為 捨つる命は 惜しまねど 心にかゝる 国の行末  君のため、国のために命を捧げた竜馬が、余儀なき事情で勝海舟のもとを離れた後も、彼を支えたものは、表向きの顔に隠されたこの神願であった。 .. » more

保守の空洞化  (その一)
 最近、いわゆる保守派に属する人々、あるいは自認している人々の言論が空洞化しているように思われて仕方ない。  次の討論を見ていただきたい。  3分あたりの西部邁氏の戦後民主主義批判に始まる、田.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る