誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    社会教育

社会教育

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 社会教育
テーマ「社会教育」のブログを一覧表示!「社会教育」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
15.グローバリゼーションにおける日本的経営と日本的アイデンティティ  これらはドラッカーやオオウチの日本評価と関連する。その上で注意すべきことを述べる。これはヴォーゲルの『ジャパンアズナンバー.. » more
テーマ 社会教育

行政における経営(マネジメント) ―グローバル競争における公教育の課題―  グローバル競争激化するなかで、行政の果たすべき役割はいかなるものか?  デービッド・アトキンソンは、社会全体で人材.. » more
テーマ 社会教育

14.日本的経営  多文化共生は自国や自民族の廃棄ではない。むしろ多文化共生における競いあいを通して自国・民族の文化を発展させることが重要かつ必要である。ここでは日本的経営について述べる。  .. » more
テーマ 社会教育

13.「人間的強さ」の組織化―持続可能な発展と発達―  自由が保障される社会で発達を進めようとする競いあいが生じる。自由競争では、多くの場合、勝敗、優劣、強弱が明らかになる。  「人間的強さ」.. » more
テーマ 社会教育

12.動機づけの展開―経営戦略とコーチング―  動機づけ(モティベーション)に関連する概念にチュータリング、ファシリテーション、アニマシオンなどがあり、その理解と応用が重要である。チュータリング.. » more
テーマ 社会教育

9.動機づけ(再論)―組織の発展と個人の発達の連動―  学習は発達・発展(順不同)のためである。類似の概念に成長や成熟があるが、ここでは発展・発達を用いる。発達・発展は経営の戦略に、常に既に後も.. » more
テーマ 社会教育

(4)クリス・アージリス ①「ダブル・ループ学習」と「自省」  アージリスは人間関係論や組織論の成果を応用し組織・システムの発展と個人の人格の発達を統合的に進める理論を実践的に研究した*1.. » more
テーマ 社会教育

(3)クルト・レヴィンとレンシス・リッカート  レヴィンのグループ・ダイナミクスは「葛藤(conflict)」の解決を主眼としていた*1。「葛藤」はマルクス主義的な階級闘争と異なる概念である。こ.. » more
テーマ 社会教育

承前 (2)ダグラス・マグレガーとアブラハム・マズロー  MBO(目標管理)において、ダグラス・マグレガーの位置は大きい。ドラッカーの『現代の経営』の六年後、彼は命令・統制を基調にした「X理論.. » more
テーマ 社会教育

④NPO(非営利組織)と「ポスト資本主義社会」  ドラッカーは経営管理論をNPO(非営利的組織)、企業の社会貢献、社会的責任へと展開し、1990年にManaging the nonprofi.. » more
テーマ 社会教育

5.経営と管理  経営に関する学問や実践は米国を中心発展してきた。米国が資本主義の発展を牽引してきたことの現れと言える。そのため英語を参考にすると、経営の意味では広くmanagementが使.. » more
テーマ 社会教育

3.生涯学習  生涯学習について、先述したとおり教育や発達と関連させて捉える。  そして、同時に胎児から老人まで生涯の各段階の人間が共存し、学習している状態を“共時”で表し、個々人が胎児期から.. » more
テーマ 社会教育

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る