誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本最長10河川旅で出会った「日本を代表する人物」

日本最長10河川旅で出会った「日本を代表する人物」

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 日本最長10河川旅で出会った「日本を代表する人物」
テーマ「日本最長10河川旅で出会った「日本を代表する人物」」のブログを一覧表示!「日本最長10河川旅で出会った「日本を代表する人物」」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
 2002年から2011年までの10年の期間をかけて、「日本の最長10河川の源流から河口までの旅」を走破した。 この源流から河口までの旅の中で、「日本の国が誇る傑出した人物」と十数名出会ったが、魅力あ.. » more

 新十津川町の物語は、故郷崩壊と故郷再生の物語である。 新十津川町は奈良県南部に位置する日本一広い村として有名な十津川村の住民が、大洪水で被災し、難民同然に北海道の空知地方の中央部に入植し、新しい十津.. » more

厚田村を出てからの行き先は月形町である。 それから新十津川町、更に深川市など、司馬遼太郎が「街道をゆく 北海道の諸道」で書いていた場所を回り、昼過ぎには旭川市に入る予定である。 北海道近代史の想像を絶.. » more

 石狩川への旅は、「司馬遼太郎の街道をゆく」を携えて旅した最初の旅となった。 この川では、「司馬遼太郎の街道をゆく 北海道の諸道」を旅の友とした。 「北海道の諸道」の中の、「厚田村へ」と「集治監」と「.. » more

旧谷中村で簡単な昼食を済ませた後、次の目的地である日本民俗学の父・柳田國男ゆかりの地、茨城県北相馬郡利根町へ向かった。  赤丸印の旧谷中村からほぼピンクの線どおりに利根川を下り、青丸印の利根町布川へ.. » more

柳田國男は1875年(明治8年)7月31日、飾磨県(兵庫県)神東郡田原村辻川(現:兵庫県神崎郡福崎町辻川)に儒者で医者の松岡操、たけの六男(男ばかりの八人兄弟)として出生した。 松岡左仲━━小鶴  .. » more

 2002年から2011年までの10年の期間をかけて、「日本の最長10河川の源流から河口までの旅」を走破した。 この源流から河口までの旅の中で、「日本の国が誇る傑出した人物」と十数名出会ったが、魅力あ.. » more

下図は本陣と脇本陣と脇本陣の隣の歴史資料館の位置関係であるが、この三館の共通入館料が700円で売られていて、それを買って三館を廻った。 妻籠本陣はさっと見て、脇本陣に向かった。 妻籠の脇本陣は.. » more

馬籠到着は午前11時前、馬籠宿をさっと見学してここで昼食を食べ、お昼には妻籠に向かって歩こうと決めた。 馬籠は石畳の綺麗な坂の町で、道の両側に民宿や旅館や土産物屋や食堂が軒を並べている。案内図の右手.. » more

 2002年から2011年までの10年の期間をかけて、「日本の最長10河川の源流から河口までの旅」を走破した。 この源流から河口までの旅の中で、「日本の国が誇る傑出した人物」と十数名出会ったが、魅力あ.. » more

ふさこを気にしながら、斎藤茂吉記念館の庭に入った。 記念館の庭には、医師であり歌人でもあった斎藤茂吉の胸像が堂々と建っていた。 展示室へは階段で地下一階に降りて行く。 展.. » more

アララギ派の名だたる歌人で精神科医としても功績を残した斎藤茂吉は、明治15年5月14日、山形県南村山郡金瓶村の農民、守谷熊次郎の三男として生まれている。 霊山として知られた蔵王山の山裾ののびたと.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る