誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    銑鋼一貫製鉄所

銑鋼一貫製鉄所

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 銑鋼一貫製鉄所
テーマ「銑鋼一貫製鉄所」のブログを一覧表示!「銑鋼一貫製鉄所」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
銑鋼一貫製鉄所 その八
熱間圧延機で圧延された中厚鋼板は、 以後二手に分かれて、別々の工程を進行します。 まず一手は、中厚板状のまま、 サイドトリマー(幅を一定に揃える装置)、 レベラー(板の平面度を高める装置).. » more

銑鋼一貫製鉄所 その七
高炉のところで、説明が十分にできていなかった 石灰石について、補足しておきます。 石灰石は、溶剤の役目をしています。 つまり、溶鉱炉の中で、鉄鉱石に含まれている ケイ酸や粘土などの不純.. » more

銑鉄一貫製鉄所 その六
溶けた銑鉄は、流動性が高く、鋳型に沿いやすいので、 鋳物に用いられます。 だから、銑鉄は、「鋳鉄」ともいわれます。 ところが銑鉄は、炭素を多く含んでいるので、硬くてもろい 性質をもって.. » more

銑鉄一貫製鉄所 その五
溶鉱炉を、なぜ高炉というのでしょうか。 高炉の原料投入口は、炉のてっぺんにあります。 ところで、自然に産する鉄鉱石は、酸化鉄の形で 鉄分を含んでいますが、この酸化鉄を、 高温の一酸化炭素で.. » more

銑鉄一貫製鉄所 その四
次の文章は、溶鉱炉の発明者 エイブラハム・ダービーの跡取りであるダービー二世の、 妻エイビアー夫人が友人に宛てて、1755年頃しるした 書簡の一部です(平凡社「西洋史料集成」より)。 .. » more

銑鉄一貫製鉄所 その三
ここで、高炉について、少し詳しく説明しておきましょう。 高炉(溶鉱炉)は、イギリス産業革命のときに生み出されました。 18世紀後半、木綿工場を先駆けとして始まった イギリス産業革命は、大.. » more

銑鋼一貫製鉄所 その二
製鉄所構内の港にある鉱石ヤードには、 オーストラリアやブラジルからやってきた 鉱石船から陸揚げされた鉄鉱石が、 走行クレーンで細長く積み重ねられていきます。 鉄鉱石は、ほとんどが5㎜以下の.. » more

銑鋼一貫製鉄所 その一
一昨年、近代製鉄発祥150周年を迎えました。 その時の記念切手です。 幕末の南部藩に、大島高任(おおしまたかとう)という 鉱山学者がいました。 黒船来航以来、幕府はじめ.. » more

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る