誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
テーマ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のブログを一覧表示!「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズというのはあるのは知っていたんですが、まぁ見なくても良いやというという感じだったんですが、ゲームの「SD GUNDAM G GENERATION CROSS RAY.. » more

生きるための戦い。  長い戦いに幕が降りました。彼等が、彼等の居場所を得るための戦い。  得るためだけの、戦い。  多くの遺志の上で、生き延びた鉄華団。けれど生き残った者はあ.. » more

遺志を。  団長の死を受け入れる間も、彼等には残されていませんでした。オルガが命を賭して与えてくれた最後の道。その道を進んでこそが、オルガのためであることを、三日月は皆に語ってくれました。彼.. » more

あと、もう本当にあと一歩・・・  生き延びることを決めた鉄華団。そう決めてからのオルガは、昔のオルガに戻ったかのように生き生きと、そして何よりも自分を含めた家族を守り続けてきた彼に戻っていた.. » more

未来のために。  時間が経つにつれて、報道もされ、鉄華団の立場はどんどん悪くなる一方。何よりも資源が不足していて、戦うどころから明日を生きることもままならなくなってきていました。  オ.. » more

迷わないこと。  シノが逝き、戦場はかろうじて最終ステージへの移行を果たすことが出来た。  今回の戦いでも数多くの命が失われていきました。誰もが帰る場所を作る為に、温かい陽を浴びる時間を作.. » more

最期の一撃を。  ラスタルはその物量に奢ることなく、徹底抗戦をしかけてきました。さらに相手兵士を操作し、自らは「報復」という形でダインスレイヴを大量投入してくる始末。  多くの同士.. » more

あと一回。  勢力が大きく2分し、見方としてはわかりやすい構図になりました。ガエリオの登場により、マクギリスの思惑は意図しない方向へと向かっていってしまった。アリアンロッドとの対立は必然であ.. » more

再会。  革命を経て、とうとうというか、ようやくガエリオさんがその姿を、マクギリスさんの前に現しました。  1話すべてを費やし、マクギリス・ファリドとガエリオ・ボードウィンの、本当の再.. » more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #42 「落とし前」 革命へ。  鉄華団による落とし前。何の制限もない、殲滅戦。  ジャスレイ側には戦闘が始まる前から、もう勝機はありませんでし.. » more

完膚なきまでに。  名瀬とアミダの死は、その直後は、新たな戦火へと繋がることはありませんでした。それが二人の願いであったことを、オルガは汲み取っていた。  何よりも家族を。  最も悔しか.. » more

万死に値するとはまさにこのこと。  前回の流れどおり、過去が触れられ、名瀬・タービンはアミダ・アルカとともに逝ってしまわれました…  特に大きな変化・動きもなく、本当に「予定通り」.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る