誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    韓国

韓国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: アジア
テーマ「韓国」のブログを一覧表示!「韓国」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「韓国」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

赫奕たる旭日旗の新伝説…模造記憶が操る南鮮反日狂乱 日本政府の「法令遵守」宣言で火病再爆発。生まれたての“旭日旗騒動”は遂に南鮮国会に進出した。この反日狂乱に冷や水を浴びせる秘策は、防衛相発言の中にあった。かつて我が国には鎮守府と呼ばれる海軍の根拠地が存在した。統合司令施設と工廠を備 ... » more
テーマ 韓国 反日ファシズム  コメント(4)

ジープに乗った従軍慰安婦…洋公主30万人の進撃 女を乗せてジープは疾走する…戦時下の朝鮮半島で撮影されたフィルムが見つかった。パク政権を脅かす自称米軍慰安婦の集団訴訟。実在の洋公主たちが性奴隷の捏造話を喰い破る。都市伝説、あるいは笑い話として語り継がれる「ジープに乗せられた」とい ... » more

“差別”の本質と考察 在日コリアン徐文平の積水ハウス事件 差別はよくない、と盲目的に捏造メディアと自称人権団体が繰り返す昨今。差別形成のメカニズムを簡単に説明します。@原因事象がおこり、社会がそれに自衛するA原因事象が風化し、しかし、社会の自衛は継続するB社会の自衛反応だけが残 ... » more

釣り?ガチ?韓国軍艦煙突爆発の怪・・・ アメリカの同時多発テロからちょうど5年が経過した去る9月11日、日本の横須賀でもある珍妙な事件が発生しましたヽ(。_゜)ノ へっ?事件の主役となったのは、9月8日に海上自衛隊横須賀基地へ入港した韓国海軍所属の補給艦「大清(デーチョン ... » more

『後宮の秘密』 - コーリアン・エロス映画という解釈を越えた先に... 国内でも5月18日より劇場公開が始まった韓国映画『後宮: 帝王の妾(公開邦題:後宮の秘密)』。時代劇とエロチシズムということで、てっきり『房子伝』『淫乱書生』のキム・デウ監督作品と取り違えていたら、実は監督は『バンジージャンプをする』『秋へ ... » more

朝鮮産・洋公主のヤミ歴史…朴正煕が設計した国家売春 在米朝鮮人も熟知する「洋公主」とは何か…それは南鮮に溢れた米兵向け売春婦だった。捏造慰安婦の謎を解くキーワードの急浮上。しかもパク・クネの実父が制度設計に深く関わっていた。ニューヨーク市にほど近い米ニュージャージー州北部で9月2日、 ... » more

『26年』- 光州市民の恨みの深さを思い知らされる韓国映画 2012年に韓国で封切られた、「民主化運動三部作」の一作。本作品の原作は2006年4月から9月に掛けて連載されたカンフルの同名の漫画1)。光州事件から26年目ということでこの題名に。この映画化権を映画プロダクション、青於藍(チョンオラム)が ... » more
テーマ 韓国 韓国映画

韓国KCIAによる暗殺事件 証言記録2005/04/11 http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1113209500/【韓国】金炯旭(キム・ヒョンクウ)元KCIA部長、パリ養鶏場の粉砕機で殺害されていた[04/11]1 :守礼之民φ ★ ... » more
テーマ 韓国 国際情勢 資料集

KORAILNETWORKS(株)で鉄道顧客センターカウンセラーを募集しているという広告が出ていた。給与条件とかがどんなもんなのか、興味があったので、翻訳してみた。以下〜Yahoo!翻訳を使用。一部手直し。▣ ... » more
テーマ 韓国 鉄道 生活

捏造慰安婦と心中する南鮮…ライダイハンで手本を示せ 慰安婦問題はありまーす…予想通りの蒸し返し、忽然と現れたゴールポストに失笑が漏れる。文在寅政権の対日要求“国際基準の謝罪”は、南鮮歴代政権のライダイハン対応に学ぼう。「南北は五輪が民族の地位を高める契機になるよう積極的に協力していく ... » more

「ナヌムの家」は監禁小屋…“慰安婦協議”に不吉な影 歴史の真実を包み隠す為の防壁…それが「ナヌムの家」の設計図だ。“慰安婦協議”に向け始動した外務省は早くも反日団体に振り回された。捏造糾弾の絶好チャンスに不吉な影が忍び寄る。「なぜ虚偽の話が伝えられたのか、事実関係を確認している」 ... » more

 

最終更新日: 2018/10/18 16:24

テーマのトップに戻る