誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    雑考

雑考

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 雑考
テーマ「雑考」のブログを一覧表示!「雑考」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
伝統的な先祖信仰と仏教を中心に、死生観の歴史に関して、ごく概念的にモデル化したメモです。 日本を中心にしていますが、モデルの多くの部分は、世界的な視点になっています。 <1> 原初的な理想.. » more
テーマ 雑考

宅配ボックス雑考
若干古い記事ですが、日経新聞で「宅配ボックス普及へ補助金」というニュースがありました。 このニュースを見て、私は「お?」と思いました。 というのも、いまだ宅配ボックスにはキラーソリューションが.. » more
テーマ 雑考

清めの戦い(中世から)
大和の大元の聖地は三輪山。 その裏から流れる初瀬川の脇にある長谷寺は、大和、三輪の奥之院に当たります。 実際、いち早く神仏習合を進めた三輪流神道は、長谷寺と連携し、三輪の大神神社の若宮の本地を、長.. » more
テーマ 雑考

伝統的文化における、あるいは心の無意識的な意味における、「供養」と「終活」、グリークワークとスピリチュアルワーク(自分の死によるグルーフワーク)の本質を、統一的観点から理解し、ストーリーを組み立てます.. » more
テーマ 雑考

供養の経済と「つながり」の創造
供養と経済とコミュニケーションについて、形になった部分と形になる前の部分という観点から、統一的に論考します。 人と人の「つながり」は、コミュニケーションや経済を通して、組織とともに作られます。 .. » more
テーマ 雑考

イエスその人の思想
キリスト教の教えではこうだから、葬儀や供養はこうしなきゃ、というドグマからの解放されるのため、イエスその人の思想について書きます。 キリスト教の起源になった、ガリラヤで活動したヨシュアという名前.. » more
テーマ 雑考

釈迦その人の思想
供養に関しても、お釈迦様の教えはこうだから、こうでなきゃいけない、というドグマから開放されるために、釈迦の思想について、書きます。 一般には原始仏教、初期仏教の思想が釈迦の思想として語られます.. » more
テーマ 雑考

送迎儀礼と供養
「通過儀礼と供養」のカテゴリでは基層文化のコスモロジーの「時間」と供養との関係を扱いました。 これに対して、この文章は、「空間」を扱います。 現代人でも、無意識の中では、聖なる空間と俗なる空.. » more
テーマ 雑考

無縁
NHKの特集以来、「無縁社会」がメディアで取り上げられることが多くなっています。 池田信夫もブログで「無縁・公界・楽」というタイトルで書きました。 http://ikedanobuo.liv.. » more
テーマ 雑考

スピリチュアルケアとその先
死期が近く、避けられないことを知った人の心のケアをすることを「スピリチュアルケア」と呼びます。 「ターミナルケア(終末期ケア)」、「緩和ケア」の心の部分です。 本来は、お寺さんにとって重.. » more
テーマ 雑考

柳田と折口の先祖観
柳田國男は、人が死ぬと、子孫に祀られることによって、徐々に個的な性質を落とし、30年ほどかけて、やがては集合的で普遍的で浄化された霊魂(氏神・先祖霊・祖神・祖霊)になると考えました。 先祖は山で.. » more
テーマ 雑考

『殯(もがり)の森』は一昨年、カンヌでグランプリを受賞した河瀬直美監督の映画です。 『おくりびと』と同じく海外の有名な映画祭で受賞をし、死生観を扱った映画であるにもかかわらず、あまり話題になりませ.. » more
テーマ 雑考

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る