誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    富山病院看護

富山病院看護

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 富山病院看護
テーマ「富山病院看護」のブログを一覧表示!「富山病院看護」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
前回の7月13日の授業では、「家族規模の縮小」という話をしました。それを受けて、今回の7月20日の授業では、そうした状況が孤立した子育ての環境をもたらし、病理的な現象を引き起こしかねないという話をしま.. » more
テーマ 富山病院看護

7月13日の授業は、「家族は、地域社会に代わる助け合いの基盤になりえるか」という問題関心から、「日本の家族の変容」というテーマで話しました。最近、「国勢調査:1人暮らし、最多の3割 「夫婦と子」を逆転.. » more
テーマ 富山病院看護

7月6日の授業では、先週視聴したNHKスペシャル「80年ぶりの大屋根ふき──白川郷『結』復活の記録」(50分)(2001年5月19日放送)を題材に、ユイのような相互扶助の仕組みが成り立つ条件を考えてい.. » more
テーマ 富山病院看護

映画『カッコーの巣の上で』を見てから、これまで精神障がいを題材に「社会のルールと逸脱」に関連する話をしてきました。6月29日の授業は、そのシリーズの最終回です。前半は、「逸脱は社会のルールと個人の行動.. » more
テーマ 富山病院看護

前回の授業(6月15日)で、病院が病人を生み出す原因の一つとして「病院外と病院内のルールの乖離」をあげました。その内容を受けるかたちで、今回(6月22日)の授業では、「病院外と病院内のギャップを最小限.. » more
テーマ 富山病院看護

先週6月15日の授業は、「病院が病人を生み出す可能性」という挑戦的なテーマで話をしました。看護学校の学生の多くは、看護師として病院で働くことになります。病院は病気を治すところと思って看護学校に入学した.. » more
テーマ 富山病院看護

6月8日の授業は、学生の皆さんに書いてもらった映画『カッコーの巣の上で』の感想にリプライした後、「社会のルールと逸脱」というテーマで話をしました。逸脱とは、「社会のルールに違反すること、および、そうし.. » more
テーマ 富山病院看護

この日の授業では、1960年代アメリカの精神病院を舞台とする映画『カッコーの巣の上で』の後半を観ました。ほのぼのとした前半とは異なり、後半は「電気ショック療法」「自殺」「殺人」と、気分が悪くなってしま.. » more
テーマ 富山病院看護

今回の授業から、しばらく精神障がいに関する話題を扱います。病気・障がいと社会の関係を考える上で、精神障がいの事例はとても示唆的だからです。病気や障がいの生物学的な事実は同じでも、時代とともに社会からの.. » more
テーマ 富山病院看護

先週はバタバタしていて、授業内容の更新ができませんでした。 ほぼ一週間遅れで掲載します。 「予言の自己成就」という命題は、社会学の定番です。その内容は「ある状況が起こりそうだと考えて、人びとが.. » more
テーマ 富山病院看護

前回・前々回とみんなで鑑賞した映画『大病人』をもとに、グレーザーとストラウスによる「死のアウェアネス理論」を説明しました。『大病人』には、この理論によって提唱された四つの認識文脈(「閉鎖」「疑念」「相.. » more
テーマ 富山病院看護

伊丹十三『「大病人」日記』
国立病院機構富山病院付属看護学校の授業で取り上げている映画『大病人』ですが、『「大病人」日記』という本を入手しました。10年以上、この映画について授業でしゃべっているのですが、恥ずかしながら、初めてこ.. » more
テーマ 富山病院看護

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る