誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    美術展

美術展

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 美術
テーマ「美術展」のブログを一覧表示!「美術展」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「美術展」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

『版画家・吉田博の山の世界』 「吉田博」という版画家(画家)の名は知らなかった。まして、明治生まれのこの孤高の画家が、山の絵を描いていることなど知るよしもなかった。NHK−Eテレの「新日美」の番組でそれ知り、これは是非見たいと思っていたが、すでに東京での展覧会は終わって ... » more
テーマ 美術展

奈良にて ≪前編≫ 〜 前川友一絵画展 2017/05/30(火)。奈良に行ってきました。目的は、前川友一さんの初個展と、2月に閉山中やった、若草山に登る事。という事で、≪前編≫は、前川友一さんの初個展観賞。≪後編≫は、若草山登山(?)。 ... » more

上野へ行く 上野の東京都美術館へ行ってブリューゲル「バベルの塔」展を観ました良く晴れた日で、新幹線から富士山がよく見えました昭和40年代は、製紙工場の煙で汚れていましたが綺麗になったものです上野公園に着いたのは、12時頃 ... » more
テーマ 美術展

春の院展は日本画の公募展だ。今年で72回目を迎える。全国各地を巡回展覧会で会期が6日と短いのが難点でもある。全国を巡回する同人作家33点、招待作家、受賞作品他に関西在住作家の入選作が展示されるから会場によって内容は変わるわけである。院展にも ... » more

今日は好天のもと、伊丹市立美術館で「コレクション1 イメージの庭」を観て来た。伊丹市立美術館に来るのは2回目。前回「回転展」に来た時にアンケートに答えたら、招待券が贈られたのだ。 牡丹靖佳の絵本《おうさまのおひっこし》の挿絵は可愛らしい ... » more
テーマ 美術展 日記

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展割引券のしおり <N0.2017249>5月15日、秋葉原・有隣堂書店で入手「ファッションとアート麗しき東西交流」展割引券のしおり”ドレスや服飾品、日本画、洋画、工芸、写真など総数200点”を展示し、”日本と西洋が互いの装いと生活の文化をど ... » more
テーマ 美術展

着物で美術展@学習院大学 春の一日、『宮廷装束の世界』展を見に友人と学習院大学へ行ってきました。着ていった着物はこれ。帯の後ろはこんな感じ。宮廷装束ということで帯は平安時代を思わせる源氏車の染めとすぐに決まりましたが、 ... » more
テーマ 美術展 着物

uta's world SideA永遠の美・極められた技
5月だというのに、早くもニュースの天気予報のコーナーでは斉田さんが涼しげに「6月下旬又は7月上旬頃ですね」などと言う昨今、ますますこの国の四季は崩れて、夏と冬だけになっちゃうのかな?と恐れおののく今日この頃、皆様いかがお過ご ... » more

今日は西宮市立大谷美術館で「西宮の狩野派 勝部如春斎18世紀摂津の画人列伝」を観てきた。会期も7日までで終わり、最近会期末に行くことが多いなぁ。勝部如春斎は西宮の裕福な造り酒屋の次男坊。長男が蔵を継ぐので、次男は大阪で絵の勉強をしていた ... » more
テーマ 美術展 日記

夜行バスの旅 〜 上野でブラブラ  (^^ゞ  ≪1/3≫ ※長〜くなっております。※この記事だけでも長いんですが… 最後までいくと、とっても、長くなるので三回に、分けました。{ ... » more
テーマ 美術展 お花 夜行バスの旅  コメント(20)

海北友松は、狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠だということだがこの展覧会のチラシを見るまでは知らなかった。展覧会も招待券が当たったので足を運ぶことにした。展覧会は人気があることは予想出来たので開館時間に間に合うよう出かけた。時 ... » more

山田院展
第72回春の院展を観た。木曜日の昼前だから空いているだろうと思って行ったが、松坂屋美術館は年配の人たちで一杯だった。かつてない盛況だった。老人会で集団鑑賞に来ていたかもしれない。観ながら話している人の声が聞こえた。「先生の絵が…」。何人かの ... » more
テーマ 美術展

観桜カヌーと東京御上りさんツァー? 例年4月10日前後には満開となる宮城県南大河原大河原の「一目千本桜」。カヌー仲間とここ数年、桜を楽しみながらの川下りが恒例になっています。今年は8日の土曜日に集合。されど、寒気が入り込んで雪が舞ったりの低温続き、木々の開花は一分 ... » more

今日は好天の下、中之島へ。まずは国立国際美術館で「素速い画家」ルカス・クラーナハ父子の作品を中心とした展示会を観てきた。クラーナハの作品を観るのは初めて。この「クラーナハ展―500年後の誘惑」大阪展は実は今日が最終日。今日は中之島についでが ... » more
テーマ 美術展 日記

宇都宮へ行く 2017年4月10日宇都宮へ行きました桜が咲くころは、野山や田畑が目覚めて、緑が鮮やかです海側に坐ったら、意外と何度も海が見えて、子供の頃が懐かしかった東京で途中下車して、数年ぶりに、旧友と再会し上野へ出て、根津 ... » more
テーマ 美術展 日記

「草間彌生 わが永遠の魂」展 国立新美術館で開催されている「草間彌生わが永遠の魂」展に妻と一緒に行ってきました。桜が満開で、晴れていれば一番の花見日和でしたが、東京は残念ながらあいにくの雨でした。国立新美術館の前にある青山公園の桜も、雨に打たれ、花び ... » more

ユトリロのまとまった展覧会は今回で5回目だ。好きな画家の一人である。またまた足を運んでしまった。白の時代は有名だが今日の展覧会でも沢山あった。アルコール依存症の治療で絵を描き始めたが元々才能もあったのだろう。お酒を買う為に絵を描いていた ... » more

今年おそい? 本日、天気いまいちで遠出するきにもなれず近場で桜さがしました。今、大寒桜らしいのが最後という感じで赤くなって散り始めていて、大島桜が今ピークという感じ。山桜は....JR白浜駅の裏手の大きなのが少し花を咲かせているみたい。新庄公 ... » more

バロックという言葉は『いびつな形の真珠』という意味のポルトガル語に由来し、ひとつの時代を総称する言葉として19世紀の後半から使われるようになったのは知らなかった。バロックということで16世紀末から18世紀初頭の作品が並ぶ。会場はイタリア絵画 ... » more

ミュシャ展 昨日、国立新美術館でやっている<ミュシャ展>に行ってきました(^.^)もう少し経ってから行きたかったんですが、国立新美術館って、火曜休館なので、私が行けるのは、第4水曜のみ。ということは、長期間なわりにチャンスは3回 ... » more
テーマ 美術展 独り言

日本初の二人展、世界中から代表作が集結ということで遠出になるが足を運ぶことにした。前日の朝まで夜勤をしていて疲労困憊状態であるが展覧会の会期が翌日までだったので仕方がなかった。キップはいつもの青春18キップだ。疲れが溜まっていたせいか亀山駅 ... » more

どうしよう? 本日『第55回和歌山県美術家協会展』の出品要項が届きました。今年の搬入日は5月7日で1ヶ月半ちょっと先となっています。毎年5月の第二日曜日搬入というパターンなので3月に入るとそろそろかなっと...ただし芸大、美大出身じゃなくそれ ... » more

日展は各地を巡回する公募展だ。近畿では京都と大阪の2カ所。京都展に足を運んでいるので大阪展は予定はなかった。招待券が抽選で当選したので足を運ぶことにしたのだ。日展は全国を巡回する基本作品と地元の入選作が展示される。京都展は(京都、滋賀)、大 ... » more

拝啓 ルノワール先生−梅原龍三郎が出会った西洋美術 (開催中!!) 2017年2月26日付け拝啓ルノワール先生−梅原龍三郎が出会った西洋美術 (開催中!!)フランス近代洋画の巨匠・ルノワールに師事し、日本近代洋画を確立した巨匠・梅原龍三郎の画業を振り返る展覧会が、あべのハルカス美術館で開催されます。 ... » more

松伯美術館には何回も足を運んで来た。大半は招待券をゲットしたからだ。今回も招待券が抽選で当たったからだ。仕事の都合で夜勤をしている。メンバーの都合で土曜の夜の夜勤は出来なくなった。その代わり夜勤は9時15分終了なんだけど11時までしてい ... » more

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」を観てきた 今日は伊丹市立美術館へ「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」を観に行ってきた。伊丹市立美術館へ行くのは初めてだ。というか、伊丹市街へ来るのも初めて。伊丹って免許の更新とか、猪名川沿いのイオンモールぐらいしか行ったことなかったのよね。伊丹市立 ... » more
テーマ 美術展 日記

絵本はここから始まった−ウォルター・クレインの本の仕事 開催中! 2017年2月11日付け絵本はここから始まった−ウォルター・クレインの本の仕事イギリスの画家、ウォルター・クレイン(1845〜1915年)の画業を紹介する展覧会が、滋賀県立近代美術館で開催されます。画家の息子としてリバプールに生まれ ... » more

梅原龍三郎の作品をまとめて鑑賞するのは2006年の”色彩の画家梅原龍三郎”展以来2回目だ。梅原の作品と言えば色彩が鮮やかで抽象画のイメージ、フォービズムのマチス、抽象画のマチスのイメージだ。今回の展覧会に興味を持ったのは”拝啓ルノワ ... » more

鬼は外、福は内、を「実行」するのを忘れた一方、ちゃんと恵方を向いてがぶりと食べることはしっかり済ませた、そんな今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。年が明けた〜!と思ってたらもう1ヶ月が過ぎたんですよね。毎度毎度 ... » more

奈良に行ってきました(その@) 2017/02/01(水)。大阪市在住なので、奈良といっても、スグそこですけど。(^^ゞ11時30分頃に、近鉄・奈良駅に到着。メッチャ、ゆっくりのお出掛けです。(^^ゞちょっと、ボクには場違いのよ ... » more

 

最終更新日: 2018/11/15 00:46

テーマのトップに戻る