誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦術

戦術

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦術」のブログを一覧表示!「戦術」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦術」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦術」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

テニスの技術錦織対ジョコビッチ
今年の全米オープンではジョコビッチが錦織選手にストレートで勝利した。今回は錦織選手は優勝を期待されていたので、非常に残念な結果である。ジョコビッチは錦織対策をしてきた事を明言しているが、具体的な戦術は公開していない。また、これを解説している ... » more

テニスの技術ナダル対デル・ポトロ
今年の全米オープン、準決勝ではデル・ポトロがナダルに勝利した。このブログではナダルが得意のトップスピンのフォアハンドを封じられた状態で、非常に不利だと主張していた。従って、デル・ポトロが勝利したのは当然に見える。しかし、実際のゲームはそれほ ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術錦織対チリッチ
今年の全米オープン、準々決勝では錦織選手がチリッチにフルセットで勝利した。チリッチは特に錦織対策はしてこなかったが、本来の得意なプレーをしてきた。それは錦織選手のライジングを封じる意味もあるが、深いボールで相手を後方に下げ、自分は逆に前に出 ... » more

テニスの技術ナダル対ティエム
今年の全米オープンの準々決勝でナダルがティエムに勝利した。実はこれは特別な事なのだ。なぜなら、今大会のボールはナダルのトップスピンに全く合っていないからだ。前回も書いたが、今大会ではほとんどのプレーヤがフラット打法を多用している。別にコート ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年の全米オープンの4回戦で、世界ランク2位のロジャー・フェデラーが55位のジョン・ミルマンに敗北するという波乱があった。最近ではコートサーフェスが速くなっている事もあり、こうした波乱はどこでも起こっているが、今回は特別である。なぜなら、コ ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ビヨン・ボルグの戦術
ビヨン・ボルグはトップスピンの有用性を最初に唱えたプレーヤとして有名である。現代では当たり前のトップスピンだが、ボルグがこのショットを多用するまではフラット打法の方が有効だと考えられてきた。これは当時のウッドラケットではトップスピンは十分な ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術錦織選手対ズベレフ
今年のシティ・オープンでは準々決勝で錦織選手がズベレフに敗北した。日経新聞の報道では、最初サービスが好調だったが、第2セットからサービスのコースが読まれたため、敗北したとの解説だった。しかし、実際のゲームを視てみると、もっと複雑な駆け引きが ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術杉田選手対ティエム
今年のゲリー・ウェバー・オープンで杉田選手がフレンチオープンでは錦織選手を倒したティエムに勝利した。多くの読者は錦織選手より遥かにランキングが下の杉田選手が勝ったのは不思議に思えるだろう。正直言って杉田選手は錦織選手の劣化版ぐらいの実力だか ... » more

テニスの技術プロテニスの楽しみ方
特に知識がないにわかファンでも楽しめるサッカーと異なり、テニスは何の予備知識もないと単純なラリーの応酬であり、退屈である。一般にTVでテニスを観戦する者は自らテニスをプレーする者が多い。これはテニスでは基礎知識が不可欠な事を良く表している。 ... » more

テニスの技術フレンチオープン決勝
フレンチオープンはナダルがティエムにストレートで勝利し、優勝した。ティエムは優れたサービスがあり、強力なシングルバックハンドもある。そして、ナダルの様な強力なスピンボールが打てる。といったクレーコートで有利な条件を備えていたが、ナダルには全 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術錦織選手対ティエム
今年のフレンチオープンでは錦織選手が4回戦でドミニク・ティエムに敗北した。日経新聞の報道によるとティエムの強力なトップスピンと低く長いスライスで後方に釘付けにされ、ラリーの主導権を奪われたからだそうだ。しかし、実際の試合を見ると全くそんな事 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術クレーコートでの戦術
最近のクレーコートでの戦術の傾向として、フラットボールの使用が増えている様に見える。これは今年のフレンチオープンの錦織選手の対戦相手を見ても明らかで、1回戦のマキシム・ジャンビエはほとんどのボールをフラットで強打してきた。しかし、フラットボ ... » more

テニスの技術注目の19歳
今年のバルセロナ・オープンで19歳のステファノス・チチパスが準優勝をした。若くして活躍中の彼が注目される理由はそのプレースタイルが現代コートに合っているからだ。彼のフォアハンドストロークはセミウェスタングリップで、強力なフラットボールを打つ ... » more
テーマ 戦術 テニス

アメリカのテニスが衰退した理由はダブルハンドストロークの欠陥を修正しなかったからである。進歩的であるアメリカ人は早くから最新の技術を取り入れた。それがフォアハンドストロークの回り込みとダブルハンドストロークだ。この技術は当時のイースタングリ ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のBNPパリバ・オープンでは大阪なおみ選手が四大大会に次ぐグレードの「WTAプレミア・マンダトリー」で日本勢女子初優勝の快挙を成し遂げた。それまで上位プレーヤを時々負かせていた彼女であるが、この時の世界ランクは44位である。それが、世界 ... » more

テニスの技術チョン・ヒョン大活躍
韓国のチョン・ヒョンがランキング58位にもかかわらず、ズベルフやジョコビッチを倒してベスト4まで進出した。チョン・ヒョンはかつて錦織選手と対戦した事もあり、その守備力が特徴だった。しかし、準決勝のフェデラー戦ではあっさり敗北してしまった。日 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術成功法は人により異なる
アメリカテニスの戦術は実にシンプルだ。それは得意のフォアハンドストロークで相手の弱点のバックハンドを突けば必ず勝てるというものだ。具体的にはリスクを冒して相手のバックハンドのクロスボールに回り込む。そして、フォアハンドで強力なスピンボールを ... » more
テーマ 戦術 テニス

プロのダブルスを見ていると、ファーストサービスで相手を崩し、ファーストボレーではボールを叩いて、決めに行っているのが分かる。しかし、アマチュアではここまで良いサービスを打つのは難しいだろう。しかし、ダブルスは守る範囲が狭いので、サービスが貧 ... » more

テニスの技術時間を奪うの大嘘
今月もテニスマガジンで詐欺コーチの堀内氏がとんでもない事を主張している。それはニュートラルポジションばかりでラリーを行うのではなく、チャンスでは前に詰めて攻撃し、ピンチでは後ろに下がって守備をしろというアドバイスだ。要するにテニスでは「時間 ... » more

テニスの技術ジャック・ソックの戦術
前回、ジャック・ソックが苦手のバックハンドを全く克服しておらず、それでも勝ち上がっているのは不思議だと解説した。しかし、ジャック・ソックは実は巧妙な戦術で自分の欠点を補っているのだ。欠点を直接、修正しないのはいかにもアメリカ人らしい。しかし ... » more

テニスの技術ジャック・ソック大活躍
このブログでは馬鹿にしていたアメリカ人のジャック・ソックが何とATPファイナルで準決勝に進出した。現在ATPランキング3位のズベレフに勝ってである。当然、このブログで指摘したアメリカ人の欠点を克服したのだろうと読者は思うだろう。そこで、最近 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術杉田対デル・ポトロ
ストックホルムオープンで杉田選手はデル・ポトロと対戦した。結果はストレート負けだが、実際のプレーを視てみると、果敢にデル・ポトロを攻撃しているのが分かる。そして、戦術をよく考えてプレーをしている。最近、杉田選手がランクを上げているのは当然だ ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術女子テニスに戦術を
昔、クリス・エバートが強かった時、女子テニスは金持ちのスポーツであり、とてもアスリートのものとは言えなかった。しかし、当時のテニスはその分、戦術が優れており、体力の不足にもかかわらず面白かったように思う。対称的に現代の女子テニスは単調な打ち ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術テニスの戦術
最近はインチキコーチどもがテニスでは「時間を奪う」とか「時間を稼ぐ」というのが重要で、時間を支配したものが勝つのだと解説している。まともな知能の持ち主なら、「お前はディオのスタンド、ザ・ワールドか?」と突っ込みたくなるだろう。実際、時間を支 ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のUSオープンはナダル、デル・ポトロ、フェデラーの3者のベテランの戦いと言って良かった。この内、デル・ポトロはバックハンドに不安があったため、一番不利に見えた。しかし、実際にはデル・ポトロの怪我は思ったよりも完治しており、バックハンドは ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術テニスのバランス調整
最近のサーフェスの傾向としてフラットボールが再び有効になった事があげられる。これは速いサーフェスではフラットのボールが速いため、エースになりやすいからだ。しかし、このフラットボールは不安定な技術であり、調子の良いときには良く決まるが、調子を ... » more
テーマ 戦術 テニス

日本人と異なり、新しい技術を前向きに取り入れるアメリカ人はテニスでも早くから最新の技術を取り入れた。それがダブルハンドストロークとフォアハンドストロークの回り込みだ。アメリカ人の理論はシンプルだ。得意のフォアハンドで相手の弱点のバックハンド ... » more

プロの試合では雁行陣同士の打ち合いは珍しい。しかし、かつて、アンディ・マリーが雁行陣同士でロングラリーをやっていたのをYou Tubeで視た事がある。残念ながら現在はこの動画は見付からない。貴重なデータだが削除されたのかもしれない。この ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のウィンブルドンで錦織選手は3回戦でロベルト・バウティスタアグットに敗北した。この敗因について明確に説明している新聞記事はない。実際、バウティスタアグットは錦織対策の様な事は何も行わなかった。試合も錦織選手が優位に見えた。多くの解説者は ... » more
テーマ 戦術 テニス

プロのダブルスを見ていると前衛のポジションが多様である事が分かる。味方がサービスの時には前衛はネットにベタ詰めだ。これはサービスで相手を追い込めるという目論見からだ。相手のリターンが崩れれば、簡単にポーチで決める事ができる。一方で、レシ ... » more

 

最終更新日: 2018/09/21 08:24

「戦術」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る