誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    著者(やらわ)

著者(やらわ)

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 著者(やらわ)
テーマ「著者(やらわ)」のブログを一覧表示!「著者(やらわ)」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ
珈琲豆と和食器の店「小蔵屋」を営む草さんに舞い込む日常の謎を描いたシリーズ5作目。 「小蔵屋」の敷地に山車蔵を移転する話が持ち上がった。以前交わした覚書を元にした話だったが、それは、小蔵屋を畳ん.. » more

犯罪小説集(吉田修一)
5つの犯罪を描いた短編集。 女児行方不明、内縁の夫の依頼殺人、ギャンブルの末の横領、集落内の村八分からの大量殺人、元野球選手による強盗殺人と、5つの事件それぞれがどこかで読んだような・・・と思っ.. » more

手のひらの京(綿矢りさ)
結婚を焦る奥手な長女でアラサー女子の綾香、モテるが同性に嫌われる次女で社会人一年生の羽依、理系でマイペースな三女の大学院生の凛。両親と京都に暮らす三人の娘達。それぞれに悩みを抱えているが・・・。 .. » more

象は忘れない(柳広司)
「怒り」それも圧倒的な。この作品から感じることを一言で表すとすれば、この言葉以外はありえない。そんなことを感じた1冊でした。そして、感想を書こうとすると手が止まってしまって、なかなか言葉を綴れないので.. » more

ひょ~怖かった!怖い、怖い、怖いよーっ!と呟きながら読みましたです。 柚木さんって、ここまで女子の闇に迫った作品を書かれてましたっけ?いや、今までの作品もイタイなぁとかキッツイなぁと思いながら読.. » more

この作家さんの小説は以前読んで、イマイチだったんですよね。なので、その後は手に取ることはなかったんです。ところが、中学生になった姪が「読め!」とばかりに差し出してきたので、姪に弱いおばちゃんは、それは.. » more

「ランチのアッコちゃん」の続編。 また、アッコちゃんに会いたいなぁと思っていたので、続編が出てくれてとても嬉しい!そんな訳で「やったー!」と心の中で喝采を叫びながら嬉々として手に取ったのでした。.. » more

この本の発売日前日くらいにネットでまとめサイトみたいなものを目にして、母親の娘への愛情にグッときたんですよね。で、読んでみたいなぁと思って地元図書館で検索したら、購入予定に上がってたので速攻、予約した.. » more

ラスト・ワルツ(柳広司)
「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」「パラダイス・ロスト」に続くシリーズ4作目。短編2編と中編1編を収録。 もっと読みたい!と切望していたものの、「4作目も読めるとは!」と思っている自分.. » more

怒り(上・下)(吉田修一)
うーむ。うーーーむ。うむむむむぅ。 ・・・と、唸りたくなるような、なんとも読後感の悪い作品でした。 上下巻というボリュームに慄いて読もうかどうしようか迷っていたんだけど、本屋大賞にノミネートさ.. » more

人気ブロガーによる「週刊文春」連載の単行本化。 職場の同僚に教えてもらってから、著者のブログ「おひとりさまの食卓」をちょくちょく覗いています。ほとんどは眺めてるだけなんだけど(笑)、ごくたま~に.. » more

TVドラマのノベライズ本。 動物生態学の学者だった43歳の都鳥博士が警視庁の中途採用試験に合格し捜査一課に配属される。指導役は正義感の強い若手刑事の安永。年上の新人刑事と若くて熱血漢の先輩刑事が.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ

テーマのトップに戻る