誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    鉄道エッセイ

鉄道エッセイ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 鉄道エッセイ
テーマ「鉄道エッセイ」のブログを一覧表示!「鉄道エッセイ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
汽車の時代と文学
☆☆☆ …『用事がなければ、何処へも行ってはいけないという訳はない。何にも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行ってこようと思う。しかし“用事がない”というその境涯は、片道しか味わえない。なぜと言うに.. » more
テーマ 鉄道エッセイ

瀬戸大橋開通25周年に寄せて
四 国4県民400万人の夢を実現させた、瀬戸内海の備讃瀬戸を跨いで本州(岡山県倉敷市)と四国(香川県坂出市)を結ぶ瀬戸大橋が、1988(昭和63)年4月10日に開通してから今年で25周年を迎えた。また.. » more
テーマ 鉄道エッセイ

ついに消えたタブレット閉塞式に寄せる
-- かつては私も、某私鉄に勤めていた運転士時代に、自動閉塞式に移行するまでの6年間をタブレット閉塞式とともに過ごした経験を持つ。今年の春もようやく佳境に入ろうとしていたある日、JR久留里線のタブレッ.. » more
テーマ 鉄道エッセイ

女性貨物運転士の“心意気”を振り返る
か つて私が身を置いていた鉄道(西武鉄道)の貨物営業が、1996(平成8)年3月末日を以て80有余年にわたった歴史に終止符(実際上の貨物営業輸送の終焉は、1996年3月7日18時23分30秒横瀬駅到着.. » more
テーマ 鉄道エッセイ

追憶・三河島事故から半世紀
 5月が巡り来ると、決まって想いを寄せずにはいられないことが、私にはある。半世紀も前の、あの大惨事・三河島事故だ。  今私は、鉄道を退職して10年余りが経つ悠々自適の身だが、かつて在職中にあって列車.. » more
テーマ 鉄道エッセイ

線路脇の電信柱
 少年期の私の記憶はと問われれば、真っ先に脳裏に浮かんでくるのはいつも決まってヒューヒューッと車窓を掠め去っていった、線路脇に連なる電信柱の記憶である。  戦後間もない頃、記憶は定かではないが私が小.. » more
テーマ 鉄道エッセイ

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る