誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    外国映画

外国映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「外国映画」のブログを一覧表示!「外国映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「外国映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「外国映画」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『ギャング情報』:ピリリとしまった英国製犯罪映画 @DVD ことし初めての買い置きDVD鑑賞です。鑑賞したのは1962年製作の英国映画『ギャング情報』。いやもう、まったく知らなかった映画。監督はケン・アナキン。同年製作の『史上最大の作戦』の共同監督で名を馳せたが、たぶん、この ... » more

『イカリエ XB1』:発見されたのは我々である @DVD・レンタル ことし初めてのDVD鑑賞です。鑑賞したのは『イカリエ XB1』、デジタル・リマスター版で昨年日本初公開された1963年チェコスロヴァキアのSF映画です。さて、映画。2163年のこと。宇宙船イカリエ-XB1号は40人の ... » more

『葡萄畑に帰ろう』:え? それで? ははは・・・的な笑い @ロードショウ・単館系 先にレビューした『家へ帰ろう』に続けて(といっても劇場は異なるけれど)観たのが『葡萄畑に帰ろう』。先の映画は「家へ」で「へ」、こちらは「葡萄畑に」で「に」。微妙に異なり、ややこしい。「へ」だったか、「に」だったか、些末なこと ... » more

『家へ帰ろう』:こんな業突張り爺さんに付き合わされるのかと思ったが @ロードショウ・単館系 昨年末公開の『家へ帰ろう』、ロードショウで鑑賞しました。タイトルは「うちへかえろう」と読みます。1998年製作のアメリカ映画にも『うちへ帰ろう』という日本公開タイトルの作品があるので、ちょっとややこしいです。付け加えるならば ... » more

『クリード 炎の宿敵』:ロッキーのDNAとは、弱きことを認めることである @試写会 ことし初めての試写会鑑賞作品です。作品は『クリード炎の宿敵』。『ロッキー』シリーズのリブート作品『クリードチャンプを継ぐ男』の続編です。さて、映画。前作クライマックスのファイトで惜しくもチャンプを逃したアドニス(マイ ... » more

『ヘレディタリー/継承』:唐突すぎるぞ、この決着 @ロードショウ・単館系 ことし鑑賞2本目の作品は、『ヘレディタリー/継承』。昨年11月末にロードショウが始まり、観たい映画にチェックインしたまま、東京でのシネコンでは上映が終了してしまいました。さて、映画。米国の田舎町。グラハム家の祖母エレ ... » more

『ラッキー』:画面左に消え、再び現れる陸ガメのハナシ @DVD・レンタル 年末も押しつまって大晦日です。昨日観たこの映画が今年の最終鑑賞作品です。映画は『ラッキー』。2017年に他界したハリー・ディーン・スタントンの遺作です。さて、映画。米国中西部。90歳のひとり暮らしの老人(ハリ ... » more
テーマ 外国映画 2018年 男のドラマ  トラックバック(1)

『きみへの距離、1万キロ』:最後のエピソードはない方がよかったかも @DVD・レンタル 年末も押しつまって大晦日。この後、映画は観る予定がないので、昨日、一昨日に観たのが年内最後の鑑賞です。映画は『きみへの距離、1万キロ』、落穂ひろい的DVD鑑賞の続きです。さて、映画。米国デトロイト。ゴードン(ジョ ... » more

『あなたの旅立ち、綴ります』:嫌味が足りず物足りない @DVD・レンタル 年末も押しつまってきての落穂ひろい的DVD鑑賞の続きです。映画は『あなたの旅立ち、綴ります』。先に観た『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』に続いて、アマンダ・セイフライド主演ですね。さて、映画。女性記者アン(アマン ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2018年

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』:嫌味なく、そこそこ愉しめる続編 @DVD・レンタル 年末も押しつまってきましたが、落穂ひろい的DVD鑑賞です。映画は『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』。前作が2008年製作だから、10年ぶりの続編ですね。さて、映画。エーゲ海に浮かぶギリシアの島。ソフィ(アマン ... » more
テーマ 外国映画 ミュージカル・音楽もの 2018年  トラックバック(1)

『山河遥かなり』:ジンネマン監督のリアリズムとドラマツルギー @DVD 買い置きDVD鑑賞の続きです。映画は1947年製作のフレッド・ジンネマン監督『山河遥かなり』。2014年にミシェル・アザナヴィシウス監督が『あの日の声を探して』としてチェチェン紛争に舞台を移してリメイクしています。さて、映画 ... » more

『ディア・ハンター』4Kデジタル修復版:怨歌としての「ゴッド・ブレス・アメリカ」 @ロードショウ ことしは劇場で旧作を観ることが多かったですが、本年最後の劇場鑑賞も旧作リヴァイバル・ロードショウです。映画は『ディア・ハンター』、4Kデジタル修復版。以前にも(ロードショウ時ではないですが)一度観ていますが、ロシアンルーレット以 ... » more
テーマ 外国映画 男のドラマ 70年代  トラックバック(1)

『追いつめられて…』:サスペンス版『シベールの日曜日』ともいえるかも @DVD 買い置き廉価版DVD鑑賞の続きです。作品は『追いつめられて…』、1959年英国製作作品。監督はJ・リー・トンプソン 。2年後の1961年に『ナバロンの要塞』、1969年に『マッケンナの黄金』とアクション大作を撮っていますが、 ... » more
テーマ 外国映画 サスペンス 50年代

『ダイヤモンド作戦』(1959年):地味な作戦を彩るストリートオルガンの響き @DVD 買い置き廉価版DVDの鑑賞です。作品は『ダイヤモンド作戦』、1959年英国製作作品。監督はマイケル・マッカーシー。ジョン・エルドリッジと共同で脚本も担当していますが、日本公開作品はこれ1本のようです。さて、映画。 ... » more
テーマ 外国映画 50年代 アクション

『マイ・サンシャイン』: 理性なき世は真っ暗くら闇 @ロードショウ・単館系 『裸足の季節』のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督最新作『マイ・サンシャイン』、ロードショウで鑑賞しました。主演はハル・ベリー(元ボンドガール)とダニエル・クレイグ(現ジェームズ・ボンド)。さて、映画。様々な理由で両親と ... » more

『彼が愛したケーキ職人』: 愛の対象を共有したいという三角関係 @ロードショウ・単館系 鑑賞から1週間ほど経ってからのレビューです。映画は『彼が愛したケーキ職人』、イスラエルとドイツの合作作品です。イスラエルとドイツ・・・なんともセンシティブな関係の両国。それに輪をかけて、映画の内容も、男と男と女のセンシティブ ... » more

『謎の要人 悠々逃亡!』: 英国流頭脳派脱走喜劇 @VTR録画 久しぶりに録り置きVTRでの鑑賞です。映画は1960年製作のケン・アナキン監督『謎の要人悠々逃亡!』。放送されたのがいつだったか不明ですが、VHS(古!)録画してあったものです。さて、映画。第二次世界大戦後、10数年 ... » more

『若者のすべて』: ネオ・レアリズモの根底に流れるデカダンス @名画座 ことしは旧作を劇場で観る機会が例年よりも多いですが、この映画もそんな1本。映画は、ルキノ・ヴィスコンティ監督の1960年作品『若者のすべて』。東宝東和によりリヴァイバル上映された1983年に一度観ているので、35年ぶりの再鑑賞と ... » more
テーマ 外国映画 ヴィスコンティ 60年代  トラックバック(1)

『イーグルス・ウィング』:もう少し交通性がうまければ見応えも増したでしょう  @DVD 久しぶりに買い置きDVD鑑賞です。映画は『イーグルス・ウィング』、1979年アメリカ映画、日本では劇場未公開作品です。自分でも、この作品に限らずよくもこんなに劇場未公開作品のDVDを買っているなぁと思わなくもないのですが、「未公 ... » more
テーマ 外国映画 70年代 劇場未公開

2018年 外国映画/日本映画 マイ・ベストテン 2018年も残すところ2週間ばかり。いつもギリギリか時季外れに選出しているマイ・ベストテンですが、ことしは少し早めに選出しました。対象作品は、例年どおり、2017年12月1日〜2018年11月30日としています。まずは、外国 ... » more

『パッドマン 5億人の女性を救った男』: 女性の自立=生理と経済がリンク @ロードショウ・単館系 ここのところ公開作品が増えているインド映画。そのうちの1本『パッドマン5億人の女性を救った男』、ロードショウで鑑賞しました。さて、映画。21世紀初頭のインドの小さな村。新婚生活を送るラクシュミ(アクシャイ・クマール) ... » more

『私は、マリア・カラス』: 個人マリアと歌手カラスが巧みな語り口で描かれている @試写会 お正月公開のドキュメンタリー映画『私は、マリア・カラス』、ひと足早く、試写会で鑑賞しました。オペラについても浅学で、20世紀の歌姫マリア・カラスについても知っていることは少なく、プライヴェートでは、20世紀の海運王オナシスとの間に恋 ... » more

『アンブレイカブル』 :後半のスケールダウンがガッカリ感を増幅させる @DVD・レンタル 年明け早々に新作『ミスター・ガラス』が公開されるM・ナイト・シャマラン監督。新作は『アンブレイカブル』→『スプリット』と繋がるもので、さて、そもそもの発端はどうだったのかしらん?ということで、『アンブレイカブル』をDVDで再鑑賞です ... » more

『アリー/ スター誕生』 : ドラマと音楽が見事に噛みあった秀作 @試写会 久しぶりの試写会です。正月シーズンの映画『アリー/ スター誕生』。前置きはさておき、映画。歌手を夢見ていたが、現在はレストランの裏方をしているアリー(レディー・ガガ)。唯一夢を繋いでいるのは、週末に、ドラァグクイーン ... » more
テーマ 外国映画 ミュージカル・音楽もの 2019年  トラックバック(5)

『恐怖の報酬』 ウィリアム・フリードキン監督オリジナル完全版 : 逃れれれない運命 @ロードショウ この秋もっとも関心があったのがこの映画。ウィリアム・フリードキン監督の『恐怖の報酬』のオリジナル版。少し解説めいたことを書くと・・・この映画、アメリカでは1977年に封切られており、当時のメジャー映画会社パラマウントとユニヴ ... » more

『ドクトル・ジバゴ』 2002年BBC版: ダイジェストの2時間版 @DVD 久しぶりに買い置きDVDを鑑賞です。作品は『ドクトル・ジバゴ』。1965年製作のデヴィッド・リーン監督作品ではなく、2002年にBBCが製作したテレビムーヴィ版です。オリジナルは2回シリーズで、合計3時間45分。ですが、 ... » more
テーマ 外国映画 00年代 劇場未公開

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』: 魔法使い同士の争い開始、その序章 @シネコン ハリー・ポッターから繋がる魔法世界(ウィザーディング・ワールド・シリーズ)の「ファンタビ」第2弾『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、ロードショウで鑑賞しました。前作は1920年代の米国ニューヨークを舞台にして、垢抜 ... » more
テーマ 外国映画 特撮・ヒーロー 2018年  コメント(4) トラックバック(5)

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』: 愛と執着と幽霊と人間 @ロードショウ 11月に入って2本目の新作映画。作品は『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』。この映画が、期待と不安は綯い交ぜながらも、観たい映画リストでは最上位でした。さて、映画。米国テキサス州の片田舎。郊外 ... » more

『ダイ・ビューティフル』: 時系列を単純にした方がストレートに伝わったのでは @DVD・レンタル DVDによる落穂ひろい鑑賞、アジア映画の2本目はフィリピン映画『ダイ・ビューティフル』。昨年7月にロードショウされました。さて、映画。トランスジェンダーのトリシャ(パオロ・バレステロス)は、フィリピンのゲイ・ビューティ・ ... » more

『52Hzのラヴソング』: 嫌味のない台湾産ミュージカル @DVD・レンタル ここのところ継続実施中のDVDによる落穂ひろい鑑賞。今回は2本のアジア映画です。1本目は台湾映画『52Hzのラヴソング』(「52ヘルツのラヴソング」と読みます)。昨年12月にロードショウされました。さて、映画。バ ... » more
テーマ 外国映画 ミュージカル・音楽もの 2018年  コメント(2) トラックバック(2)

 

最終更新日: 2019/01/24 02:23

テーマのトップに戻る