誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    遺産の対象・評価・使途不明金

遺産の対象・評価・使途不明金

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 遺産の対象・評価・使途不明金
テーマ「遺産の対象・評価・使途不明金」のブログを一覧表示!「遺産の対象・評価・使途不明金」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
遺産分割で相続人の一人が被相続人を介護し、金銭管理もしていた、こういうケースでは、たいてい、使途不明金問題が発生します。要するに、被相続人を介護していた相続人のネコババ疑惑です。 相続人間で信頼関係.. » more

遺産は相続時に存在する必用があるから、相続後に発生した家賃は分割対象にならない。また、分割時にも、相続時と同じ形態で存在することが必用だから、例えば相続後に不動産を売却した売却代金債権は、遺産分割の対.. » more

最高裁大法廷平成28年12月19日判決は、預金は遺産分割の対象になると判断しました。このことから、可分債権も遺産分割の対象になると誤解しておられる先生方がおられます。 しかし、この判決は、「相続人数.. » more

Q 被相続人の遺産は自宅のみ。相続人は、長男Aと長女B。二人はその不動産を売却し現金化し、半分ずつ所持している。 しかるのち、Aは、この現金を遺産として遺産分割の調停を申し立てた。Aの主張は、被相続.. » more

設例1 被相続人の不動産があり、相続人は、長男A・二男B・三男Cの3人で、長男Aは、単独で3人の共有に法定相続分で相続分登記をしている。 この場合は、Aが、他の2名の了解を得ることなく、Aの持ち.. » more

遺産にアパートなんかの貸家がある場合、貸家の評価をどうするかという問題が常に生じます。 結論からいうと、一般的には、貸家であることをプラスにもマイナスにも評価しません。相続人の方でアパートを取得した.. » more

遺産分割で一番やっかいな問題の一つが非上場株式の評価である。不動産なら、価格評価で合意できないなら鑑定で解決できる。鑑定料は、高いとはいえ、常識的な金額で収まるからである。 ところが、非上場株式の評.. » more

預金は、相続と同時に指定相続分または法定相続分で分割され、遺産分割の対象にならないと解されてきた。 これは、民法の規定はそうなっているからである。 民法898条は、「相続人が数人あるときは、相続財.. » more

遺産分割の4大問題は、遺産の範囲の確定、使途不明金、特別受益、特別寄与です。このうち、実は、弁護士で「遺産分割の範囲の確定」が重要な問題だということを認識できている弁護士さんは、ほとんどおられません。.. » more

〔設例〕 被相続人が父。相続人は長男A、次男B。遺産は、500万円の不動産のみ。ただし、長男Aは、生前父から1000万円の贈与を受けており、1000万円の特別受益がある。一方、次男Bは、生前、父の口.. » more

遺産分割案件で一番難しいのは、使途不明金である。相続紛争で、相続人の一人が被相続人と同居していた場合などは、この使途不明金問題が生ずるのが普通であり、生じないときなど、「え、使途不明金問題、出てこない.. » more

遺産分割では、何時の時点での遺産や特別受益の評価をするのか これは、基本的な問題ですが、誤解されておられる弁護士さんが非常に多く、困惑することがしばしばあります。最近、ある遺産分割調停事件で、ある高.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る