誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    レミフェンタニル

レミフェンタニル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: レミフェンタニル
テーマ「レミフェンタニル」のブログを一覧表示!「レミフェンタニル」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
・本研究の目的は、プロポフォール-スフェンタニルまたはプロポフォール-レミフェンタニルのボーラス投与と急速導入法による麻酔導入後の気管挿管条件を比較することであった。 ・抜歯に際して挿管を伴う全.. » more

・覚醒時咳嗽は手術の完了後に患者に害を及ぼす可能性があるが、この症状を軽減するのにどの薬が最も効果的かは不明である。 RCT の系統的レビューとネットワークメタ分析を実施して、全身麻酔後の中等度から重.. » more

・腹腔鏡下手術中の CO2 気腹は、激しい血行動態の変化を引き起す。ただし、プロポフォールと併用た CO2 気腹に対する心血管反応を阻害するために必要なレミフェンタニル量は不明のままである。さらに、患.. » more

・誤嚥リスクのある患者には迅速導入(RSI)が推奨されるが、頻脈などの血行動態の有害事象が誘発される。この試験の目的は、高齢患者で、RSI 中にレミフェンタニルを追加した場合の頻脈(主要評価項目)、高.. » more

・不十分な周術期疼痛治療は、術後慢性疼痛の発症が高度に予測される危険因子として知られている。レミフェンタニルは長短時間作用性のオピオイドで、迅速で効果的な鎮痛を提供するが、オピオイド誘発性疼痛過敏の誘.. » more

・スフェンタニルの静脈内使用は咳嗽を誘発する可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔導入時のスフェンタニル誘発咳嗽に及ぼす小用量レミフェンタニルの前注入の抑制効果を評価することであった。 ・本前向.. » more

・本研究の目的は、レミフェンタニルが緊急外傷手術におけるストレス反応をスフェンタニルよりも効果的に抑制できるかどうかを調査することであった。 ・緊急手術となった 60 人の外傷患者を無作為にレミ.. » more

・プロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)は、吸入麻酔(IA)と比較して、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)中の出血を減らし、術野の質を改善するために提案されている。ESS 中の IA に対する TIVA.. » more

・全身麻酔からの覚醒中に、気管チューブによる咳嗽が頻繁に発生し、さまざまな有害な合併症を伴いうる。血管内神経手術を受ける患者では、咳嗽が頭蓋内圧亢進と関連しているため、咳嗽をすることなく全身麻酔からの.. » more

・疼痛監視装置(Pain Monitoring Device:PMD)モニタ(Medasense Biometrics Ltd.、Ramat Gan、イスラエル)は、侵害刺激を検出するのに最近良好な感.. » more

・レミフェンタニルの誤った管理は、オピオイド誘発性耐性や痛覚過敏などの重篤な副作用を引き起こす。最近の研究は、これらの副作用を制限するために代替離脱法を明らかにした。レミフェンタニルの漸減は、より少な.. » more

・高齢者は初期分布容量の減少とプロポフォールに対する感受性の増加のためにプロポフォールによって引き起こされる血行動態的不安定性に対してより脆弱である。ミダゾラムやレミフェンタニルは、それらのプロポフォ.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る