誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    レミフェンタニル

レミフェンタニル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: レミフェンタニル
テーマ「レミフェンタニル」のブログを一覧表示!「レミフェンタニル」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
・デキスメデトミジンとレミフェンタニルは麻酔からの覚醒時の気道反射を抑制することがよく知られているが、どちらがより効果的であるかは不明である。デキスメデトミジンとレミフェンタニルの咳嗽の発生抑制効果を.. » more

・レミフェンタニルはバランス麻酔に有用であるが、オピオイドによる痛覚過敏が懸念される。末梢神経ブロック後の痛覚過敏を特徴とするリバウンドペインに対するレミフェンタニルの効果についてはほとんど研究されて.. » more

・本研究は、ヒト大腸癌をラットに同部位移植した際の術後疼痛および認知機能の回復に及ぼすレミフェンタニルとスフェンタニル麻酔の効果の差を検討することを目的とした。 ・ヒト大腸癌細胞 HT-29 を.. » more

・本研究では、迅速導入・挿管(RSII)において「タイミング・プリンシプル変法」によってロクロニウムを投与した場合の挿管条件を、ゴールドスタンダードであるサクシニルコリンと比較することを目的とした。 .. » more

・レミフェンタニルは超短時間作用型オピオイドであり、時にオピオイド誘発性痛覚過敏を引き起こすことから、術中のレミフェンタニル投与と術後疼痛の関連性について議論がなされている。本研究では、術中のレミフェ.. » more

・レミフェンタニルは超短時間作用型のオピオイドであり、血行動態の管理を容易にする。しかし、レミフェンタニルはその強力な速効性により、術後の痛覚過敏が懸念されている。本研究の目的は、脊椎手術後の視覚アナ.. » more

・全静脈麻酔(TIVA)の適用は、吸入麻酔と比較して実用的ではないと考えられている。大方は推奨されていないものの、臨床現場では静脈内麻酔薬の混合が盛んに行われてい。本研究の目的は、 TIVA にレミフ.. » more

・研究の目的は、小児の腹腔鏡下ヘルニア手術において、レミフェンタニルの血漿中目標濃度の差が、セボフルランのアドレナリン反応をブロックするための最小肺胞濃度(MAC)(BAR)に及ぼす影響を調査すること.. » more

・研究の目的は、ラリンジアルマスクエアウェイ(LMA)麻酔下で腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術を受ける患者において、プロポフォールとレミフェンタニルの併用が血行動態および麻酔効果に及ぼす影響を検討することであっ.. » more

・レミフェンタニルの目標制御注入は、全身麻酔からの覚醒時に効果的に咳嗽を抑えることが知られている。しかし、喫煙が覚醒時の咳嗽に及ぼす影響については、いまだに議論の余地がある。本研究では、腹腔鏡下または.. » more

・本研究では、電気けいれん療法(ECT)を受ける患者において、プロポフォール治療に異なる用量のレミフェンタニルを追加することが、プロポフォール単独と比較して、発作持続時間、血行動態の変化、回復時間など.. » more

・本研究では、冠動脈バイパス手術を受けた低駆出率患者を対象に、フェンタニルまたはレミフェンタニルのいずれかをエトミデートと併用して、患者反応と血行動態パラメータを評価した。 ・冠動脈手術 30 .. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る