誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    内田百閒

内田百閒

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「内田百閒」のブログを一覧表示!「内田百閒」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
漱石枕流 篇
2009年2月1日   寒風の中でも元気な水仙(和水仙)。 黄水仙も。 近所で咲いていた花。ヒマラヤ雪ノ下かな? 1月後半は公私ともに忙しくてブログ記事を1回スキップしてし.. » more
テーマ 内田百閒

田んぼに水が引かれたその晩、一斉に蛙の大合唱が始まる。水が引かれた途端にだ。彼らは一体どこに潜んでいたのか。 どうも車の運転中に蛙の合唱が聞こえたりすると、どうしても内田百閒先生の鹿児島阿房列車.. » more
テーマ 内田百閒

話が長いので途中で飽きちゃったらそこでやめてくださって結構です。  * * * * * * * * * * *  始業の鐘が鳴ってから、五分ばかりのうちに、大概の先生はみんな教室に出かけてしま.. » more
テーマ 内田百閒

思いつきでしか書いてないから、と、前置きしておく。 志賀直哉っぽいとか、川端康成っぽいとか言って散々勝手なことを書いているけれど、実は何も知らない。 志賀直哉に至っては、文章の部分をつまみ食い.. » more
テーマ 内田百閒

内田百閒の文学を「まったく人生の役に立たないことを知的に書いている」と、ある人が言っている。 私は内田百閒の作品を、百鬼園随筆、第一阿房列車、第二阿房列車、第三阿房列車の4冊しか読んだことがない.. » more
テーマ 内田百閒

阿房列車 内田百閒 昭和26年「小説新潮」11月号に掲載された「鹿児島阿房列車」前章の話。 汽車の中で酒を酌み交わす百閒先生と山系君。燗をつけた酒を詰めた魔法瓶2本持参したにもかかわらず、お互.. » more
テーマ 内田百閒

・・・ 阿房(あほう)と云うのは、人の思惑に調子を合わせてそう云うだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考えてはいない。用事がなければどこへも行ってはいけないというわけはない。何にも用事はないけれど、.. » more
テーマ 内田百閒

随筆は書き手の人柄がストレートに出るから面白い。たとえ脚色して書かれていても、その人の周りに漂う空気がどんなものかを感じ取ることができる。 夏目漱石の門下生で、芥川龍之介とも親交のあった内田百閒.. » more
テーマ 内田百閒

東海林さんのエッセイの中に ‟ 旅行カバンは予定より必ず巨大化する ” という一節がある。 一週間の旅行で、どれくらいの大きさのカバンがいいのか判断するのに、最初は中くらいの大き.. » more
テーマ 内田百閒

イヤダカライヤダ。芸術院会員に推薦された際に辞退したときの弁がイヤダカライヤダ。 詳細は ・なぜ辞退したいか ---芸術院という会に入るのがいやなのです。 ・なぜいやか ---気が進.. » more
テーマ 内田百閒

今、内田百閒の随筆が面白い。  * * * * *  金は物質ではなく、ただ主観に映る虚像にすぎない。或いは、さらに考えていくと、金は単なる観念である。決して実在するものでなく、したがってこれ.. » more
テーマ 内田百閒

イヤダカラ、イヤダの流儀
久しぶりに、内田百閒の随筆を読む おそらく10年ぶりくらいであろうが、以前に読んだときには あまりどうとも思わず、新潮文庫の『百鬼園随筆』を “ふ~~~ん” と軽く読み飛ばして、その後は本.. » more
テーマ 内田百閒

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る