誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    寺社観光

寺社観光

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 寺社観光
テーマ「寺社観光」のブログを一覧表示!「寺社観光」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
海住山寺から加茂駅を越えて南に行く当尾の山中に、南山城の古寺「岩船寺」がある。このあたりは自然豊かな里山の風情が残り、歩くと大変気持ちが良い。このお寺も創立は729年と古く天平の頃とな.. » more
テーマ 寺社観光

京都府木津川市加茂町の海住山の中腹にある古寺である。京都検定の試験に出るまでこういうお寺のあるのを知らなかった。それからは何度か訪れたが、浄瑠璃寺や岩船寺とともにこのあたりの古寺を巡る.. » more
テーマ 寺社観光

海住山寺の国宝五重塔は高さが17.7mと東寺や醍醐寺、仁和寺に比べると小ぶりである。しかし、檜の古木がそばに寄り添い、鎌倉時代(1214年)に建てられた、この五重塔の風格を高めている。東寺では礎石.. » more
テーマ 寺社観光

一休寺の前のバイパスが出来てここへのアクセスは非常によくなった。それでも禅寺の寂びて凛としたお寺の感じは今も変わらない。このお寺は鎌倉時代に南浦紹明(なんぽじょうみょう)が禅の道場とし.. » more
テーマ 寺社観光

一休寺の方丈の白砂の前庭から、十六羅漢を擬した「十六羅漢の庭」として有名な東庭を見て、北庭に向かうと枯滝落水を表現した「蓬莱庭園」が現れる。方丈周囲の庭園は松花堂照乗、佐川田喜六、石川.. » more
テーマ 寺社観光

宇治神社を過ぎ、宇治川の東岸を奥(南)へと歩くと宇治十二景の一つ、「春岸の山吹」「興聖の晩鐘」で知られる興聖寺がある。興聖寺は山号を仏徳山といい、その山を背景とする粛然とした禅刹である.. » more
テーマ 寺社観光

琴坂を出るとそこが龍宮造の楼門となる。この日は修復中で見られなかった。その奥に火炎窓風の格子のある白い築地塀で仕切られて薬医門があり、その門奥に興聖寺の本堂が見えている。背景は仏徳山で.. » more
テーマ 寺社観光

京都紹介・・・興聖寺の血天井
興聖寺の本堂(法堂)は伏見城の遺構と伝えられている。本堂には本尊の釈迦如来が祀られる。本堂の左手に三面大黒天が祀られている。毘沙門天、弁財天と合体した大黒天で、圓徳院にある秀吉の念持仏.. » more
テーマ 寺社観光

宇治川が南東から北西へ流れているので、京都から来るといつもここの東西南北に迷いが出る。宇治神社は宇治川東岸にあり、平等院は西岸となる。1052年に藤原道長の別荘であった宇治殿を子の頼通.. » more
テーマ 寺社観光

平等院鳳凰堂は池の中島上に東面して建てられている。平安時代の阿弥陀堂の代表的遺構であり、復元された州浜も頼通の時代の庭園意匠を見せている。栄華を極めた藤原頼通一族により、絢爛豪華に展開.. » more
テーマ 寺社観光

宇治神社の奥に宇治上神社がある。次に写真紹介する拝殿と本殿だけの神社だが、本殿は平安時代1060年代の神社建築であり、日本最古の遺構という。本殿も鎌倉時代のもので、共に国宝であり、1994.. » more
テーマ 寺社観光

宇治上神社のご祭神は応神天皇と仁徳天皇、そして菟道稚郎子命(ウジノワキイラツコノミコト)の三柱である。由緒は宇治神社のところで紹介したので割愛するが、本殿の建物は平安時代後期の神社建築.. » more
テーマ 寺社観光

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る