誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    星野道夫

星野道夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 星野道夫
テーマ「星野道夫」のブログを一覧表示!「星野道夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
    2018年7月1日(日)の午後3:~4: 母と一緒に高志の国文学館で、「没後20年 星野道夫の旅Selection」の展示を鑑賞してきました。 主催は 高志の国文学館。 共催は 朝日新聞社。.. » more
テーマ 星野道夫

市川市で生まれた写真家星野道夫のアラスカでの写真をスクリーンに写しだし、その前で星野のエッセイを磯部弘が朗読するという趣向の舞台である。入場料は1800円とあるが、私はチケットをいただき、妻と出向く。.. » more
テーマ 星野道夫

星野道夫さんがシベリアの地で逝ってからすでに20年。彼の残した写真と心が洗われるような感性豊かな文章の数々は、今でも多くの人を魅了しています。彼の没後20年にあたって、写真展が開催されています。 .. » more
テーマ 星野道夫

写真家でありエッセイストでもあった故星野道夫さんが、大気は太古の昔からの無数の生き物たちが吐く息を含んでいるので、風こそは、太古からの化石だと、述べているのを思い出しました。改めてその著作を探してみる.. » more
テーマ 星野道夫

「常連さん達のお薦めメニュー」と、ライナーノートと呼ぶべきかどうか判断に迷うところの歌詞集の冒頭に記された言葉が、このアルバムを物語っています。いわゆるベスト盤が入門書的な意味合いが強いとすれば、この.. » more
テーマ 星野道夫

奈良県明日香村の水落遺跡は、斉明6年(660年)、中大兄皇子(後の天智天皇)により造られた、わが国初の水時計である漏刻台の跡です。漏刻台とは、導排水管をめぐらし、一定の速度で水を流すことで時を計る時計.. » more
テーマ 星野道夫

およそ6年ぶりに星野道夫さんの写真展に行ってきました。これほどゆったりとした雰囲気で鑑賞する彼の写真展は初めてです。これまでの写真展がデパートを会場としていたのに対して、六本木のミッドタウン内のフジフ.. » more
テーマ 星野道夫

第1111夜 【クマよ】
【クマよ】 福音館書店 2011年3月20日発行 たくさんのふしぎ傑作集 星野道夫 文・写真 クマはなぜだか特別な動物に思えます。 その存在だけで、物語を秘めているような。 人間よりも深.. » more
テーマ 星野道夫

漢の武帝、張騫、衛青、霍去病、匈奴の冒頓単于。高校の世界史を思い出す何ともワクワクしてしまう名前が並んでいます。北方謙三さんの『史記・・武帝紀』全7巻を読み終えました。 中国史ものとして三国志や.. » more
テーマ 星野道夫

僕の手元に星野道夫さんの講演録「魔法の言葉」があります。その中に、1995年1月京都東山山麓の法然院で開催された写真展に併せて行われた講演録が掲載されています。東山山麓にひっそりと佇む法然院を.. » more
テーマ 星野道夫

『これまで死者に会わなかったわけではない。六十数年の人生でぼくは何人もの肉親や友人を失った。棺に収まった姿に別れを告げたことも十回を超えている。しかし、それはどれも整えられた死者だった。親しいものが逝.. » more
テーマ 星野道夫

極北の地アラスカの自然とそこに生きる動物や人びとの写真と、透徹した感性で心に響く数々のメッセージを残した星野道夫さん。彼がカムチャッカの地で逝ってから来月で15年を迎えます。その著作の中で僕が最も好き.. » more
テーマ 星野道夫

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る