誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ミステリー

ミステリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ミステリー」のブログを一覧表示!「ミステリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ミステリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ミステリー」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

先月、読んだ『無実はさいなむ』――。原作でマープルが登場しないのに、同じシーズン3でドラマ化されたのが『ゼロ時間へ』。来月帰省した時に、持ってこようと思います。ドラマ化というのは、イギリスのテレビ局の『アガサ・クリスティ ... » more

再読。 タフガイ ハードボイルド。 戦後のローマでアメリカ石油現場プロマネがソ連の非情なスパイ相手にルーガーを振り回す。 真ん中あたりからのサスペンスが簡単に殺すのでよろしくなし。 ... » more
テーマ ミステリー

最果ての国(50)聖十字領域 横内正彦-著50.聖十字領域「デューク・バード越冬隊長――」と、丸椅子に腰をおろしていた王署長が、抑揚の乏しい口調で呼びかけた。「あなたの語録を拝見した。独創的なところが多々あって感心した。一番感心したのは、【聖十字 ... » more

二週間前の『ジーキル博士とハイド氏』に続く、明治図書中学生文庫――。お盆で帰省した時に実家から持ち帰り、おととい読み終えました。コナン・ドイルを読むのは2年ぶり。その時の『シャーロック・ホームズの帰還』でこんなことを書いてい ... » more
テーマ ミステリー コナン・ドイル

最果ての国(49)真の三位一体 横内正彦-著49.真の三位一体「ドクター、警部補。お邪魔しますよ」急にそんな声が聞こえ、ドアの開く音がした。シラセが振りかえると、左脇にぶ厚い赤い本をはさんだミラー区長が見えた。シラセはひょいと立ちあがり、今まで ... » more

宇宙暦研究最果ての国(48)主の再臨
最果ての国(48)主の再臨 横内正彦-著48.主の再臨「よろしいですか。シラセ先生、それからフリードマン警部補――」と鉄格子越しにバードが言った。「8月1日の夜、マルメラードフがわたしのもとにやって来て指導を求めました。わたしは、このように告げ ... » more

宇宙暦研究最果ての国(47)問題発生
最果ての国(47)問題発生 横内正彦-著47.問題発生「言うまでもないことですが、7月4日は米国の独立記念日――」とシラセは笑みを浮かべながら言った。「米国人にとっては愛国の日です。この日、エリントンは極点塔に星条旗をかかげ、南極点基地の皆さん ... » more

再読。 原題 heaven run last は 最後は天国行き か? ノミやのジョニーがアリスとできて復員した夫オルソンをはめて殺人わする。真犯人が先にでて 完全犯罪が崩れてゆく倒叙型ミステリー。 最後はアリスに裏切られるが悪を通して死 ... » more
テーマ ミステリー

宇宙暦研究最果ての国(46)確執
最果ての国(46)確執 横内正彦-著46.確執「シラセ先生。2000年の5月には、どんなことがあったでしょうな」と、バードが言葉を入れた。「5月ですか――」とシラセは言って、またもやカレンダーを見た。「5月14日は母の日で、5月29 ... » more

宇宙暦研究最果ての国(45)復活
最果ての国(45)復活 横内正彦-著45.復活「ヒント。2000年の南極点滞在期間」とスカイは両目を細めて言った。「2000年の南極点滞在期間――?」とシラセは聞きかえした。それからこめかみに人さし指をつきたて、「あなた方は、ずっと ... » more

【ネタバレ】「大穴」 ディック・フランシス ODDS AGAINST (1965) Dick Francis大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2))早川書房 ディック・フランシス Amazonアソシエイト by なんということでしょう、 ... » more

宇宙暦研究最果ての国(44)裁くこと
最果ての国(44)裁くこと 横内正彦-著44.裁くこと「ああ――」と、シラセは右手で左胸をおさえながら嘆いた。「あなたがたは、なんてむごいことをしたんでしょう」「むごい――?」と、スカイが鼻にたてじわをよせながら吐き捨てるように言った。「どこがむご ... » more

題名につられて買ったが愚作。引きこもりの湊大海がなんとか建設の悪オーナー息子とか常務とこ暴力男とかと闘う。会社がまるっきり嘘っぽい。筆者が会社経験ないみたい。雑誌連載やのようだが徳間書房もチョロい。 ... » more
テーマ ミステリー

最果ての国(43)パラダイスという名の地獄 横内正彦-著43.パラダイスという名の地獄1月3日午前10時49分、生物棟アイソレーション・ルーム――「おい、俺も仲間に入れてくれよ――」シラセの背後で、そう言ったのはフリードマンだった。フリードマンは持参した丸椅子 ... » more

【ネタバレ】「偽のデュー警部」 ピーター・ラヴゼイ THE FALSE INSPECTOR DEW (1982) Peter Lovesey偽のデュー警部 (ハヤカワ・ミステリ文庫 91-1)早川書房 ピーター・ラヴゼイ Amazonアソシエイト by 殺 ... » more

最果ての国(42)再生派キリスト教 横内正彦-著42.再生派キリスト教1月3日午前10時44分、生物棟アイソレーション・ルーム――「あなた方はなぜイスラム教徒を敵視しているんですか」とシラセは、鉄格子の向こうにいるスカイに聞いた。「コーランの5 ... » more

最果ての国(41)南極点ベイビー 横内正彦-著41.南極点ベイビー1月3日午前10時39分、生物棟アイソレーション・ルーム――「隊長が言わないなら、あっしが言うよ。いいかい?」スカイがバード隊長の左肩をつかんで言った。バード隊長はその手を払いのけ ... » more

最果ての国(40)南極のハルマゲドン 横内正彦-著40.南極のハルマゲドン1月3日午前10時8分、生物棟――そこには白くて長い廊下があった。向かって右側にはトマト・小松菜・レタスなどを育てるためのグリーン・ルーム(LED水耕栽培室)があり、向かって左側に ... » more

1977年再読。 初出はオール読物 昭和37年、入社の年。 金額がちょうど一桁違う。大阪の早川電気みたいな会社が舞台、美人秘書が殺されるミステリー。 このころは純粋ミステリーだが、クラブの女や秘書を抱かせる接待とか重吾ワールドが出てくる。 ... » more
テーマ ミステリー

最果ての国(39)テラ・ノヴァ 横内正彦-著39.テラ・ノヴァ「ドクター……ドクター・シラセ、目をさまして!」その声に導かれ、シラセは両目を開けた。近くにミラー区長の顔があり、遠くに王署長の顔があった。二人とも杭のようにつっ立っていた。「あ ... » more

最果ての国(38)深夜のお茶会 横内正彦-著38.深夜のお茶会「各自、自由に飲んでちょうだい――」キャスターつきの回転椅子を楕円形のガラス・テーブルの横まで転がしてきた区長が、テーブルの上の物――カップ&ソーサー、ティー・バッグ、砂糖入れ、ネコ型の魔法 ... » more

「麒麟の翼」感想 「麒麟の翼」感想/講談社文庫東野圭吾著本編というか本筋ももちろん面白かったんですけど、個人的に序盤の加賀刑事と看護師のやりとりに萌えまくったね。ロマンス好きとしては外せなかったね!なんちゅーか久しぶりに主役に色づいた話来 ... » more
テーマ ミステリー

半月ほど前、『無実はさいなむ』がドラマ化されることを知りました。日本ではなく、英BBCの話ですが・・・。以下、映画.comからの引用です。------------------------------------------- ... » more

最果ての国(37)シラセと署長の見解 横内正彦-著37.シラセと署長の見解「はい――」とシラセは自分のメモ帳を見ながら、おごそかな口調で言った。「支配人によると、表示時刻の複製者は中央監視室の技師長トーマス・ヤマカワだそうです。私は、トーマス・ヤマカワが ... » more

最果ての国(36)区長の見解 横内正彦-著36.区長の見解「王署長。『百聞は一見にしかず』って言うでしょう?南極点基地がかかえている問題をお見せします――」王署長の横に立ったミラー区長がそう言って、焦げ茶色のハンド・バッグの中から小さなガラス玉を取り ... » more

最果ての国(35)シラセと隊長の見解 横内正彦-著35.シラセと隊長の見解1月2日午後10時5分、捜査本部――ふたたび王署長の横に立ったシラセは、捜査員たちに向かって、「皆さんに、ご報告します。先刻、南極点ホテルに行ってまいりました。このホテルは、殻(か ... » more

最果ての国(34)犯行の現場と時刻 横内正彦-著34.犯行の現場と時刻「えーと、ですね――」とシラセはフリードマンの顔を見ながら、ゆっくりと言った。「犯行の現場は南洋園の居間のカウチの上……犯行の時刻は2000年12月31日の午後11時半頃ではないかと ... » more

最果ての国(33)密室事件について 横内正彦-著33.密室事件について「たいへん申しあげにくいことですが――」と、王署長のそばに行ったシラセは警官たちに対して言った。「私は警部補らの見解に反対です。私は、支配人、ボーイ、アベルソンらを知っています。彼ら ... » more

最果ての国(32)警官たちの見解 横内正彦-著32.警官たちの見解捜査報告――長々とした説明――を終えたフリードマンに対し、王署長が抑揚のとぼしい低い声で言った。「警部補。犯人の目星はついているのかね」「は、はい、署長――」とフリードマンは両目を ... » more

最果ての国(31)診療室から病室へ 横内正彦-著31.診療室から病室へシラセとスカイは、「急患でしょうか」「十中八苦、急患だよ」などと言いながら診察室のドアを開いた。だが、彼らを待っていたのは区長と来訪者、それから隊員たち(デューク・バード、ジョージ・クロ ... » more

 

最終更新日: 2018/09/22 16:35

テーマのトップに戻る