誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ミステリー

ミステリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ミステリー」のブログを一覧表示!「ミステリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ミステリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ミステリー」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

『平城山を越えた女』と同様、『遺譜 浅見光彦最後の事件』がきっかけの再読。草西珈琲店の老マスターがよい味を出しています。浅見家と草西老人との繋がりがどういうものであるのか、ほんとうのところ、浅見はあまりよく知らないのだが、草西老 ... » more

きのうの『平城山を越えた女』に続き、『鳥取雛送り殺人事件』――。再読のきっかけは、『平城山を越えた女』の17ページの記述。浅見は少しもったいをつけた言い方をしたが、「大忙し」は嘘でも大袈裟でもない。そのころの浅見は、雛人形がから ... » more

『遺譜 浅見光彦最後の事件』中の浅見光彦誕生日会に大集合した歴代ヒロイン。誕生日会後、本沢千恵子の次に登場が多かったのは、阿部美果でした。――ということで、その阿部美果がヒロインだった『平城山を越えた女』を久しぶりに再読。覚 ... » more

nkp book short comment黒岩重苦 腐った太陽
再読。 昭和30年代のコールガール上がりの美人社長秘書が社長を殺した犯人を追う本格派ミステリー。それらしき二人が外れるが真犯人の動機の必然性が弱い。最後のガス自殺はいただけない。セックスシーンは重吾?。 ... » more
テーマ ミステリー

『死者のあやまち』 アガサ・クリスティー 田村隆一 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 1時間ほど前にエントリーした『地図の遊び方』の冒頭――。先月、帰省した時に持ち帰った4冊のうち、エントリー済みなのは『消えたボーイフレンド』だけ。次の帰省はあすなのですが、1冊は読み終えていないし・・・。とりあえず、「読み終 ... » more

『ドーバー海峡殺人事件』:探偵そのものに焦点を当てた異色ミステリ @VHS アガサ・クリスティの小説『無実はさいなむ』の映画化作品『ドーバー海峡殺人事件』、中古VHSで鑑賞しました。製作されたのは1984年。日本公開は1985年のお正月作品として同年の年末。ロードショウ当時も観ているのですが、英国B ... » more

きのうに続き、『遺譜 浅見光彦最後の事件』。昨夜の時点で150ページほど残っていた下巻を、先ほど読み終えました。ドイツ・オーストラリアまで舞台を広げ、戦中まで時代を遡り・・・。どうやって収束するのか見当がつかなかったのですが ... » more

先々週買った3冊を読み終えたので、おととい、新たに3冊購入。そのうち2冊は、『遺譜 浅見光彦最後の事件』の上下巻。去年、ノベルズが出た時に買い損ねましたが、1年で文庫になるとは・・・。買い損ねてよかったです。。永遠の33 ... » more

『ユリゴコロ』:途中までの禍々しさが最後まで持続していれば・・・ @ロードショウ・シネコン 沼田まほかる原作小説の映画化『ユリゴコロ』、ロードショウで鑑賞しました。湊かなえに続く「イヤミス」の女王だそうだが、小説は読んでいない。が、秋ごろのこの時期に登場する東映作品、昨年の『少女』もなかなかだったが、意外と侮れない。 ... » more

『ユリゴコロ』('17初鑑賞108・劇場) ☆☆☆☆−(10段階評価で8)9月29日(金)OSシネマズ神戸ハーバーランドスクリーン9にて12:10の回を鑑賞。見どころ:第14回大藪春彦賞を受賞し、第9回本屋大賞にもノミネートされた沼田まほかるのミステリ ... » more

先月読んだ『城崎殺人事件』について、こんなことを書きました。ストーリーはすっかり忘れていましたが、ここで登場するのが「保全投資協会」。解説では、例の「投資ジャーナル」ではなくて「保全投資協会」の事件とありますが・・・。保 ... » more

今年10回目の帰省。電車の中で読み終えたのは、きのう買ったばかりの『ポアロとグリーンショアの阿房宮』です。途中、けっこう寝てしまったのに読み終えたのは、160ページほどしかないから。まえがきなどを除くと、本文は120ページちょっ ... » more

『白い闇の女』:A・ブロディの個性が光るハードボイルド篇 @DVD・レンタル 今春、小規模ロードショウされた『白い闇の女』、DVDで鑑賞しました。主演はエイドリアン・ブロディ。『戦場のピアニスト』で米国アカデミー賞主演男優賞を獲得しているが、以後『ヴィレッジ』『ジャケット』『ジャーロ』『心霊ドクターと消さ ... » more

地獄での23分 ~ ビル・ワイズ氏証~ 2015/11/25 に公開ビル・ワイズ氏が体験した、地獄での23分間炎が体を焼き尽くし、うじがまとわりつくイエス・キリストは、天国について語る ... » more
テーマ ミステリー 死後の真実

ハリケーン「イルマ」が引き起こした世にも奇妙な気象現象が確認されるhttp://karapaia.com/archives/52245869.html ... » more
テーマ ミステリー

『三度目の殺人』('17初鑑賞103・劇場) ☆☆☆☆−(10段階評価で8)9月9日(土)109シネマズHAT神戸シアター8にて16:10の回を鑑賞。見どころ:第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法 ... » more

『この地球に巨人は存在している』 2017/09/09 に公開前作のスーパーソルジャーの映像に続き、今回はそれを裏付ける、情報でフォロー。映像の語り手は、巨人の真相を40年以上突き詰めてきた、この分野 ... » more
テーマ ミステリー

『三度目の殺人』:事件の真相、そして三度目の殺人とは @ロードショウ・シネコン 是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』、ロードショウで鑑賞しました。近作は『海よりもまだ深く』『海街diary』と心温まるヒューマンドラマが続いていた同監督。最新作は、殺人事件を中心した法廷ミステリー。前置きは簡潔に、さて、映画 ... » more

【ネタバレ】「特別料理」 スタンリイ・エリン MYSTERY STORIES (1956) Stanley Ellin特別料理 (ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房 スタンリイ エリン Amazonアソシエイト by 殺人者はアルミスタン羊の夢を見るか ... » more

地震の後でヤバすぎる発見が!進撃の巨人が日本に実在した!?嘘のようで本当の驚くべき話 ... » more
テーマ ミステリー

宇宙暦研究最果ての国(54)極夜
最果ての国(54)極夜 横内正彦-著54.極夜2月上旬――南極点ホテルは消えつつあった。大部分が解体され、使えそうな物は南極点基地に運ばれていた。南極点診療所にもカウチや装飾品や電気製品などが運ばれていた。診察室や病室の雰囲気は、がらりと変 ... » more

【ネタバレ】「あなたに似た人」 ロアルド・ダール SOMEONE LIKE YOU (1948) Roald Dahlあなたに似た人〔新訳版〕 I 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕早川書房 ロアルド・ダール Amazonアソシエイト by 酸いも甘いも噛み分け ... » more

最果ての国(53)マインド・コントロール 横内正彦-著53. マインド・コントロール1月の下旬、フリードマン警部補の来訪があった。彼は、南極点診療所にいたシラセ医師とミラー区長に対し、このようなことを語った(手帳を見ながら)。「あのさあ、南極点の事件の捜査に ... » more

『城崎殺人事件』 内田康夫 (徳間文庫) 順序がおかしなことになりましたが、『ゼロ時間へ』より先に読み終えていたミステリー。これもお盆に帰省した時に持ってきた本です。浅見シリーズから『城崎殺人事件』を選んだのは、豊岡市の地理を再確認したかったから・・・。豊岡本庁−城 ... » more

最果ての国(52)ヨブの受難 横内正彦-著52.ヨブの受難1月2日の午後、多くの人が――南極点ホテルの宿泊者たち、マクマード基地の警官たち、被疑者たち、遺体袋にいれられた者たちが――南極点基地をはなれた。そして、航空機でマクマード基地にむかった。南極 ... » more

探偵が早すぎる(上・下)講談社タイガ〜井上真偽 最初、コルクT氏に教えて頂いて、「恋と禁忌の述語論理(講談社ノベルス)」と「その可能性はすでに考えた(講談社ノベルス)」を読み、すっかり井上真偽さんのファンになったウリ坊です。その後、「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた(講談社ノ ... » more
テーマ ミステリー コルクT氏 友人  コメント(6)

ツイッター転載の小ネタ集:六・七・八月の闘いです6月5日 大量投下と天皇陛下ってまぎらわしい6月9日芦田愛菜ちゃん、もう矢口真里と同じ身長なんだな。ピースの綾部はアメリカでジャクリーンビセット(超熟女)と交際して ... » more

最果ての国(51)もうひとつの殺人事件 横内正彦-著51.もうひとつの殺人事件その後、シラセと王署長は南極点診療所の病室にもどった。そこにはミラー区長とワインハウスがいた。王署長は肘かけ椅子に座るとすぐに、自分の判断を口にした。「諸君、吾輩はこう判断した。 ... » more

先月、読んだ『無実はさいなむ』――。原作でマープルが登場しないのに、同じシーズン3でドラマ化されたのが『ゼロ時間へ』。来月帰省した時に、持ってこようと思います。ドラマ化というのは、イギリスのテレビ局の『アガサ・クリスティ ... » more

再読。 タフガイ ハードボイルド。 戦後のローマでアメリカ石油現場プロマネがソ連の非情なスパイ相手にルーガーを振り回す。 真ん中あたりからのサスペンスが簡単に殺すのでよろしくなし。 ... » more
テーマ ミステリー

 

最終更新日: 2018/09/15 16:10

テーマのトップに戻る