誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ミステリー

ミステリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ミステリー」のブログを一覧表示!「ミステリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ミステリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ミステリー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『悪魔が来りて笛を吹く』: ヒロイン役はベスト、新解釈は成功かどうか @BS放送 吉岡秀隆=金田一耕助のテレビドラマ『悪魔が来りて笛を吹』のレビューです。観て暫く経っているののですが、横溝正史・金田一耕助ものファンとしては感想は残しておかねば・・・戦後間もない東京のお屋敷町。華族の椿子爵(益岡徹)は、 ... » more

『十三の墓標』とともに持ち帰ったのは、『歌枕殺人事件』。岡部警部シリーズでなく、浅見光彦シリーズという違いはありますが、双葉文庫が共通点です。『十三の墓標』は和泉式部関連というおぼろげな記憶があったのに対し、『歌枕殺人事件』はまるで ... » more

『十三の墓標』 内田康夫 (双葉文庫) 先週、帰省した時、北上市の和泉式部墓に行って来たので、『十三の墓標』を持ち帰りました。タイトルだけでは分かりませんが、十三の墓標は和泉式部の墓標を示しています。ただ、明確に13なわけでなく、作中の登場人物の言葉を借りると、13は「地 ... » more

【ネタバレ】 「レーン最後の事件」エラリイ・クイーン DRURY LANE'S LAST CASE (1933) ElleryQueenレーン最後の事件 (角川文庫)KADOKAWA 2011-09-23 エラリー・クイーン Amazonアソシエイト by レー ... » more

『告白小説、その結末』 :女同士の確執? 否、実は・・・って @ロードショウ・単館系 お気に入り監督のひとり(たぶん)、ロマン・ポランスキーの新作『告白小説、その結末』、ロードショウで鑑賞しました。(たぶん)と付けたのは、そんなに好きだったかしらん・・・でも、結構観てるよなぁ・・・ここんところの新作は観逃していないは ... » more

西村京太郎サスペンス『海の沈黙』: 最晩年の南田洋子の鬼気迫る演技 @テレビBS もう観てから2週間ほど経っているのですが、少々興味深いサスペンスドラマを観たので忘備として記しておきます。作品は、西村京太郎サスペンス『海の沈黙』。偶々、平日の昼間につけたBSチャンネルでの放送で、調べてみると、2001年初放映 ... » more
テーマ ミステリー 00年代 テレビドラマ

一之瀬拓真シリーズ6冊目。元ロックスター、芸能社の社長が社員の女を殺す。えんえんと引っ張って最後にミステリーらしいどんでん返しなし。期待空振り。そういう作風なのか。 ... » more
テーマ ミステリー

マークスの山をみた。レディ・ジョーカーを先にみていたので、比べて観ることとなったが、やはり面白い。こんな風に、いろんな立場の人間たちが、それぞれの立ち場で複雑に絡み合うのは面白い。もっとあったら観たいと思う。レディ・ジョーカーの方ももう一回 ... » more

再読。 作者プロフィールの、みずほ支店長からプロ作家に、ということから銀行内輪を期待したが、ただのサスペンス。 ヤクザとつるんでしまったベンチャー銀行社長に部下で飛び出した主人公が沖縄伊良部島モデルの鬼忘島で査察官は素人っぽいし、銀行家ら ... » more
テーマ ミステリー

「偽の謎解き」というキーワードがおもしろい(再掲) ミステリーの書き方の本には、いろいろあるが、この朝野十字の「探偵小説の書き方」は、簡便でユニークな考え方を紹介していておもしろい。たしかに「偽の謎解き」があってこそ、正しい謎解きがきれいに、または、おもしろく浮かび上がってくるというものだろ ... » more

犯人側と警察側の複雑な事情の同時進行がおもしろい(再掲) レディ・ジョーカーを、2日間かけて、ほぼ一気に観せて貰った。典型的な謎解きミステリーと違い、犯人側の手の内を少しずつ見せながら、警察側の複雑な事情も少しずつ見せ、ハラハラ×2倍のようになっている他、狙われた会社、新聞社、などの事情や動きも複 ... » more

犯人側と警察側の複雑な事情の同時進行がおもしろい レディ・ジョーカーを、2日間かけて、ほぼ一気に観せて貰った。典型的な謎解きミステリーと違い、犯人側の手の内を少しずつ見せながら、警察側の複雑な事情も少しずつ見せ、ハラハラ×2倍のようになっている他、狙われた会社、新聞社、などの事情や動きも複 ... » more

「偽の謎解き」というキーワードがおもしろい ミステリーの書き方の本には、いろいろあるが、この朝野十字の「探偵小説の書き方」は、簡便でユニークな考え方を紹介していておもしろい。たしかに「偽の謎解き」があってこそ、正しい謎解きがきれいに、または、おもしろく浮かび上がってくるというものだろ ... » more

ツイッター転載の小ネタ集:五月に抉られた本質ですが、はじめのほうのツイイドを誤って消してしまいました。ので、十日から。5月10日ゆうべ体験した不思議な偶然を記しておかねばなるまい。ただ酒にありつこうと、本の宣伝もかねて、群像新人 ... » more

『ラプラスの魔女』('18初鑑賞39・劇場) ☆−−−−(10段階評価で2)5月10日(木)109シネマズHAT神戸シアター8にて13:05の回を鑑賞。見どころ:『ヤッターマン』の三池崇史監督と櫻井翔が再び組み、ベストセラー作家東野圭吾の小説を映画化した本格 ... » more

オリエント急行殺人事件 (2017) TBはここにお願い致します。記事本文はこちらへ。オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [ アルバート・フィニー ]楽天ブックスアルバート・フィニー イングリッド・バーグマン ローレン・バコール ... » more

4時間ほど前に書いた、読みかけの本を50〜60ページ読む予定・・・は思ったより進んで100ページほど。・・・と言っても、『運命の裏木戸』とは別の本。これは、きのうの夜に再読完了しました。トミーとタペンス・シリーズの最後の作品 ... » more

『親指のうずき』 アガサ・クリスティー 深町真理子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 日〜火の帰省で、トミーとタペンスのシリーズを2冊持ち帰りました。まずは『親指のうずき』から――。トミーとタペンスは冒険心旺盛な初老の夫婦。今は亡きエイダ叔母のいた養老院を訪れた時、タペンスは叔母の部屋に掛かっていた一枚の風景画に ... » more

【ネタバレ】 映画「マルタの鷹」 THE MALTESE FALCON (1941)マルタの鷹 特別版 [DVD]ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-12-16 Amazonアソシエイト by マルサの女でも見つけられな ... » more

いろいろと順序が逆になってしまいましたが、クリスティーの『秘密機関』。トミーとタペンスの初登場作品で、クリスティー自身にとって2作目の長編です。二人の年をあわせたところで、四十五にならなかった――ということで若い!今回の再読もそ ... » more

いろいろと順序が逆になってしまいましたが、クリスティーの『おしどり探偵』。トミーとタペンスでは唯一の短編集です。冒険好きな若き夫婦、トミーとタペンスが開設した国際探偵事務所――平和で退屈だった毎日は、続々と持ちこまれる事件で、一 ... » more

『金沢殺人事件』 内田康夫 (祥伝社ノン・ポシェット) 二週間前の『志摩半島殺人事件』に続き、祥伝社ノン・ポシェットの浅見光彦シリーズ。さらに、朋子が登場するというのが共通点――。・・・というか、だからこそ2冊同時に持ち帰ったわけです・・・。大きく違うのは、ヒロインと思われた朋子 ... » more

【ネタバレ】 映画「獄門島(1977年版)」 獄門島 (1977)東宝獄門島[東宝DVD名作セレクション]東宝 2015-02-18 Amazonアソシエイト by よし、わかった!ギャラの高い奴が犯人だ!ミステリー映画祭り第3弾、横溝正史原作の ... » more

『涙香迷宮』の単行本が書店に並んだのは、2年前の3月のこと。あまりに面白そうでしたが、その分厚さに手が出ず・・・。そうこうしているうちにすっかり忘れていましたが、先月、文庫コーナーで発見。こんなに早く文庫本になるとは、ラッキ ... » more
テーマ ミステリー 竹本健治  トラックバック(1)

【ネタバレ】 映画「チャイナタウン」 CHINATOWN (1974)チャイナタウン [Blu-ray]パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-07-13 Amazonアソシエイト by ロサンゼルスのチャイナタウンのヤムチ ... » more

【ネタバレ】 映画「ドラゴン・タトゥーの女」 THE GIRL WITH THE DRAGON TATOO (2011)ドラゴン・タトゥーの女 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-12-25 Amazo ... » more

昭和50年の再読。留学生 森林太郎がドイツ娘エリスとやってしまう。ビスマルクがからむ密室殺人事件に奮闘。謎解きはあまりスッキリしない。本格派ミステリー。 ... » more
テーマ ミステリー

『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』 @TV もう旧聞な感じですが、3月末に二日続けてオンエアされたアガサクリスティ原作のテレビドラマのレビューを。いずれも原作はミス・マープルもの。1本目は『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』。ミス・マープルもの ... » more

きのうエントリーした『NかMか』でトミーとタペンスものを探しますと書き、とりあえず持ち帰る2冊を決定。でも、読み始めたのは内田康夫の『志摩半島殺人事件』。区切りがよいところまで・・・と思っていたら、最後まで行っちゃいました。まあ ... » more

今年5冊目のクリスティー。選んだきっかけは、『アガサ・クリスティー読本』の348ページです。枯れ草熱最近有名になった花粉症のこと。外国では主に雑草の花粉によってひき起されるのでこの名がある。鼻炎、喘息、結膜炎とアレルギー症状 ... » more

 

最終更新日: 2018/08/13 02:20

テーマのトップに戻る