誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    上橋菜穂子

上橋菜穂子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 上橋菜穂子
テーマ「上橋菜穂子」のブログを一覧表示!「上橋菜穂子」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
用心棒稼業にして短槍の使い手バルサの物語「守り人」シリーズの外伝。タンダと所帯を持って静かに暮らす日々が多くなったバルサ、たまたま市場で助けた「サダン・タラム」という名の旅芸人グループを助けたこと.. » more
テーマ 上橋菜穂子

 -活字依存症の戯言-  雨になってしまいました。  明日の早朝は、”資源ごみ”の分別に、顔を出さないと・・・・。  {%目覚まし時計webry%}{%目覚まし時計webry%}起き.. » more
テーマ 上橋菜穂子

上橋菜穂子の【獣の奏者】Ⅰ闘蛇編・Ⅱ王獣編に続くⅢ探求編・Ⅳ完結編を読んだ。作者は、Ⅰ・Ⅱ巻で「きれいな球体のように閉じた物語」として完結させたつもりでいたが、続編を望む読者の要望や勧める.. » more
テーマ 上橋菜穂子

 【鹿の王】で本屋大賞2015を受賞した上橋菜穂子の前作である。前から読みたかったが全4巻もあるので手を出しかねていたのだが、本屋大賞を取ったということで、それでは前作から読みましょうという決.. » more
テーマ 上橋菜穂子

上橋菜穂子「鹿の王(上)」
多様な民族の間の抗争、反目、支配・被支配の関係の中で、猛犬を介して、致死の病を使って攻撃しているのではないかと疑う天才医師。 襲われながらも一命をとりとめ、支配者への怒りを捨てられない戦士  ・・・ .. » more
テーマ 上橋菜穂子

「鹿の王 上」上橋菜穂子著(1,728円税込) 2014年国際アンデルセン賞受賞第一作! 待望の書き下ろし小説登場! 強大な帝国から故郷を守るため、死兵となった戦士団<独角>。その.. » more
テーマ 上橋菜穂子

17歳、高校生の時にイギリス、エジンバラに行き、「グリーン・ノウの子どもたち」の舞台を見た感動に始まり、文化人類学のフィールド調査で旅した思い出、もう20ヶ国以上になる母親と行く年に一度の海外旅行のエ.. » more
テーマ 上橋菜穂子

上橋菜穂子「獣の奏者 5/6/7/8 」
「獣の奏者」を勝手に前半と後半に分けた。 前半はエリンが母の死からジョウンに育てられ、カザルムで王獣リランの命を助け飼育に成功して、闘蛇を使った大公の次男のクーデターを防いだ。 後半は、エリンがイアル.. » more
テーマ 上橋菜穂子

久しぶりに余暇を読書に使っています。 「鹿の王」を読了するなり、「守り人」シリーズに再び――いや、三度・四度か――取りかかる勢い。 「精霊の守り人」と「闇の守り人」は瞬く間に読み終えました.. » more
テーマ 上橋菜穂子

鹿の王
上橋菜穂子、久々の小説新刊。 単行本上下巻。 総ページ数は1000を優に超える分量。 しかし、瞬く間に読めます。 いや、読まずにいられない。 かつて『獣の奏者』を読んだとき、真っ先に.. » more
テーマ 上橋菜穂子

上橋菜穂子「天と地の守り人」
「精霊の守り人」から始まる、女用心棒「短槍使い」のパルサと、異界と現実界を行き来する新ヨゴ皇国皇太子チャグムとの、こころ優しい思いやりに満ちた旅と闘いの日々が、「天と地の守り人」第三部で、ひとまず終わ.. » more
テーマ 上橋菜穂子

上橋菜穂子「獣の奏者」
守り人シリーズ、旅人シリーズとも通ずる自然に従って生き物を育てること、政治と権力闘争に翻弄されない主人公の苦しみと希望・・・・能書きはともかく、たいへん、おもしろい <1> 強大な.. » more
テーマ 上橋菜穂子

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る