誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

【武田鉄矢】法然はスゴイ!日本仏教の変革者!その悲惨な生い立ちと偉業! 【武田鉄矢】法然はスゴイ!日本仏教の変革者!その悲惨な生い立ちと偉業!はじめての親鸞 (新潮新書)新潮社 五木 寛之 Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 宗教 日記 歴史

ラッスス(フランドル1532-1594)は、パレストリーナとともにルネッサンス・ポリフォニーの完成者といわれる人である。「音楽は神の贈り物」は6声部のモテトゥスであるが、ポリフォニーに深みがあり、調和のとれた美しい曲で、題名にふさわしい ... » more

パレストリーナ(伊1525-1594)の代表的なモテット。詩篇42、詩篇137に基づくものであるが、バビロンの捕囚など、イスラエルが破壊され、神に見放されてしまう絶望の時期の詩である。敵を倒す神はもはやいない、ひたすら苦しみをともにして ... » more

大切なのは毎日をどう生きるかです 一自分はスピリチュアリストであると言いながら、何かの宗教に属している人がいます。スピリチュアリズム(霊的真理)を信じるようになったら、それまでの宗教は捨てるべきではないでしょうか?「私たち霊は、そうした名前やラベルには惑わされません。 ... » more

この曲は、ルネッサンス後期の大作曲家パレストリーナ(伊1525-1594)の代表作。ルターの宗教改革でドイツ語による「コラール」が生まれ独自の教会音楽が育ってゆくなか、カトリックのミサの言葉が不明朗といわれた多声音楽を、言葉がよ ... » more

アントニオ・デ・カベソン(西1510-1566 Antonio de Cabezon)は、モラレスなどとともにイベリア半島の大作曲家の一人。フェリペ(カール)2世に仕えた盲目の宮廷音楽家でオルガンの作曲家ある。スペインには古くからオ ... » more

なぜ似ている!?創価学会と北朝鮮・・・本当は何をしている団体なのか 助成金流用などの問題を受け、日本ボクシング連盟会長の座を退いた山根明氏。世間を大いにザワつかせた彼はどこで生まれ、如何なる人生を歩んで来たのかという記事がありました。辞任前の5日、山根会長は「週刊新潮」の ... » more
テーマ 宗教

トーマス・タリス(英1505-1585)は、「エレミア哀歌」で有名であるが「4声のミサ」や数々の「モテット」、「アンセム」「ミサ」が聞き応えある。バード(英1543-1623)とともに、エリザベス1世時代、カトリックから英国国教会のため ... » more
テーマ 宗教 音楽

トーマス・タリス(英1505-1585)の「エレミア哀歌」は、ルネッサンス時代の英国における宗教曲の中でバードのミサ曲(3声、4声、5声)とともに特に美しいものとしてと知られる。「エレミア哀歌」は旧約聖書に出てくる預言者エレミアが、紀元 ... » more

クリストバル・デ・モラレス(西1500-1553)は、モテトゥスにおいて素晴らしい曲が多い。すべてに劇的な表現力と抑制の調和が実現されている。なかでも、「より良き生活のうちに」「羊飼いたちよ、語れ」が一層心に滲み込んでくる。「より良 ... » more

宗教は影響力を失っています あなた方に霊力の通路になってもらいたいのです。その霊力はあなた方を通り、他の大勢の人のために使われます。地上には霊力による救済しかない人が、無数にいます。現代の宗教は、影響力を失っています。無能と不毛の中であがいています。 ... » more

クレマン・ジャヌカン(仏1485-1558)はフランスの世俗歌謡シャンソンの作曲家であるが、言葉に鳥や動物の擬音や擬態語を取り入れるとともに、市民の日常生活を描写した歌を作り出していて、その独特でダイナミックな音の世界に圧倒される。「鳥 ... » more

ゴンベール(フランドル1495-1560)は、ジョスカン・デ・プレの弟子であり、ジョスカンより不協和音などを積極的に取り入れた複雑なポリフォニを作っている。モテット「ムーサたちよ嘆け」は、ジョスカンの追悼曲で不協和音などの効果がよく現れ ... » more

季語は・・・魂迎(たまむかえ)魂迎 茄子と胡瓜の 馬に乗り【去年の今日】蘭話§旅はなお[33]羽田到着 ... » more
テーマ 俳句 宗教

時雨亭往還応病与薬
応病与薬 お盆のこの時期はお坊さんも忙しいらしく、本当は母の命日である16日に来て頂きたかったのだがそうもいかず、昨日の午前中にご足労願った。今日はスペシャルで、と希望しても、わずか5分の読経でお帰りになった。おしぼりを使い、冷茶 ... » more

田舎坊主のぶつぶつブログ蓮のお盆
蓮のお盆 当地ではお盆にお供え物を蓮の葉に盛る風習があります。蓮の葉がお盆になるのです。 「盆」は、「皿」に「分」けて盛るという字で、すべて等分に分けて、悲しみも、苦しみも、喜びも、幸せも、分け合う意味を持ちます。分け合うから、うれしくて、美味しく ... » more
テーマ 宗教

ジャン・レリティエル(仏、伊1480-1552)はジョスカン・デプレの弟子である。彼のモテトゥス「ニグラ・スム」は、パレストリーナが、それをもとにパロディミサ「ニグラ・スム」として作曲していることから、注目されいるのであるが、レリティエ ... » more

[学習注意]驚愕のイエズス会の正体とは!? ... » more
テーマ 宗教 政治 イエズス会

戦国時代とイエズス会(字幕付き) ... » more
テーマ 宗教 歴史 イエズス会

W.コーニッシュ(英1465-1523)ルネッサンス初期のヘンリー8世時代の傑出した作曲家。このような美しい曲が、この時代になぜ作られたのかと思われるほど印象深い。特に「ああロビン」は有名で不思議な音がする曲であるが、それに劣らず、 ... » more

アントワーヌ・ブリュメリ(仏1460-1520)は、ジョスカンなどと同世代の作曲家で、北フランス、ジュネーブ、イタリアなどで活躍した人であるが、余り記録もなく良く知られていない。エレミア哀歌は、なにげない音の流れに、秘めた悲しみが漂うよ ... » more

創価学会はなぜ現金1億7000万円入りの金庫をゴミ処理場に捨てたのか ★平成の始まりに起きた、竹やぶで一億円拾得事件、産業廃棄物処理場に捨てられていた金庫かつて日本では路上に1億円が落ちていたり、竹やぶに2億円が放置されていたり、といった信じられない事件があったよう ... » more
テーマ 宗教

海外の反応 驚愕「ザビエルの正体」海外では当たり前?世界の常識にびっくり仰天【いいね日本CH】 海外の反応 驚愕「ザビエルの正体」海外では当たり前?世界の常識にびっくり仰天【いいね日本CH】 秀吉と大坂: 城と城下町 (上方文庫別巻シリーズ)和泉書院 大澤 研一 Amazonアソシエイト ... » more

ピエール・ド・ラ・リュ-(フランドル1460-1518)は、オブレヒトなどとともにジョスカン・デ・プレの同時代者。彼の「レクイエム」は、オケゲムのレクイエムに続く古いポリフォニーのレクイエムである。この曲は、まるで死者を柔らかく包ん ... » more

ヤコブ・オブレヒト(フランドル1450-1505)は、ジョスカン・デ・プレの同時代者で、イザーク、ラ・リューなどとともに活躍。オランダのユトレヒトでオブレヒトが楽長をしていたとき、高名なユマニストのエラスムスが少年聖歌隊員として歌ってい ... » more

エホバの証人地下組織メンバーを起訴 ロシア ロシア・ペンザ市の検察当局が、ロシアで禁止されている団体「エホバの証人」のメンバーである4人の市民を過激主義の疑いで起訴した。スプートニク日本検察当局は、2017年にロシアで同団体が過激派組織だとして禁止する判決が出 ... » more

自分の生きる道が示されます 物的財産は一時的な所有物に過ぎません。所有物といっても、本当に自分のものではなく、ただの一時的保管物に過ぎません。一方、霊的財産は錆びることも色あせることもありません。永続性があります。人のために自分を役立てることほど、立派 ... » more

で、よろしいでしょうか?仏教は皆、仏法僧に帰依するんだけど、創価学会は、法だけに帰依するみたいでよろしいでしょうか? ... » more
テーマ 宗教

イザーク((フランドル、1450−1517)は、ジョスカン・デ・プレと並び立つ実力派でである。シャンソンなどのほかに宗教音楽でも「使徒のミサ」や重厚なモテトゥスで聞くものを圧倒する。モテトゥス「至高なる羊飼いよ」などは、重厚な中にも ... » more

 

最終更新日: 2019/01/23 09:14

テーマのトップに戻る